WPテーマ SWELL おすすめ理由とメリット&デメリット、JIN乗り換え

ザッキーのアイコン画像ザッキー

2017年には、テーマはJINが最高だと思って購入したけど、いつの間にかすごいテーマが出ていたんだね。それは、SWELLっていうテーマだよ。

ワードプレスでブログを作る際、どのテンプレート(ワードプレス用語では「テーマ」という)を選ぶかによって、ブログの雰囲気が違って来る。

筆者は、無料テーマから始まって、海外の50ドルくらいの有料テンプレートを経て、国産の「JIN」を1年半以上愛用して来た。

JINを凌ぐテーマは、そうそう現れないだろうと思っていた。

ところが、息子から「SWELL」の存在を知らされ、試しに使ってみたら、確かにすばらしい。

本記事ではSWELLおすすめの15の理由を解説する。

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

WordPressテーマ「SWELL」とは?

当ブログフロントページはこんな感じ。ただ、今のようにメインビジュアルのスライダーを動かすとページ速度が遅くなるので、最近までメイン画像は表示していなかった。あったほうがカッコウは良い。
メインの画像はスライダーにできる。

筆者が感じたおすすめの理由を挙げる前に、公式サイトをもとに「SWELL」についての説明しよう。

「SWELL」は、さんという方が個人で創り上げたWordPressのテーマで、最新のブロックエディター『Gutenberg』に完全対応している。

「ただ無難に対応するだけではなく、ブログを簡単に・楽しく・素早く書けるように、細部までこだわって」おり、「一番大切な『継続すること』のハードルを低くするお手伝いができればいいなぁと、思っています」と了さんは述べている。

  • マウスでクリックしていくだけでコンテンツを簡単に配置でき、デザインも目で見ならがら選択することができる。
  • コードを書く必要もなく直感的に操作できるので、記事を書く時の時間コストを大幅に削減できるのがSWELLの大きな魅力。

\この段階でもう購入を決めた方はこちら/

SWELLがすぐれていておすすめの理由15

乗り換えて良かったと筆者が実感するSWELLの3大理由

  1. プラグインやCSSを追加せずほとんどのことができる
  2. 簡単な操作で楽しく記事が作れる
  3. ページスピードが高速化する

「乗り換えて良かったと筆者が実感するSWELLの3大理由」は上記のとおりだが、さらにSWELLがすばらしいと筆者が感じた点を思いつくままに列挙してみたら、ちょうど15項目になったので、下に挙げてみよう。

SWELLおすすめ15の理由
  1. プラグインが最小限で済む
  2. デザインが洗練されている
  3. 他のテーマからの乗り換えが簡単
  4. All in One SEO PackからSwell開発者が開発したのSEO SIMPLE PACKへの移転が可能でスピードアップ
  5. アコーディオン、吹き出し、ボタン、キャプション付きブロック、FAQ(Q&A)、ステップ(タイムライン)等が簡単に作成できる
  6. 広告タグが作成できる
  7. 関連記事(合わせて読む)が簡単作成
  8. ページ速度が高速化する
  9. ブロックエディターが簡単に使いこなせる→クラシックは不要に
  10. RINKER(リンカー)の表示を整えることができる
  11. 「WordPress Popular Posts」のPV数を「SWELL」へ引き継
  12. 目次の自動作成機能が備わっていて、しかもデザインが3種類
  13. パーツを登録して呼び出せる「ブログパーツ機能」がある
  14. 購入した1アカウントでいくつものブログ(サイト)が作成できる
  15. 購入後のサポートも整っている

では次に、以上のすぐれ項目を、順を追ってひとつひとつ説明していく。

1. プラグインが最少限で済む

SWELLは、吹き出しや人気記事などの機能を内蔵しているので、新たにインストールしなければならばいプラグインが最少限で済むのだ。

JINも吹き出しや人気記事の機能は内蔵していたが、設定が細かくできる点や美しさでは及ばないと感じた。

実際にSWELL導入によって筆者が当ブログにおいて削除したプラグインは次のとおり。

TinyMCE Advanced
ClassicEditor
AddQuicktag
WP QUADS
Table of Contents Plus
JetPack
WP Fastest Cache および 同Premium

他のブログやサイトでは、TinyMCE Advanced、Classic、AddQuicktag、WP QUADS、Table of Contents Plus、JetPack以外に、

Autoptimize
EWWW Image Optimizer
Lazy Load
Preloaod
W3 Total Cache

を削除した。

これによってサイトは軽くなり、ページスピードは上がる。

2. デザインが洗練されている

ひとことで言えば、シンプルで洗練されたデザインのテーマ。

好みはいろいろだから、皆が皆そう感じるかどうかは分からないがデザインが秀逸だと筆者は思う。

3. 他のテーマからの乗り換えが簡単

JIN用、SANGO用、STORK用、Cocoon用、THO THOR用のプラグインが用意されているし、プラグインがないテーマでもいくらかの調整は必要だが、乗り換え(移行)はできると思う。

4. SEO SIMPLE PACKへの乗り換えでスピードアップ

筆者もAll in One SEO Packを使用して来たが、SEO SMPLE PACKに乗り換えることにした。

SEO Simple Packは、Swell開発者が開発したプラグインで必要最低限の機能に絞られたSEOプラグインのため、SWELLとの親和性も高く、高速化が図れる。

実際、これによって筆者のブログのページ速度は改善された。

引き継ぐことができる設定は、以下の3つ。

  1. タイトル
  2. ディスクリプション
  3. タグ(noindex, nofollowの設定)

All in One SEO Pack→SEO SIMPLEPACK移行の手順

STEP
SEO SIMPLE PACKを無効化

SEO SIMPLE PACKをインストールするが無効化しておく。AOSPは有効化のまま。

STEP
子テーマに引き継ぎ用のコードをコピペ

SWELLの子テーマに引き継ぎ用のコードをコピペする。子テーマの「テーマエディター」へ。「編集するテーマを選択」が、「SWELL CHILD」であることを確認し、「テーマのための関数」をクリックし、その欄の一番下にコードをペースト。コードはSWELL公式サイトにあり。

STEP
SEO SIMPLE PACKを有効化

SEO SIMPLE PACKを有効化する。

STEP
All in One SEO Packを無効化

All in One SEO Packを無効化する。

5. アコーディオン、吹き出し、ボタン、FAQ、タイムライン等が簡単に作成

アコーディオン、タブ、吹き出し、ボタン、キャプション付きブロック、FAQ(Q&A)、ステップ(タイムライン)等が簡単に作成できる。

これらの機能が単に備わっているだけではなく、簡単に、しかも洗練されたデザインでできてしまうのは、たいへん嬉しい。ブログ記事を作るのが楽しくなるというものだ。

ステップ(タイムライン)はJINではできなかったので、CSSを追加して作っていたが、SWELLはこれも簡単に作成できてしまう。

吹き出しは事前に設定しておけば、あっという間に作れてしまう。

\SWELLの使い方/

6. 広告タグが作成できる

SWELLの広告設定は、「SWELL設定」にある「広告コード」とダッシュボードの「広告タグ」という2つを使う。

広告コード」は、ショートコード[ad]で配置できる「記事内広告【ad】」、クリック率が高い目次前に広告を配置できる「目次前広告」、GoogleAdSense(アドセンス)の自動広告が設定できるがページごとに非表示にできる「自動広告」、トップページのサムネイルの間に広告を挟める「インフィード広告」の欄があり、そこにアドセンスなどのコードを入力することで、広告が配置できる。

「JIN」の場合、「記事下」「関連記事下」などにも配置できる欄があるが、「SWELL」では、「目次前」しかないのは残念。

アドセンスの自動広告は、とんでもない所に広告が入ってしまったりするので筆者は使わない。使ってみたが止めた。ページによって非表示にできるのは良い。

記事内にはショートコード[ad]で広告を配置できるのは便利。

広告タグ」は、「テキスト型」、「バナー型」、「アフィリエイト型」、「Amazon型」、「ランキング型」が設定できる。

アフィリエイト型の例

筆者は、今まではAddQuicktagとWP QUADSを組み合わせてショートコードを作成し記事内に配置していた。

今までのショートコードをSWELLの新しいショートコードに一斉変換したいと思い、考えついたのがプラグインSearchRegexを使って一斉置換する方法。

これによって今まで記事ごとに考えて配置していたアドセンス広告を引き継ぐことができた。

7. 関連記事(合わせて読む)が簡単作成

次の手順で「合わせて読む」などのブログカードが簡単に作れる。

これは外部リンクにも同様に使えるスグレモノだ。

8. ページ速度が高速化する

多くのプラグインを削除することができ、追加CSSが減ることでページ速度がかなり高速化する。また、「SWELL設定」で高速化できる。

9. ブロックエディターが簡単に使いこなせる→Classic Editorは不要に

ワードプレスのグーテンブルグが使いにくいため、わざわざプラグインのClassic Editorをインストールして使って来た。

ところがSWELLだとブロックエディターの良さが引き立ち、簡単に使えてしまう。

というわけで、筆者はClassic Editorを削除した。

当然、TinyMCEAdvancedも不要になった。

10. Rinker(リンカー)の表示を整えることができる

SWELL公式サイトで提供されているCSSを「追加CSS」にペーストするだけでRINKERで作った商品リンクが整う。

その例がこれ↓

11. 「WordPress Popular Posts」のPV数を「SWELL」へ引き継ぐ

筆者はブログを始めた当初「WordPress Popular Posts」で「人気記事ランキング」を作ったがテーマをJINに替えた時からJINの機能を使ったりJetPackで作った。

その時、PV数を引き継げたら良いのにと思ったが出来なかった。

それがSWELLでは「テーマエディター」から「テーマのための関数 (functions.php)」に行き、公式サイトのコードをコピペし、引き継いだらコードを削除するだけ。

12. 目次の自動作成機能が備わっていて、しかもデザインが4種類

SWELLには 目次の自動作成機能が備わっているのでTOCなどの目次作成プラグインが不要となる。しかも、「シンプル」「ボックス」「上下ボーダー」「ストライプ背景」というデザイン4種類から選べる。

シンプル

ボックス

上下ボーダー

ストライプ背景

13. パーツを登録して呼び出せる「ブログパーツ機能」がある

SWELLには、パーツを登録して呼び出せる「ブログパーツ機能」がある。

これもあったらいいなと思っていた機能。

\SWELLの使い方/

14. 購入した1アカウントでいくつものブログ(サイト)が作成できる

筆者は6ブログ2サイトを運営しているので、1アカウント1サイトにしか使えないテーマは使いたくない。経費がかかりすぎるからだ。

その点JINも何サイトでも使えるのが良かった。SWELLも同様でこれはたいへんなメリットだ。

15.購入後のサポートも整っている

意外と大事なのが購入後のサポートサービス。せっかく商品は良くても、使いこなせなければ宝の持ち腐れだからだ。今のところマニュアルで充分事足りているが、下記のサービスがある。

  • 公式サイトのマニュアル
  • フォーラムがある
  • オンラインコミュニティがある

こう見てくると良いことづくめだが、デメリットはないのだろうか。

SWELLのデメリット

SWELLのデメリットはほとんどない。

強いて挙げれば次の2点だろう。

  1. 価格がやや高め 
  2. 制作と販売が個人

デメリットとしては、他テーマと比べて価格が安くはないことが挙げられる。

他テーマと比較してみよう。

他テーマとの価格比較

テーマSWELLの価格は17,600円(税込)。下表に人気テーマの価格を安価順に並べてみたが、お分かりのようにSWELLは決して安いテーマではない。

だが、1ライセンスで複数サイトに使えること、操作性が非常に良いため作業効率が上がること、洗練されたデザイン性などを勘案すれば、決して高くはないと思う。

筆者自身JINを1年半以上使用して来たが、悩んだ末SWELL乗り換えに踏み切り、判断は正しかったと実感している。

テーマ名価格1ライセンスで複数サイト使用
SANGO10,800円(税込)×
ストーク19(旧ストーク)10,800円(税込)×
STORY12,980円(税込)
JIN14,800円(税込)
AFINGER 514,800円(税込)
THE THOR16,280円(税込)
SWELL17,600円(税込)
DIVER17,980円(税込)
腎威力24,800円(税込)

制作販売が個人商店的で組織力が弱い

デメリットとして考えられるもうひとつの点は、このテーマが了さんというひとりの手によって作られたものであることが挙げられる。

別の言い方をすれば組織力がまだないことだ。

将来への一抹の不安ではあるが、それは了さんが今後組織化することで補って行くことだろうし(※)、組織で運営していても絶対安心なんてことはないわけで、デメリットとして挙げるほどのことではないかもしれない。

※2020年8月にSWELLの制作販売元は法人化され、株式会社LOOSになった。

SWELLでブロックエディタを使う様子を動画で

SWELLへの乗り換え手順

さて、ここまではSWELLがいかにすばらしいテーマであるかを語ってきたが、次に乗り換え(移行)の手順について説明する。乗り換えも簡単だ(ただ、前のテーマでCSSを追加したりしてカスタマイズしている場合は少し手間がかかる)。

SWELL乗り換えの手順

STEP
親テーマダのインストール

親テーマダをウンロードし、インストールする。

STEP
子テーマのインストール

子テーマをダウンロードし、インストールする。スタイルシート(style.css)にコードを追加する時などは必ずこの「子テーマ(SWELL CHILD)」で行う。

STEP
乗り換え用プラグインをインストール

乗り換え用プラグインをインストールする。

STEP
SEOプラグイン移行

SEOプラグインをSEO SIMPLE PACKに移行する。

STEP
不要プラグイン削除

不要なプラグインをすべて削除する。

SWELL 着せ替え

SWELLはデザインを着せ替えることができる。その方法は以下のとおり。

STEP
着せ替えファイルをダウンロード

まずSWELL会員サイト「SWELLERS’」に登録し、着せ替えファイルをダウンロードしておく。

STEP
Customizer Export/Importをインストール

プラグイン「Customizer Export/Import」を下記の要領でインストールする。

1.「プラグイン」 → 「新規追加 」→ 「プラグインの検索」窓に「Customizer Export/Import」をコピペし、検索。

2.Customizer Export/Importが表示されたら、「インストール」 →「 有効化

3.有効化し「カスタマイズ」に移行すると、「エクスポート / インポート」メニューが最下段に追加されたのが分かる。

STEP
着せ替え用ファイルをインポートする

ダウンロードした着せ替え用ファイ「エクスポート / インポート」をクリックし、「インポート」の「ファイルを選択」(着せ替えファイル〈.datファイル〉を選ぶ) → 「インポート」ルをインポートする

SWELL 購入の方法

これはすごい!と気に入って、購入する気になった方のために、次は購入、ダウンロードの方法を説明しよう。

1.SWELL公式サイトにアクセスする。

2.商品の内容を確認のうえ、クレジットカード決済(ApplePay含む)か銀行振込かを選び、「利用規約に同意」のチェックボックスにチェックを入れ、「SWELLを購入する」ボタンをクリックする。

3.カード決済の場合、ApplePayか通常のカード支払いかを選び決済する。

4.注文完了ページ画面

ダウンロード用リンク」と「購入者限定コンテンツを利用するためのパスワード」、「オンラインコミュニティへの参加用リンク」がメールで届くことを告げる「購入完了ページ

5.メールが届く。発信者名は、LOOS WEB STUDIO。

銀行振込の場合

1.銀行振込の方は「ご注文フォームへ」ボタンをクリックして進む。

2.必須事項を入力し、「利用規約に同意」のチェックを入れ、「内容を確認する」ボタンクリックして注文する。

銀行振込での注文後の流れ

STEP
メルアドに請求書

ご注文フォームに入力したメールアドレス宛に請求書がPDFで送られる。

STEP
銀行に振り込み

請求書を確認のうえ、SWELL指定の銀行口座に振込む。

STEP
URLのメール受信

入金の確認が取れ次第(金融機関の休業日は確認できない)、商品ダウンロードURLがメールで送られる。

STEP
ファイルをダウンロード

商品ダウンロードURLをクリックし、ファイルをダウンロードする。

商品の仕様

商品名WordPressテーマ SWELL
販売価格¥17,600(税込) (※ お支払いは一度限りです。月額や年額ではありません。)
販売元LOOS WEB STUDIO
動作環境PHP 7 以上
WordPress 5.2 以上 (推奨:5.3 ~)
※ 推奨バージョン未満では、ブロック機能が一部使えません。
対応ブラウザ・Edge・Chrome・Firefox・Safari 最新版 ・IE11(一部のCSS表現が使えません。また、編集側は非対応です。)
決済方法クレジットカード ( VISA / Master / AMEX / JCB ) または 銀行振込
ライセンスSWELLはGPL100%テーマです。 ライセンス制限はなく、複数サイトでご自由にご利用頂けます。

まとめ

本記事の冒頭でSWELLのすばらしい点15項目を列挙した。

しかし、これは筆者が思いつくままに挙げたまでで、実はもっと多くの利点がある。

たとえば、ブログ記事制作においてアップロードした画像のサイズを変えたいことはよくあることだが、SWELLはこれも簡単にできてしまうのだ。

イメージを選択すると、サイドバーに赤枠の操作パネルが現れるが、大まかに「サムネイル」「」「」「フルサイズ」と変更できる以外にも、(高さ)を変えられたり、25%50%75%にボタンひとつで変更できたりする。

さらに、「少し小さく表示」「小さく表示」などの微調整も簡単に行える。

画像に枠や影を付けたり、角丸にしたりも1クリックでできてします。

これ以外にも、下記のように、他のテーマだとCSSを追加してカスタマイズしないとできないことが、SWELLでは実に簡単にできてしまう。

  • トップページを固定ページで作るサイト型に変更
  • サムネイルの肩などに付く「カテゴリー表示」を非表示
  • タイムライン(SWELLでは「ステップ」という)を作成

余計なCSSの追加をする必要がなく、プラグインも最小限で済むのでページスピードも高速化する。

さらに最近のアップデートによって、「SWELLボタンブロック」でクリック率の計測もできるようになった。

SWELLの最大の特長というか、すごさといったものは、こうしたユーザー視点に立った「かゆいところに手が届く」設計にある。

だからこそ、おすすめだと声を大にして言えるのだ。

ダウンロード・購入はSWELL公式サイトから/

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる