MerossのWi-Fiスマートプラグの感想・レビューと使い方・繋ぎ方

thumbnail
ザッキーのアイコン画像ザッキー

スマートプラグの紹介だよ。赤外線リモコンのついていない電化製品のスイッチON/OFFをコントロールできるよ。

プラグをコンセントやタップに繋ぎ、リモコンのない電化製品の電源コードを差し込めば、その電化製品のオン・オフがスマホやスマートスピーカーからできるようになる非常に便利なモノ。

それがスマートプラグです。

筆者はすでにAmazon Echo AlexaSwitchBotHubMiniSwitchBotを購入していくつかの電化製品をスマート化しましたが、

それでもまだできないものがあります。

筆者の場合は、レーザープリンターがそれです。

OKI電気のプリンターですが、スイッチが奥まっているため、SwitchBot(アームロボット)ではできませんでした。

筆者は1階で仕事をしていますが、2階にあるレーザープリンターのスイッチを1階からオン・オフしたかったため、

スマートプラグを探し、Merossのプラグを選びました。

SwitcBotのプラグにしたほうが、アプリが一つで済むので良いと思ったのですが、Amazonでの発送が遅くなるようだったので、比較的に評判の良いMerossにしました。

では、MerossのWi-Fiスマートプラグのレビューと使い方をお届けしましょう。

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

離れた場所にあるプリンターの電源スイッチを制御

スマートプラグ
右側面の丸いのが電源ボタン。その右上の穴のように見えるのがLEDライト

Switch Bot Hub Mini、Switch Botを買って、Alexaと繋ぎ、スマートホーム化を進めていますが、次はプリンターのスイッチと寝室のエアコンをコントロールしたいと思いました。

筆者は1階の居間で仕事をしていて、そこのエアコンはSwitch Bot Hub Mini でコントロールしています。

が、プリンターは2階にあって、プリントをする時にわざわざスイッチを入れに行くのが億劫(おっくう)でした。

そのため1階にいながらプリンターのスイッチを入れることができればいいなあと思ったわけです。

2階寝室のエアコンもスマート化できればしたいと思いました。

そこで購入を決めたのが、

【Amazon.co.jp 限定】Meross WIFIスマートプラグ

ハブ不要の無線リモコンで、Alexa/Google Home/IFTTTに対応しています。

これの2個セットを購入しました。

box
Meross Wi-Fiスマートプラグ2個セットの外箱
plug2pcs
Merossのスマートプラグ
manual
ユーザーガイド

使えない電化製品もある

スマートプラグの使い途

  1. デスクライト
  2. フロアライトなどの間接照明
  3. 加湿器
  4. サーキュレーター
  5. ラジオ
  6. 水槽の照明やフィルター
  7. イルミネーション

アプリをダウンロードして、コンセントに、Meross WIFIスマートプラグを差し込むだけで、家電やパソコン関連のスイッチをオン・オフに出来るので、非常に便利です。

ただ、エアコンやガスファンヒーターには使えません。

注意電熱器、電気ストーブなど発熱する電化製品に使用するのは危険ですので、使わないようにしましょう。

どちらもスイッチオフは出来ましたが、オンが出来ませんでした。

Amazonのレビューを見ると、エアコンによってはオン・オフが出来る場合もあるようですが、筆者のエアコンはダイキン製ですが、出来ませんでした。

ガスファンヒーターも、オフは出来ましたが、オンができませんでした。

今回のターゲットは、第1に、OKIのカラーレーザープリンター、第2に、ダイキンのエアコンでした。

エアコンはダメでしたが、レーザープリンターはオン・オフが出来ました。

これでプリンターのスイッチを入れるために、わざわざ2階に上がる必要がなくなりました。

メリット

  1. 赤外線リモコンのない電化製品のスイッチオン・オフがスマホないしはAIスピーカーからできる(Amazon Alexa、Google Assistant、IFTTT、Lineの音声操作に対応)。
  2. オン・オフのタイマー設定ができる。
  3. 1個千円台で購入できる。
  4. 遠隔操作ができる。

デメリット

  • 電化製品の個数分のプラグが必要
  • スイッチのオン・オフしかできない。
  • 使えない電化製品がある。
  • Wi-Fi環境が必要(Bluetooth ができない)

デスクライトや間接照明の電球の場合、スマートLED電球を使用する方法もあります。

では、違いは何でしょうか。

スマートプラグスマートLED電球
照明のオン・オフができる 照明のオン・オフができる
電球サイズに左右されない明るさを変更できる
物理電源ボタンの照明のみ対応 色温度を変更できる
電球サイズがE27口金しかない
価格は2,000円以下価格は2,000円以上

では、アプリの使い方を説明しましょう。

iOSはAppStoreから、AndroidはGoogle PlayでMerossと検索し、ダウンロード、インストールします。

Meross

Meross

Chengdu Meross Technology Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

Meross-apri-001
アプリを入手する。
meross-apri-002
初回は「登録」ボタンをタップ
meross-apri-003
メールアドレスとパスワードを入力し、同意の✔をし、「登録」ボタンをタップ
meross-apri-004
位置情報を「オンにする
meross-apri-006
「SmartPlugMini」を選ぶ
meross-apri-007
プラグを差し込んで、プラグの電源ボタンを押す。
meross-apri-008
緑とオレンジのLEDライト点滅を確認したら「次へ」をタップ
meross-apri-009
「Wi-Fi設定に移動」をタップ
「ほかのネットワーク」にMerossのものが現れるので選ぶと、上に赤枠内のダイアログが現れるのでタップし、Merossのアプリに戻る。
meross-apri-011
わかりやすいデバイス名を付け、「次へ」をタップ
アイコンを選択。なければプラグアイコンのまま「次へ」
Wi-Fiネットワークを確認し、そのパスワードを入れ、パスワードを覚えさせるなら✔し、次へ。
しばらく待つ。
正常にインストールされたのを確認し、「完了」ボタンをタップ
ホームに名前を付けたデバイスのコントローラーが現れる。

以上でアプリの設定は完了です。

次はAlexaの設定方法を説明します。

Alexa側の設定

まず、Alexaアプリのホーム左上の設定アイコンをタップし、「スキル・ゲーム」を選びます。

検索アイコン(虫眼鏡)をタップ
「meross」と入れ、現れたmerossをタップ
赤枠内(Meross)をタップ
「設定」をタップ
「有効にして使用する」をタップ
Merossに登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「Authorize」ボタンをタップ

まとめ

赤外線リモコンがない電化製品のスイッチのオン・オフをスマート化するには、コンセントと製品の中間にスマート・プラグを介する方法があります。

スマートプラグは、次のようなものに使用できます。 古い電化製品でも…

使用できる製品

  • デスクライト
  • フロアライトなどの間接照明
  • 加湿器
  • サーキュレーター
  • ラジオ
  • 水槽の照明やフィルター
  • イルミネーション
  • テレビ
ザッキーのアイコン画像ザッキー

こりゃ助かるにゃ〜

使用できないものは、発熱する電気ストーブ、ガスファンヒーター等です。

エアコンは、使用できる場合とできない場合があります。

照明の場合は、スマートLED電球を使用する方法もあります。

両者を比較すると次のようになります。

スマートプラグスマートLED電球
照明のオン・オフができる照明のオン・オフができる
電球サイズに左右されない明るさを変更できる
物理電源ボタンの照明のみ対応色温度を変更できる
価格は2,000円以下電球サイズがE27口金しかない
価格は2,000円以上

アプリの設定は、簡単です。

IoT 、ガジェット 、スマートホーム、AI…今さら聞けない用語の意味を1分で知る

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる