スマートホーム

Switch Bot Hub Mini購入レビューと感想、設定、使い方、Alexaとの連携

テーブルの上にいくつものリモコンがあって邪魔ではありませんか。

邪魔ですよね。

それをスマホ1つで管理できたら?

あるいはスマートスピーカーでを使って音声で動かせたら?

それができたらやっぱ、良いですよね。

Switch Bot購入の決め手

switcbot

そこで、SwitchBot スイッチボット ハブミニを購入しました。

これが実に良いんですよ。

簡単に設定ができて、スマホないしはスマートスピーカーでエアコンやテレビやライトをコントロールできるんですから。

この手のガジェットというかスマートリモコンは他にもあって、いくつかのブログを読み、国内メーカーゆえ少しくらい高くてもNature Remo mini が安心かと当初はこの商品の購入を考えていたのですが、Amazonのレビュー(口コミ・評判)を読むと、少し不安になりました。

SwitcBotのほうが安い上に評判が良いようで、結局こちらを購入しました。

メジャーでないメーカーの商品を購入する場合、私が重視するのはサポートの善し悪し。

何も問題がなければ良いのですが、いざ何かあった時に、サポートが迅速で誠実でないと非常に困りますから。

Amazonのコメントを読む限り、SwitcBotは、サポートが良さそうなところが最大の決めてとなりました。

SwitchBotを使ってみた感想

switcbot-nakami

実に便利です。

私は、エアコン、シーリングライト(天井灯)をiPhoneAmazon Echo Alexaからコントロールできるようにしました。

\たとえば「アレクサ、ライトを点けて」と頼めば、点けてくれます/

スイッチオンより、「はい」が遅いですけどね。

我が家はNHKが嫌いでテレビを捨てたため、4Kの42inchディスプレイで国内外の映画やドラマを観ていますが、そのコントロールもできます。

特にAlexaと連携させると、音声でコントロールできますので、超便利です。

このようなガジェットの場合、購入前に心配なのは、設定がうまくできるかどうかだと思いますが、

説明書は、ちょっと簡単すぎてわかりにくいのですが、問題なくできました。

そこで、設定方法を分かりやすくまとめてみましょう。

SwitchBotの設定

SwitchBotに登録

1.アプリをインストール

AppStore(iOS)かGooglePlay(Android)からアプリをインストールします。SwitchBotと検索すれば出てきます。

switcbot-apri-ios

2.アプリに登録

アプリを立ち上げ、登録します。メルアド、パスワードを入れ、「登録」ボタンをタップします。

switcbot-apri02

デバイスを追加する

1.デバイス追加

設定アイコンをタップし、「デバイスの追加」をタップします。

sb-apri003

2.HubMiniを選ぶ

HubMini」を選びます。

sb-apri004

3.ボタンを押す

表示灯が点滅するまで上部のボタンを長押しします。

sb-switch

4.「次へ」

点滅がゆっくりになったら、「次へ」をタップします。

sb-apri005

5.Wi-FiのSSDとパスワードを入力

家のWi-FiのSSIDを選び、パスワードを入力します。

wi-fi-ssid-pass

6.点滅から点灯へ

次のように画面が変遷します(左から右へ)。

wi-fi wi-fi wi-fi

設定が終わると、点滅が点灯に変わります。

新しいデバイスを追加する

1.「HubMini」をタップ

Homeに現れた「Hub Mnini」をタップします。

hubmini

2.新しいデバイスを追加する

新しいデバイスを追加する」をタップします。

new-device

3.デバイスを選ぶ

コントロールしたいデバイスを選びます。とりあえず「ライト」を選びました。

device-list

4.メーカーを選ぶ

メーカー名が並ぶ画面が現れますので、選びます。「パナソニック」を選びました。

brand

5.商品の型を選ぶ

パナソビックのモデルが並びますので、その中に該当するものがあれば選択します。なければ下端の「スマートラーニング」を選びます。

model-no

6.正しく作動するかテスト

ON」「OFF」「モード」「セット」「明るさ」「色温度」などを選び、「テスト」し、正しく反応をしたらOKですので、右上の「✔」をタップします。下図は設定を終えた画面なので「✔」がありません。

living-light

7.該当する型番がなければ「スマートラーニング」を使う

スマートラーニング」の場合は、「スマートラーニング」ボタンをタップします。

smart-learning

8.赤外線リモコンのボタンを押す

本体の表示灯が消えたら、リモコンのボタンを押し、表示灯が光るのを待ちます。

smart-learning02

9.6同様設定する

のように設定します。

10.ボタンが正常に作動するか試す

設定を終えたら、ON、OFFボタンなどを押して実行されるか試してみましょう。

switchbot電話線モジュラーを塞いでいたカバーの上に付属の両面テープでSwitcBot本体を貼り付けた。

次にAmazon Echo Alexaと連携させましょう。

Amazon Echo Alexaの設定

amazon echo

1.「スキル・ゲーム」をタップ

左上の設定アイコンをタップし、さらに「スキル・ゲーム」をタップします。

alexa001-skill-game

2.検索

虫眼鏡アイコンをタップし、検索します。

alexa-skill-game02

3.検索結果をタップ

switchと検索すると、seitch botが表示されますので、タップします。

search

4.スイッチボット

スイッチボットが現れますので、タップします。

search-02

5.「設定」ボタンをタップ

「設定」ボタンをタップします。

sb-setting

6.確認

右下の「デバイス」をタップすると、「照明」が加わっているのが分かります。

device

7.「すべてのデバイス」でも確認

右上端の「すべてのデバイス」をタップすると、デバイスリスト一覧に。リビングライトが追加されているのが分かります。

device-all

まとめ

Switch Bot Hub Miniは、3,000円ちょっとという低価格でありながら、

スマートリモコンとしての機能は充分です。

赤外線リモコンに対応したTVやエアコンなどならSwitch Bot Hub Miniを通じてコントロールでき、設定も簡単です。

ごろごろ転がるリモコンから解放されます。

また、AmazonEchoAlexGoogleHomeなどのスマートスピーカー、AppleのSiriなどと連携させらば、音声でTVやエアコン等をコントロールできるようになります。

赤外線リモコンのないスイッチに対しては、SwitchBotスイッチボタンを購入すれば、Switch Bot Hub Miniを通じてスイッチのON・OFFが可能になります。

Switch Bot Hub Miniが買って良かったし、しかもAmazonはサイバーマンデーで安くなっているので、SwitchBot スイッチ ボタンも早速、注文しました。

SwitchBotスイッチボタンについてのレビューは後日投稿します。

▽説明書(クイックスタート)

説明書 説明書

 

 

MerossのWi-Fiスマートプラグの感想・レビューと使い方 プラグをコンセントやタップに繋ぎ、リモコンのない電化製品の電源コードを差し込めば、その電化製品のオン・オフがスマホやスマートスピーカ...
SwitchBot(スイッチボット)レビューと感想。スマートフォンやAIスピーカーでコントロールする物理ボタンのかわいいアームロボット 家電などをWi-Fi環境でコントロールするスマートホーム化を進めています。 赤外線リモコンの付属する家電はHubでコントロール...
Amazon Echo Alexa(エコーアレクサ)設定・使い方[iPhoneの画面で説明] \セットアップはこんなふうに始まる/ Amazon Echoセットアップの方法を説明します。 基本的には画面や音声のガ...