『アイヒマンを追え!』あらすじ,キャスト,ネタバレ,感想,解説

(C)2015 zero one film/TERZ Film
はてなちゃんのアイコン画像はてなちゃん

ナチス関連の映画で心に残るものを紹介してもらえますか。

そんなあなたのご要望にお応えします。

第二次世界大戦が風化し始めていた1950年代末、西ドイツではまだナチスの戦犯を追い続ける男がいた。

フリッツ・バウアーというユダヤ系ドイツ人の検事長だ。

だが司法省、政界、捜査当局、情報当局にはナチスの残党が多く潜んでいて、ナチ戦犯追及は妨害される。

ある日、親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという情報が手紙で届く。

バウアーはドイツがアイヒマンを逮捕し裁くのは無理と判断し、ある秘策を実行する。

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

『アイヒマンを追え! 』あらすじ

ドイツがまだ東西に分裂していた1950年代後半、西ドイツでは戦後の経済復興が進む一方、戦争の記憶が風化しようとしていた。

しかし、時の検事長フリッツ・バウアーはナチスの戦争犯罪の告発に執念を燃やし奔走していたが、捜査は難航していた。

そんなある日、彼のもとに、ホロコーストを立案したナチスの親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンが、アルゼンチンに潜伏しているという重大な情報が手紙でもたらされる。

バウアーはアイヒマンをドイツ法廷で裁くべく、部下のカールとともに潜伏場所の特定に奔走する。

だが、ドイツ国内にはまだナチス残党が多くいて力を持っており、それによる見えない妨害や圧力がバウアーたちにのし掛かる。

そんな状況を打開するためにバウアーが考えた秘策は、イスラエルの諜報機関モサドへの情報提供だった。

国家反逆罪に問われる怖れのある危険な方法であったが、ナチス戦犯の告発に執念を燃やすバウアーは、モサドへの接触を図るのだった。

果たしてアイヒマンを追い詰め、罪を問うことはできるのかーー。

『アイヒマンを追え! 』解説

検事長の執務室で葉巻をふかすバウアーを演じるブルクハルト・クラウスナー。実物を知らないが実物に見える。

数百万人のユダヤ人を強制収容所に送ったと言われるナチスの元親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン。

この映画は、アイヒマンを1960年に潜伏先で拘束するまでの極秘作戦の裏側を描く。

イスラエルの諜報(ちょうほう)機関モサドによる拘束作戦を裏から成功に導いた西ドイツの検事長フリッツ・バウアー

彼に焦点を当て、彼がいかにしてアイヒマンの消息をつかみ、彼を追い詰めたのか。

ゲイだったフリッツ・バウアーの影の部分を、部下の検事カール・アンガーマンという架空の人物を通じて描いている。

当時の自動車やフリッツ・バウアー検事の執務室、バウアーがしきりに葉巻をふかす様子などが再現されていて見どころの一つとなっている。

主演『ヒトラー暗殺、13分の誤算』などのブルクハルト・クラウスナー

『アイヒマンを追え! 』予告篇(You Tube)

\本篇を観るなら/

『アイヒマンを追え! 』を観ての感想

原題の意味は、「国家対フリッツ・バウアー」だ。
英題の意味は「民衆vs.フリッツ・バイアー」

ドイツという国がナチスの戦犯を追い続けたことを随分前に知り、ドイツ人はすごいなと思ったことを覚えている。

しかし、この映画を観て、いろいろ調べると、事はそう単純ではなかった。

終戦の1945年当時、ナチス党員は約850万人協力者は300万人以上おり、当時のドイツの人口の約2割を占めていたという

官僚や政治家、企業経営者、法曹界にまでナチス関係者は潜んでおり、徹底的に糾弾してしまうと戦後ドイツの復興に支障を来すことは明白だった。

本人は党員でなかったとしても身内がナチスとして裁かれることを善しとしない者も多かったという。

最終的に有罪になったナチス関係者は、軽い罪を含め6000人余り。

850万人のナチス党員の0.07%に過ぎなかった。

この映画の原題は『Der Staat gegen Fritz Bauer』。

意味は、「国家対フリッツ・バウアー」であり、英題『The People vs. Fritz Bauer』の意味は、「民衆対フリッツ・バウアー」である。

これが意味するものは、バウアーが国家や国民に立ち向かってナチ戦犯の追及を続けたことを意味する。

戦後のドイツ国家の中枢にあナチの残党が多く残っており、国民の多くも「異常な状況下での行為なのに罪を問うのか」と古傷に触れられたくなかったのだ。

バウアーはそのどちらとも闘わねばならなかった。

事実、映画が描いたその後の1963年〜1965年のフランクフルト・アウシュビッツ裁判では被告6人が終身刑、11人が最長14年の懲役刑、3人が無罪となったが、この裁判には国民半数以上が反対していたという。

彼の揺るぎない信念の内奥には、「ユダヤ人、ゲイ、社会主義者」というマイノリティー三重苦から来る公正平等な社会の実現や法的正義といった高邁な精神だけではなく、若き日に政治的転向を迫られ署名してしまったこと、友人や家族はナチに殺されたのに自分は海外に逃げて生き残ったことへの罪の意識や慚愧の念があったのかもしれない。

フランクフルト・アウシュビッツ裁判は、ドイツ国民にとって忘れたい過去の傷とドイツ国民が向き合ったと高く評価され、「それに比べ日本は」とよく論評される。

筆者も今までそう思っていたが、こうして見てて来るとユダヤ人の検事だからこそ成し得たことで、ジャーマンの語源であるゲルマン系のドイツ人だけで歴史の暗部と向き合えたのか疑問に思えて来る。

それにドイツと日本では前大戦の意味というか経緯が異なるから、一概にドイツと比較できるものではない。

実際のフリッツ・バウアー検事長の略歴

実際のフリッツ・バウアー検事長

1903年7月16日シュトゥットガルトでユダヤ人の両親の下に生まれる。

1928年、25歳で法学博士号を取得した後(ドイツで最年少のDoktor der Rechte [Jur.Dr.])、バウアーはシュトゥットガルト地方裁判所の裁判官に。

1920年までにすでに社会民主党(SPD)に参加、1930年代初頭、バウアーはクルトシューマッハーとともに、シュトゥットガルトで開催されたSPDの国旗団防衛連盟のリーダーの1人だった。

1933年5月、ナチスが権力を掌握した直後、シュトゥットガルト地域でナチスに対するゼネストを組織する計画は失敗し、シューマッハーとバウアーは他の者たちと一緒に逮捕され、ヒューバーグ強制収容所に連行された。

ナチスの反対者であったより著名で年配のシューマッハは、第二次世界大戦が終わるまで強制収容所に収容されたが、若くてまだ無名のバウアーは解放されたが、その際、「転向書」にサインした。

しばらくして、ほとんどのユダヤ人がそうであったようにバウアーも公務員の地位を剥奪された。

1935年、バウアーはデンマークに移住したが、ドイツに占領されたデンマーク当局は1940年4月に彼の居住許可を取り消し、3か月間収容所に収容された。

1942年10月、デンマークえナチスが戒厳令を宣言すると彼はスウェーデンに逃亡。

バウアーが同性愛者であったという事実は、彼をさらに危険にさらした。

彼は自分自身を守るために1943年6月、デンマークの幼稚園教師と正式に結婚した。

スウェーデンでは、バウアーはウィリーブラントとともに、定期刊行物の『SozialistischeTribüne(社会主義トリビューン)』を発行した。

バウアーは、戦後の連邦共和国(西ドイツ)が設立された1949年にドイツに戻り、再び公務員になった。

彼は最初、ブラウンシュヴァイクの地方裁判所の局長になり、後に地方検事になった。

1956年、バウアーはフランクフルトを拠点とするヘッセンの地方検事に任命され、1968年に亡くなるまでこの役職に就いていた。

バウアー検事長はネルマン検事長とともに「ナチ犯罪追及センター」を設立、厳しい追求を続けた。

1959年にアウシュヴィッツ強制収容所の殺人記録を入手、この証拠書類をドイツ連邦最高裁判所に提出し、ドイツ国内で裁判を開く許可を得る。

裁判は、国民の半数以上が反対する中1963年〜1965年にフランクフルトで行われ、被告6人が終身刑、11人が最長14年の懲役刑、3人が無罪となった(フランクフルト・アウシュビッツ裁判)。

この裁判は現在、ドイツ国民に「歴史と対決」することを促したと歴史家に高く評価されている。

1968年7月1日バウアーは、ランクフルト・アム・マインの自宅の浴槽で溺死。死後の検査で、彼はアルコールと睡眠薬を服用していたことが判明した。64歳だった。

ナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンとは?

ナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン

アドルフ・オットー・アイヒマン(Adolf Otto Eichmann、1906年3月19日 – 1962年6月1日)

ナチ秘密警察ゲシュタポのユダヤ人移送局長官で、アウシュヴィッツ強制収容所へのユダヤ人大量移送に関わった。

「ユダヤ人問題の最終的解決」(ホロコースト)に関与し、数百万人におよぶ強制収容所への移送に指揮的役割を担った。

ナチスでの最終階級は親衛隊中佐だった。

第2次世界大戦後はアルゼンチンで逃亡生活を送ったが、1960年にイスラエル諜報特務庁(モサド)によってイスラエルに連行された。

1961年4月より人道に対する罪や戦争犯罪の責任などを問われて裁判にかけられ、同年12月に有罪、死刑判決が下され、翌年5月に絞首刑に処された。

『アイヒマンを追え! 』配信サービス

\『アイヒマンを追え! 』を観るなら/

『アイヒマンを追え! 』データ

題名 『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』原題:『Der Staat gegen Fritz Bauer』英題: 『The People vs. Fritz Bauer』
公開  2015年10月1日(スイス・ロカルノ映画祭)
上映時間  105分
製作国  ドイツ
言語  ドイツ語 

『アイヒマンを追え! 』受賞歴

2016年ドイツ映画賞作品賞、監督賞、音楽賞、助演男優賞(ロナルト・ツェアフェルト)、美術賞衣装デザイン賞の6部門を受賞した。

『アイヒマンを追え! 』キャスト

フリッツ・バウアー(Fritz Bauer)役 ブルクハルト・クラウスナー(Burghart Klaußner)1949年ベルリン生まれのドイツの俳優。『ヒトラー暗殺、13分の誤算』など多くの映画に出演。


カール・アンガーマン(Karl Angermann)役 ロナルト・ツェアフェルト(Ronald Zehrfeld )1977年1月15日生まれのドイツの俳優。出演作『東ベルリンから来た女』

ヴィクトリア(Victoria)役 リリト・シュタンゲンベルク(Lilith Stangenberg)1988年8月14日ベルリン生まれの女優。
ポール・ゲブハルト(Paul Gebhardt)役  イェルク・シュットアウフ(Jörg Schüttauf)1961年12月26日生まれのドイツの俳優。
ウルリヒ・クライトラー(Ulrich Kreidler)役 ゼバスティアン・ブロンベルク(Sebastian Blomberg)May 24, 1972年5月24日生まれのドイツの俳優。
アドルフ・アイヒマン(Adolf Eichmann)役 ミヒャエル・シェンク(Michael Schenk)December 21, 1965年12月21日生まれのドイツ人俳優。
ハインツ・マーラー(Heinz Mahler)役 ルーディガー・クリンク(Rüdiger Klink)1971年8月10日生まれのドイツの俳優。
フローライン・シュト嬢(Fräulein Schütt)役 ローラ・トンケ(Laura Tonke )
ゲオルク=アウグスト・ツィン(Georg August Zinn)役 ゲッツ・シューベルト(Götz Schubert)1974年4月14日生まれのドイツの女優。
ハイム・コーン(Chaim Cohn)役 ダニー・レヴィ(Dani Levy)1957年11月17日スイス生まれの俳優

『アイヒマンを追え! 』クリエイター

ラース・クラウメ監督(左)と主演俳優のブルクハルト・クラウスナー

監督 ラース・クラウメ(Lars Kraume)
脚本 ラース・クラウメ(Lars Kraume)、オリヴィエ・ゲーズ(Olivier Guez )
製作 トマス・クフス(Thomas Kufus )
音楽 ユリアン・マース(Julian Maas)、クリストフ・M・カイザー(Christoph M. Kaiser )
撮影 イェンス・ハラント(Jens Harant )
編集 バーバラ・ギース(Barbara Gies)

\『アイヒマンを追え! 』を観るなら/

\ナチス関連のおすすめ映画/

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる