[WPテーマ厳選4]AFFINGER, JIN, SWELL, THE THOR 比較

はてなちゃんのアイコン画像はてなちゃん

ワードプレスの有料テーマを購入したいのですが、どれにするか迷っています。

そんなお悩みにお答えします。

数ある有料テーマの中から1万円台の優良テーマを4つ厳選しました。

AFFINGER(アフィンガー), JIN(ジン), SWELL(スウェル), THR THOR(ザ・トール)の4テーマです。

厳選4テーマの特徴、メリット、デメリット、公式サイトへのリンク、比較などを示します。

この記事の内容
  • [厳選4テーマ]AFFINGER, JIN, SWELL, THE THORを紹介 
  • それぞれの特徴、筆者が感じるメリット・デメリット 
  • 4社公式サイトへのリンク
  • 厳選4テーマ「AFFINGER, JIN, SWELL, THE THOR」の比較表

では、アルファベット順に紹介して行きましょう。

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

AFFINGER / アフィンガー

Affinger公式サイトのフロントページ
キャッチコピー

本気で戦うなら

「稼ぐ」に特化したア本格WordPressテーマ

Twitterの評判

こんな人におすすめ!

  • SEOに考慮されていて機能的で自由にカスタマイズできるサイトが作りたい
  • アフィリエイトで稼げるサイト、ブログを作りたい
  • 効果のあるお店や会社のホームページが作りたい
  • スマートフォンでも見やすいレスポンシブでソーシャルも活用したい
  • 複数のタイプの異なるサイトを効率的に作成したい

特徴

  • 数えきれ居ないほどたくさんの記事作成を補助するデザインパーツが備わっています。
  • お客様の声などに使える可愛いデザインが簡単に挿入
  • アニメーションが簡単に設定できるクイックタグ
  • 最大4つまで設定できるカード型リンクの「おすすめ記事」(ヘッダーカード)
  • 記事を盗ませない「コピー禁止」機能
  • アイコンやカラー、サイズが自由に変更できるボタンを簡単に挿入
  • ブログやサイトの収益化を最大限に高める為の機能が多数装備

長所

管理画面で細部までのこだわりの設定ができる
ユーザーの声を取り入れたアップデート数が多い
カスタマイズが自由自在

ショップなどではぜひ欲しい「ニュース」も簡単に設定できる。

短所

管理画面が複雑でとっつきにくい、わかりにくい
そのため使いこなすのに時間がかかる
公式サイトが分かりづらい
デザイン済データの数が少ない

other_theme_hikaku-1.png

Affinger5(WING)
価格 14,800円(税込)
開発・販売 株式会社オンスピード

affinger-sample.jpg
サンプル
affinger-.jpg
AFFINGER%で利用できる「デザイン済み配布データ」

\AFFINGER公式サイト/

JIN / ジン

JIN公式サイトのフロントページ
キャッチコピー

読む人も、書く人も すべてを考え抜いたデザイン

『JIN(ジン)』はアフィリエイターのひつじさん(@hituji_1234)がアイディアに基づき、ATLASの開発者でもあるカズヤさん(@cps_kazuya)がプログラミングしたテーマです。

Twitterの評判

768

こんな人におすすめ!

  • サイトを作ったことがない「初心者」さん
  • HTMLやCSSが苦手だけど「綺麗なブログ」を作りたい
  • 「複数サイト」でテーマを利用したい
  • アフィリエイトの「収益化」を加速させたい

特徴

  • ほとんどのパーツのデザインを簡単に切り替え
  • おすすめのデザインに「着せ替え」できる
  • 記事の執筆に役立つ「エディター」が揃っている
  • 「収益化」を加速する機能を多数搭載している
  • 「SEO対策」のノウハウが細部に散りばめられている

SEO対策

  • ページ階層を理解しやすい
  • 読み心地がいいデザイン
  • 役割を理解しやすいブログパーツ
  • アクションしたくなる仕組み

筆者が感じるメリット

簡単に使いこなせる
着せ替えが簡単
着せ替えデータが豊富
オリジナルアイコンがある
デザインセンスの良さ

筆者が購入した2018年には、質問しても返答がなかったり、フォーラムもなかったが、2019年2月にフォーラムがオープン
JIN着せ替えファイル

デメリット

表示速度の速さを謳っているがそれほど速くない

JIN
価格14,800円(税込)
開発・販売 株式会社CrossPiece

\JIN公式サイト/

SWELL / スウェル

SWELL公式サイトのフロントページ
キャッチコピー

シンプルなのに、高機能

Twitterの評判

たとえがMacユーザーにしか通じないかもしれませんが、SWELLは、「Mac的直感的操作性」が特長のテーマだと思います。

AFFINGERは「Win的説明的操作性」を感じます。

その辺に、Macユーザーである筆者がSWELLを支持する理由があるのかもしれません。

また、2021年で旧エディターのサポートが終了予定です。

そうなるとブロックエディタ(Gutenberg)を使うことになって行きますが、ブロックエディターでより力を発揮するのがSWELLなのです。

筆者はSWELL以前はGutenbergが嫌いでしたが、SWELLでGutenbergが好きになりました。

こんな人におすすめ

  • プログラミンができない、あるいはしたくない人 
  • 簡単にセンスの良いブログを作成したい人 
  • プラグインを増やしたくない人 
  • 記事の内容に専念注力したい人 
  • 旧エディターのサポートがなくなることに不安を感じている人

特徴

  • ブログを簡単に・楽しく・素早く書けるように、細部までのこだわり
  • マウスでクリックしていくだけでコンテンツを簡単に配置
  • デザインも目で見ならがら選択
  • コードを書く必要もなく直感的に操作
  • 記事を書く時の時間コストを大幅に削減できる
  • デモサイト6種類・着せ替えデータ6種類
  • 乗り換えサポートプラグインあり(JIN、SANGO、STORK、Cocoon、THE THOR)
  • 無料お試し版がある

筆者が感じるメリット

\SWELL公式サイト/

THE THOR / ザ・トール

THE THOR公式サイト
キャッチコピー

あなたを一流ブロガー・アフィリエイターへ導く「集客・収益支援システム」

Twitterの評判

こんな人におすすめ

  • Google、Yahoo!で上位表示させたい人
  • もっと集客したい・収益を上げたい人
  • デザイン性に優れた美しく・おしゃれなサイトを作りたい人
  • 一流のブロガー・アフィリエイターになりたい人
  • 簡単にサイトを作成したい・サイト運営を楽にしたい人

特徴

  • 圧倒的にSEOに強く上位表示されやすい「国内最高クラスのSEO最適化テーマ」
  • 美しく・プロ仕様のデザイナーズサイトが簡単に作れる。
  • サイトで集客し収益を上げるための「集客・収益化支援システム」を搭載
  • 革新的な高速表示技術を多数装備した「国内屈指の高速テーマ」
  • 国内随一と言っても過言ではない機能数と簡単に使いこなせる操作性
  • メールサポート・操作マニュアル/会員フォーラム・無料バージョンアップ有
  • 要望や最新技術を取り入れ、機能追加改善を繰り返す「進化し続けるテーマ」
  • 閲覧数・タイトル文字数、本文文字数、タイトル内キーワード数、内部リンク数、外部発リンク数などが投稿一覧ページで一望できる。

デメリット

着せ替え用データがクール系しかない

THE THOR
価格 16,280円(税込)
開発・販売 フィット株式会社

\THE THOR公式サイト/

4テーマAFFINGER, JIN, SWELL, THE THOR比較表

AFFINGERJINSWELLTHE THOR
価格14,800円14,800円17,600円16,280円
複数サイト利用
カスタマイズ前のデザイン性★★★★★(※1)★★★★★★★★★★★★★★★
体験版XXX
決済方法クレジットカード
PayPal
銀行振込
クレカ
Vプリカ
クレカクレカ
銀行振込
コンビニ決済
BitCach
ちょコムeマネー
公式サイトのマニュアル
フォーラムX(※2)
記事閲覧数表示XX
・※1/細かくカスタマイズできるのでユーザーのセンス次第でデザイン性のより高いブログやサイトが作成できる。・※2/「ステ子掲示板」あり ・価格は税込表示

まとめ

ここに紹介した4テーマは、どれも遜色のない厳選したテーマです。

どれを選んでも、デザイン的にハイセンスなブログが作成できると思います。

あなたがどれを選ぶかは、何を、どの要素をより重視するかによって決まるのではないでしょうか。

たとえば、単純化して言うと、細部までのカスタマイズにこだわるならAFFINGER、直感的な操作でスイスイとセンスの良いブログを作りたいならSWELL、SEO重視ならTHE THORとか。

あるいはもっと単純に、フィーリングや好みといった感覚によって選んでも良いかもしれません、

筆者が現在使用しているテーマは、SWELLです。

SWELLのダウンロードはこちらから/

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる