スマートホーム

IoT 、ガジェット 、スマートホーム、AI…今さら聞けない用語の意味を1分で知る

iot-word

IoT 、ガジェット 、スマートホーム、AI。

初めてこれらの言葉に接した人は、何のことやらさっぱりわからないと思います。

そこで、1分で理解できる解説をお届けしましょう。

IoT

IoT-illust

IoTとは、Internet of Thingsの略語で、訳せばモノのインターネット、つまりモノ同士がインターネットで繋がることを意味し、アイオーティーと読みます。

かつてのインターネットはコンピュータ同士が繋がるものでしたが、今やスマートフォンやタブレットはもちろん、ガジェット(gadget)と呼ばれるユニークな新しい電子機器も繋がり始めました。

ガジェット

Gadget

ガジェットとは、「ユニークで面白くて便利な電子小物」といった意味で使われています。

あらゆるモノがネットに繋がり、制御される社会がやって来ています。

スポンサーリンク


スマートホーム

smaet-home

そうしたIoTAIなどの技術を駆使して、住む人にとってより安全・安心で快適な暮らしを実現する住宅システムをスマートホーム(smart home)と呼びます。

smartとは、賢いという意味の英語です。

スマートフォンは、賢い電話ですね。

これからはスマートホームどころかスマートシティ(smart city)が構築されていくでしょう。

AI

AI

ここでまた英語の略語が登場しました。

AIですね。

これはartificial intelligenceの略で、人工知能と訳されます。

AIは、人間以上に高度な知識を持ち、自分で考えて判断するコンピュータと思いがちですが、

もちろん狭義のAIはそうですが、

「ルンバ」などの掃除ロボットやAmazon EchoなどのスマートスピーカーもAIに含まれます。

つまり広義のAIは、すでに日常に入り込んでいます。

そうした広義のAIを備えたガジェットをネットに繋ぐことで、今や安価に夢のような生活が実現するのです.

具体的に行えること

IoT 、ガジェット 、スマートホーム、AI等の技術によって、具体的には何がどうなるのでしょうか。

たとえば次のようなことが簡単に行えます。

こんなことが出来るよ!

 

  • 家に近づくと自動で鍵が開く(スマートロック)
  • 部屋が暑く(寒く)なるとエアコンが自動で作動する
  • テレビや照明の操作をスマホないしは音声で行う
  • 文字ではなく音声のやり取りで情報を得る(スマートスピーカー)
  • 自宅の家電やガジェットを遠隔操作する

 

便利だニャ〜

かつてSFで描かれた夢のような生活が現実のものとなって来ているのです。

MerossのWi-Fiスマートプラグの感想・レビューと使い方・繋ぎ方 プラグをコンセントやタップに繋ぎ、リモコンのない電化製品の電源コードを差し込めば、その電化製品のオン・オフがスマホやスマートスピーカ...
SwitchBot(スイッチボット)レビューと感想。物理ボタンのかわいいアームロボット 家電などをWi-Fi環境でコントロールするスマートホーム化を進めています。 赤外線リモコンの付属する家電はHubでコントロール...
Switch Bot Hub Mini購入レビューと感想、設定、使い方、Alexaとの連携 テーブルの上にいくつものリモコンがあって邪魔ではありませんか。 邪魔ですよね。 それをスマホ1つで管理できたら? あるいはスマ...
Amazon Echo Alexa(エコーアレクサ)設定・使い方[iPhoneの画面で説明] \セットアップはこんなふうに始まる/ Amazon Echoセットアップの方法を説明します。 基本的には画面や音声のガ...
我が家のスマートホーム化 ロック、スピーカー、リモコン、プラグ、スイッチボット[まとめ] 我が家のスマートホームについてまとめてみました。 我が家のスマートホーム化は、スマートロックのSesame miniから始まりまし...