Rinker、カエレバを超えた!一発検索プラグインPochipp(ポチップ)の使い方、設定、注意点

↑こんなふうなリンクが作れます。
はてなちゃん

Rinkerやカエレバようなものでそれ以外に良いアフィリエイトリンク管理のプラグインはありませんか?

そんなあなたのお悩みにお答えします。

アフィリエイト商品の一発検索プラグインは、Rinkerやカエレバが有名ですが、

最近開発されたPochipp(ポチップ)がオススメです。

ひろさんが最近開発したワードプレス用のプラグインで、本ブログでも使用するSWELLの開発者のさんも手伝ったそうです。。

非常に良く出来た、アフィリエイターにとっては嬉しいプラグインですので、ご紹介します。

ダウンロードから記事への挿入までを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク
目次

Pochippの特徴と機能

Pochippの特徴は、次のとおりです。

Pochippの特徴

  1. 完全ブロックエディター対応(ブロックエディタに特化)
  2. Amazon PA-APIなしでAmazonの商品検索が可能
  3. Amazon・楽天・Yahooショッピングの商品検索に対応
  4. セール情報を入れるマイクロコピーを自由に入れられる
  5. 複数のショップで商品詳細リンクが設定可能
  6. 手軽で柔軟なデザインレイアウト
  7. 細部にこだわった使い心地

Pochippの機能

機能は次の6つが挙げられます。

  1. 商品リンクの文言を変更する
  2. 商品リンク先を別タブで開く
  3. 価格の表示・非表示設定を行う
  4. 楽天・ヤフーショッピングのセール情報を自動表示する
  5. 補足情報のテキストを変更する
  6. ボタンを全デバイスで縦並びにする

リンクを作成すの3ステップ

リンクを作成するには、次のわずか3ステップで済みます。

  1. 投稿画面でポチップ・ブロックを表示
  2. 商品を検索してリンクにしたい商品を選ぶ
  3. 商品リンクが出力される

※Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどのアフィリエイト設定は初回のみ別に必要です

以上、ポチップ公式サイトより、引用させてもらいましたが、類似プラグインと比べて何がすぐれているかと言うと、

メリット
  • 上にマイクロコピーが入れられること
  • デザインが良いこと
  • 商品リンクの文を変更できること
  • 商品リンク先を別タブで開くことができること
  • 価格の表示・非表示設定を行えること
  • 楽天・ヤフーショッピングのセール情報を自動表示できること
  • 補足情報のテキストを変更できること
  • ボタンを全デバイスで縦並びにできること
  • Rinkerやカエレバから移行できるプラグインが用意されていること

といったことです。

マイクロコピーとは、赤枠内のようにボタンの上につける小さなコピーのことです。

Pochippは、マイクロコピーもつけられる。

筆者は、Rinkerから乗り換えました。

Rinkerから簡単に移行できるプラグインも用意されており簡単に一斉に変換できました。

下記のような記述があるので、ビビりましたが、何の問題もなく変換されました。

これらのプラグインではデータベースを直接編集するため、必ず事前にバックアップを取る必要があります。

十分にテストはしていますが、最悪ブログが上手く表示されない…なんて可能性もゼロではありません。

引用元:Pochipp

>>Rinkerからの移行方法解説はこちら

デメリット
  • ブロックエディタのみ対応(クラシックエディタでは使えない

Pochippは、ブロックエディタのみでの使用となり、クラシックエディタでは使用できませんので、ご注意ください。

クラシックエディタのサポートは、2021年末までとされましたが、2022年まで延期されましたので、ひとまずは安心。

しかしいつ打ち切られるか分かりませんので、クラシックエディタを使用している方はできるだけ早くブロックエディタ(Gutenberg)に移行したほうが良いと思います。

これを機にブロックエディタに移行してはいかがでしょうか。

Amazonや楽天の物販アフィリエイトを行っている人には、それだけの価値のあるプラグインだと思いますので。

Pochippのダウンロードの手順

STEP
WPにログインし、Pochippをインストールする

WPにログインした後、

  1. 左のバーの「プラグイン」を押します。
  2. 「新規追加」を押します。
  3. キーワード欄に「pochipp」と入れます。
  4. 「今すぐインストール」を押します。
STEP
Pochippを「有効化」する

「有効化」ボタンを押します。

Pochippの設定の手順

STEP
「ポチップ管理」→「ポチップ設定」

「ポチップ管理」を押し、さらに「ポチップ設定」を押すと、「基本設定画面」になります。

初期設定のままで良いと思いますが、変更したい方は変更します。

STEP
「Amazon」の設定

Amazonアソシエイトに登録している人は、下記のように。

  1. 「Amazon」を押します。
  2. 「アクセスキー」を入力します。
  3. 「シークレットキー」を入力します。
  4. 「トラッキングID」を入力します。
  5. 「変更を保存」ボタンを押します。
STEP
「楽天」の設定

楽天のアフィリエイトを直で行う場合です。

  1. 「楽天市場」を押します。
  2. 「アプリID」を入力します。
  3. 「アフィリエイトID」を入力します。
  4. 「変更を保存」ボタンを押します。
STEP
「Yahoo!ショッピング」の設定

Yahoo!ショッピングは、Yahoo!デベロッパーネットワークで「アプリケーションID」を取得すること、APSのバリューコマースのLinkSwitchのvc_pidを事前に用意しておきます。

  1. 「Yahoo!ショッピング」を押します。
  2. 「アプリケーションID」をコピペします。
  3. LinkSwitchの「vc_pid」をコピペします。
  4. 「変更を保存」ボタンを押します。
  • 「アプリケーションID(Client ID)」は、Yahoo!デベロッパーネットワークから求めます。
  • 「vc_id」は、バリューコマースの管理画面で「ツール」→「LinkSwitch」と進み、下画像の赤枠内の数字です。
vc_id
STEP
「もしもアフィリエイト」を通じてAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングを設定

ASPの「もしもアフィリエイト」を通じて、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングを設定する場合です。

  1. 「もしも」を押します。
  2. Amazonの「a_id」をコピペします。
  3. 楽天の「a_id」をコピペします。
  4. Yahoo!ショッピングの「a_id」をコピペします。

>>「もしも」でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの「a_id」を求める方法

>>Amazon、楽天、ヤフーの物販3大アフィリエイトは「もしも」一括

STEP
セール情報を入力
  1. 「セール情報」を押します。
  2. 表示欄にセール名を入力します。
  3. 期間をカレンダーから選びます。

指定した開始日時になると自動的にマイクロコピーが表示され、終了時刻を過ぎると消えます。

アフィリエイトリンクの作成の手順

STEP
「ポチップ管理」→「新規追加」

WP左バーの「ポチップ管理」→「新規追加」と進みます。

STEP
「商品を検索」

「商品を検索」ボタンを押します。

STEP
検索する
  1. 商品名を入力
  2. 検索ボタンを押します。
STEP
商品を選択

検索した結果並んだ商品の中から、アフィリエイトしたい商品を選び、「この商品を選択」ボタンを押します。

STEP
公開する

初期設定のままで問題なければ「公開」ボタンを押します。

STEP
「ポチップ管理」→「ポチップ管理」で確認

「ポチップ管理」→「ポチップ管理」で登録されたことを確認します。

記事の中に挿入する手順

STEP
「新規」→「投稿」

「新規」→「投稿」と進みます。

STEP
+を押す

「ブロック」の「ポチップ」を押します。

STEP
「商品を検索」

「商品を検索」ボタンを押します。

STEP
「この商品を選択」

登録した商品の中から、「この商品を選択」ボタンを押して選びます。

STEP
確認後、問題なければ「公開」

編集したい要素があれば、黒ボタン「公開」を押して直します。

まとめ

Pochippの特徴は以下のとおり。

  1. 完全ブロックエディター対応(ブロックエディタに特化)
  2. Amazon PA-APIなしでAmazonの商品検索が可能
  3. Amazon・楽天・Yahooショッピングの商品検索に対応
  4. セール情報を入れるマイクロコピーを自由に入れられる
  5. 複数のショップで商品詳細リンクが設定可能
  6. 手軽で柔軟なデザインレイアウト
  7. 細部にこだわった使い心地

↓このポチップのダウンロードからアフィリエイトリンクの記事挿入までの手順

APIなしでも検索できるPochipp用プラグインPochipp-Assistはこちら

\SWELLなら特にPochippがおすすめ/

見逃し配信バナー
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる