『刑事ジョン・ルーサー』あらすじ、キャスト、アリスの魅力 シーズン6は?

image:BBC(以下同)
はてなちゃんのアイコン画像はてなちゃん

海外ドラマでおすすめの刑事モノがあれば教えてください

そんなあなたの質問にお答えします。

それは『刑事ジョン・ルーサー』(原題 : Luther)です。

筆者にとっては刑事ものジャンルでは断トツ第1位でしょう。

2010年から英BBCで放送されているテレビドラマでイドリス・エルバ主演のサイコサスペンス・ミステリーです。

シリーズはエミー賞に計11回ノミネートされており、
主演俳優エルバは本作で、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)、全米映画俳優組合賞男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)、批評家協会テレビ賞主演男優賞を受賞しています。

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

『刑事ジョン・ルーサー』あらすじ

BBC

社会を恐怖に陥れる猟奇的な殺人事件が次々とロンドンで起きる。

型破りで危険な刑事、ロンドン警視庁の重大犯罪捜査課SCUの主任警部(DCI)ジョン・ルーサー

彼が、するどい洞察力と犯罪へのこみ上げる怒りを原動力に、事件の闇を解明していく衝撃のサイコ・サスペンスだ。

警察を欺くように次々と起こる不気味かつ凶悪殺人事件を、ルーサーは、犯人の心理を読み解き、時として違法とも言える手法で犯人を追い詰めていく。

だが、その強引で桁外れの行動は、自分や周囲の人々をも危険にさらしてしまい、何度も嫌疑がかかる。

ルーサーは優秀な刑事なのだが、仕事に没頭しすぎ良心に従って突っ走るため、時として上司ぼ命令に逆らったり、容疑者に行き過ぎた対応をしたり。

そんな24時間仕事人間で、しかもカッとなりやすい性格のため、20年連れ添った妻ゾーイがルーサーの元を去ってしまう。

シーズン1~5までの大まかなあらすじ

シーズン1

ロンドン首都警察の主任警部ジョン・ルーサーは、犯人を追い詰め逆に怪我をさせてしまったため、その責任を問われ休職するが、7ヶ月後、職場復帰の許可が下りる。
停職処分を解かれたジョンが最初に担当したのは、両親と飼い犬が銃殺され、娘アリスが第一発見者となった事件。アリスを事情聴取するルーサーは、彼女が犯人だと直感するが、証拠がつかめず逮捕できない。
アリスはルーサーの興味を抱き、ルーサーやルーサーの親しい者たちにからむ。アリスはルーサーのピンチを助けもするが彼女の狂気ゆえに問題が複雑化していき、やがて衝撃の結末へ!

シーズン2

妻殺しの嫌疑をかけられていたルーサーの職務復帰が決まった。一方、アリスは、イアン・リードを射殺した後、自殺を試みたことで、病院に隔離されていた。
ルーサーは自分を守るために交番勤務に左遷されたものの警官を続けていた部下ジャスティンをチームに戻す。
巷では不気味なマスクをつけた犯人が女性を切り裂くという、現代版切り裂きジャック事件が発生。捜査中のジャスティンが犯人に拉致監禁され、拷問を受ける。

シーズン3

屈折した犯罪心理を深い洞察力で読み取り、捜査を進めていく刑事ジョン・ルーサー。それゆえに彼は孤独であり、妻ゾーイをはじめ多くの大切な人々を失っていた。この事実に目をつけた者たちが彼の周囲でうごめき始める。
ルーサーたちは、殺した後に死体にコスプレをさせる連続殺人事件と、ある男性が殺害された事件の2つを同時に捜査することに。
男性殺しの容疑者としてケン・バーナビーが浮上するが、ルーサーはそれは後回しにしてコスプレ殺人事件を追う。が、ジャスティンはバーナビーの捜査をすすめ、その結果最悪の事態に。

シーズン4

ルーサーはアリスと海外へ逃げたかと思いきや、休職し海辺の家で隠居生活を送っていた。そんな彼の元に、アントワープでアリスが死亡したという知らせが届く。
真相を探るべくジョンはロンドンに戻る。ルーサーは彼女が関わっていた取引の関係者を調べるうちに裏社会の実力者ジョージ・コーネリアスにたどりつく。一方、街で人肉を喰らう残忍な殺人が起きていた…。
アリサの死に関係している取引相手のジョージ・コーネリアスを自宅に監禁し詳細を聞き出そうとするが逃げられ、今度はジョージの手下にルーサーが狙われることに。

シーズン5

ロンドンで男性2人の変死体が発見される。刑事のジョン・ルーサーは、新しい相棒キャサリン・ハリデーとともに捜査を開始。無差別殺人にも見える大胆な手口だが、手掛かりはなかった。しかし、ある精神科医から情報提供を受け、容疑者が浮上、捜査は急展開を見せる。一方、ギャングの首領ジョージ・コーネリアスの息子が誘拐される。コーネリアスはルーサーを疑う。ルーサーは、同僚のベニー・シルバーの力を借りて、誘拐事件の真相を探り始める。すると、思いもよらぬ人物が彼の前に現れる。

※イギリスではシーズン1とかではなく、シリーズ1とかと表現しているが、シーズンとして表記した。

ルーサーとアリスの出会いがもたらす運命

天才物理学者アリス(ルース・ウィルソン)の狂気がルーサーを危険に巻き込んでゆく。Photo by BBC

シーズン1エピソード1は、ルーサーが連続女児誘拐殺人事件の犯人を追いつめるシーンから始まる。

誘拐した少女の居場所を聞き出そうと高所から落ちそうな犯人を助けず犯人は落下、こん睡状態に陥る。

そのため半年間の停職処分を受けるがそれが解けてルーサーが最初に担当した事件で、2人の重要人物とめぐり合う。

その事件とは、両親とゴールデン・レトリーバーらしき飼い犬が無残に殺され、娘である若き天才女性物理学者アリス・モーガンが第一発見者となる事件。

ルーサーはアリスが犯人だと直感するが証拠が見つからず動機もわからない。

このアリスとの出会いが、ルーサーに興味を持ったアリスはルーサーの大事な局面で現れては消え、ルーサーの運命を大きく動かしていく。

もう1人は、ルーサーに憧れ、一緒に働きたいと9ヵ月間異動願いを出しつづけてこの事件から希望の部署に配属された若き刑事ジャスティン・リプリー。

この3人にルーサーが信頼を置く同僚刑事のイアン・リードを加えた4人を中心にストーリーは展開してゆく。

『刑事ジョン・ルーサー』の魅力

アリス・モーガン(ルース・ウィルソン)とジョン・ルーサー(イドリス・エルバ)

天才的刑事と天才物理学者。

天才というものはいつも狂気を孕んでいるもので、この2人が出会ったことで生じ、織りなすケミストリーに目が離せなくなる。

アリスはルーサーに自分と似た臭いを感じ、興味を持ち、好意を寄せるが、男女の関係ではない。

しかし、お互い共感し助け合う男女が行き着く先は?

ただ、2人には決定的な違いがあった。

法的道徳的に一線を引くルーサーと、まったく線引しない自由奔放なアリスという違いだ。

その違いがゆくゆくは悲劇を呼びそうな気配があり、視聴者はこのドラマに引き込まれて行く。

刑事ルーサーは、大柄でがっちりした体軀の持ち主で、聡明だが感情を抑えきれない面も見られる。

高い理性があるなら自分の感情をもっとコントロールできて良いはずと特に日本人である筆者は思うが、このアンバランスが魅力にもなっている。

一方の天才物理学者アリス。

ルース・ウィルソンが演じる聡明だが常人には計り知れない狂気を抱えるアリスの妖艶な美しさに参ってしまう男たちは私も含め多いと思う。

アヒル口のキュートな彼女の表情が犯罪者の表情に変わる瞬間は見もの。ゾクっとさせられる。

英国ドラマの魅力がたっぷり!

筆者はここのところ英国の映画やテレビドラマが好きだ。

アメリカの多くの映画やドラマとは違って静謐さや重厚感があり、スタイリッシュで、背景も美しく、ユーモアやウィットを混ぜながら人間の内面を描く傾向があるところに筆者の心が響いているからだ。

『刑事ジョン・ルーサー』は脚本がよく練られていてすばらしい。演出も良く、俳優陣もすばらしい。日本のドラマにはほとんど見られない脚本、演出、演技の3拍子がそろっているところが実にすばらしい。

また、ロンドン訛りの英語、ロンドンの歴史を感じる美しい街並み、洗練された映像とサウンドトラックも魅力的で楽しめる。

『シャーロック・ホームズ』と『コロンボ』の影響

『刑事コロンボ』

自分の正義と良心に従って真犯人を追い、事件を解決するが、善と悪の境界線でかろうじて善の側に踏みとどまっているルーサーの危うい心理状態。それはどことなく『シャーロックホームズ』を連想させる。

犯人探しではなく、犯人の心理や、刑事がどう犯人を追い詰めていくかに主眼が置かれてる手法は『刑事コロンボ』を想起させる。

と思ったら、脚本家のニール・クロスは、次のように述べている。

脚本家のニール・クロス

「ルーサーは『シャーロック・ホームズ』と『コロンボ』の両方に影響されています。ルーサーの知性の性質と犯罪の解決へのその応用はホームズのそれに匹敵しますが、”倒叙ミステリー形式(the inverted detective format)”の使用はコロンボに触発されました」

倒叙ミステリー(inverted detective)とは、「howcatchem(ハウキャッチェム)」の名称でも知られる「逆ミステリー」のことで、犯罪が最初に示され、逆にさかのぼって謎を解いてゆく殺人ミステリー小説の構造だ。

筆者は両者とも好きだから、『刑事ジョン・ルーサー』に響いたのかもしれない。

『シャーロック・ホームズ』と『コロンボ』の好きな人には少なくとも絶対おすすめ!と言えそうだ。

created by Rinker
ジェネオン ユニバーサル エンターテ
¥2,364 (2020/10/01 04:42:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/10/01 04:42:14時点 Amazon調べ-詳細)

ルーサー(Luther)はドイツ系イギリス人?

主人公ルーサー(Luther)について、珍しいファミリーネームだと恋人から言われるシーンがある。

恋人が調べたらとルーサーはドイツの名で、ルーは人々、サーは軍隊、つまり「人民軍」の意味だという。

ルーサー(Luther)はドイツ語読みするとルター、そうあの宗教改革者マルチン・ルター(Martin Luther)のルター。

ただし、ドイツからの移民という話ではなく、ルーサーは「祖父が選んだ名」だと答える。

オリジナル放送日と視聴者数

初回放送年:2010年、2011年、2013年、2015年、2019年
制作:BBC

シーズンエピソード数オリジナル放送初回オリジナル放送最終迂回イギリス視聴者数(百万人)
162010年5月4日2010年7月8日4.83
242011年6月14日2011年7月5日6.43
342013年7月2日2013年7月23日5.98
422015年12月15日2015年12月22日7.92
542019年1月1日2019年1月4日9.45

日本での配信

Amazonプライムビデオ

Hulu

U-NEXT

dTV

『刑事ジョン・ルーサー』の俳優たち

ジョン・ルーサー(John Luther)役→イドリス・エルバ (Idris Elba)

ジョン・ルーサー(イドリス・エルバ)

才気あふれるスゴ腕の刑事。刑事主任警部(DCI=Detective Chief Inspector )。深い洞察力や捜査能力で署内でも一目置かれているが、自分勝手な捜査の進め方や精神的に不安定なところから一匹狼的存在。容疑者を昏睡状態に陥らせ、休職させられるが、7ヵ月後に復帰。

14歳から家計を助けるため働いた苦労人ならではの深味を醸し出す魅力的な俳優。2018年には米娯楽誌ピープルが選ぶ「最もセクシーな男性」に選ばれた。ジェームズ・ボンド(007)の候補にも挙がっていると。

本作でゴールデングローブ賞主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)、全米映画俳優組合賞男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)、批評家協会テレビ賞主演男優賞を受賞している。
イドリス・エルバ(Idris Elba, OBE、1972年9月6日 – )は、イギリスの俳優。身長189cm。
ロンドンでシエラレオネ出身の父とガーナ出身の母のもとに生まれる。14歳の時から結婚式場の音楽を担当し家計を助け、16歳の時に演劇コンクールで優勝。しかし家計が苦しいため学校を辞め、19歳までナイトクラブでDJをして稼いでいた。その後夜間フォードの工場で働きながら演劇を学び、師に励まされながらオーディションを受けていた。アーセナルFCのファン。
2018年には米娯楽誌ピープルが選ぶ「最もセクシーな男性」に選ばれた。非白人としては3人目の受賞。
2020年3月16日、自身のTwitterで新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを公表。体調はよく、症状は出ていないとのことだったが、感染拡大防止のため自主隔離した。隔離期間中は自宅ではなく、仕事のために訪れていたニューメキシコ州で過ごした。持病として喘息を抱えていることから悪化が心配されたが、4月1日、無症状のまま隔離期間が終了したことを報告した。また、妻も感染していたが、イドリスと同じく無症状だった。

引用元:Wikipedia

アリス・モーガン(Alice Morgan)役→ルース・ウィルソン (Ruth Wilson)

アリス・モーガン役のルース・ウィルソンは鬼気迫る演技を好演

13歳で大学へ入学し、18歳で天体物理学博士号を取得した天才女性物理学者。両親殺害事件の第一発見者として警察に通報、殺害の容疑をかけられる。その後ルーサーとは容疑者と刑事の関係を超えたおかしな関係に。

ドラマ『アフェア 情事の行方』で、ゴールデングローブ賞を受賞。

ルース・ウィルソン(Ruth Wilson, 1982年1月13日 – )は、イギリスの女優。
サリー州アシュフォードで生まれる。祖父はMI6のオフィサーであったアレクサンダー・ウィルソン。3人の兄がいる。10代の頃よりモデル活動を始めながら、ノッティンガム大学に入学し歴史を専攻。2003年に大学を卒業し、London Academy of Music and Dramatic Artで演劇を学び、2005年に卒業した。

引用元:Wikipedia


イアン・リード( Ian Reed)役→スティーブン・マッキントッシュ (Steven Mackintosh)

ルーサーが信頼を寄せる同僚のイアン・リード(スティーブン・マッキントッシュ)

刑事主任警部(DCI=Detective Chief Inspector )。ジョン・ルーサーが最も信頼を寄せる大親友。喜びや苦しみを共にしてきた旧知の仲で、ルーサーを数え切れないほど窮地から救ってきた。ルーサーと同様に、任務に熱心なあまり、多くの犠牲を払ってきた男だが、途中から歯車が狂い始める。

スティーヴン・マッキントッシュ(Steven MacKintosh、1967年4月30日 – )は、イングランドの俳優。イギリスのケンブリッジ出身。13歳で演劇学校に入り演技を学んだ。 ナショナル・シアターに2年間参加し、シェイクスピア劇の舞台に立った。日本やギリシャへのツアーにも参加した。

引用元:Wikipedia

ゾーイ・ルーサー( Zoe Luther)役→インディラ・バルマ (Indira Varma)

アリスに襲われるジョン・ルーサーの妻ゾーイ(インディラ・バルマ)

人権問題専門の弁護士。大学生の時に、ジョン・ルーサーと出会い結婚。ルーサーを愛し、彼のひたむきさを尊敬しつつも、結婚後、ルーサーが仕事に精魂傾けるあまり彼女の心は病んでしまい別居に。

インディラ・ヴァルマ(Indira Varma, 1973年5月14日 – )は、イギリスの女優。父はインド人、母はイタリア系スイス人である。王立演劇学校を1995年に卒業。

引用元:Wikipedia


ローズ・テラー(Rose Teller)役→サスキア・リーブス (Saskia Reeves)

警視(DS=Detective Superintendent)。刑事たちの要望と、上級管理職たちの板挟み。ルーサーが職場に戻ってくることを支持したものの、自らの決断を後悔するのではないかと心配しており、その不安からルーサーを信じきれず、後に判断を誤る。

サスキア・リーヴス(Saskia Reeves、1961年8月16日 – )は、イングランドの女優。
ロンドン・パディントン出身。イギリス人の父親とオランダ人の母親の間に生まれる。ギルドホール音楽演劇学校に学ぶ。女優のほか、声優、ナレーターとしても活躍している。

引用元:Wikipedia


ジャスティン・リプリー(Justin Ripley)役→ウォーレン・ブラウン(Warren Brown)

ジャスティン・リプリー(ウォーレン・ブラウン)

正義感の強い若い刑事で大学卒業後にも犯罪学などを学ぶ。ルーサーに憧れ、一緒に働くため9ヶ月間異動願いを出しつづけ、ジョンの復帰と共に同じ部署へ異動。刑事巡査部長(DS=Detective Sergeant)。ジョンに殺人容疑がかかったときもジョンの無実を信じたのは唯一人彼だけだった。

ウォーレンブラウン(1978年5月11日生まれ)は英国の俳優であり、元プロのタイ式(ムエタイ)ボクサー。身長173 cm。

引用元:Wikipedia

マーティン・シェンク(Martin Schenk)役→ダーモット・グロウリー(Dermot Crowley)

ジャスティン・リプリー(ウォーレン・ブラウン)

警視(DCI=Ditective Chief Inspector)/DSU(?調査中です)。シーズン1ではルーサーの監査にやって来てルーサーを鋭く分析。シーズン2からは、ローズ・テラー警視が責任をとって辞任したためシェンク警視がルーサーの上司としてSCUのボスに就任。前任者のテラー警視よりもルーサーの能力を買っている。

ダーモット・クロウリー(1947年3月19日-)は、アイルランドの舞台、映画、テレビ俳優。

マーク・ノース(Mark North)役→ポール・マッギャン(Paul McGann)

右から2人目がゾーイの新恋人マーク・ノース(ポール・マッギャン)

ルーサーの妻ゾーイの新しい恋人。

ポール・マッギャン(Paul John McGann、1959年11月14日 – )は、イギリスの俳優。
リヴァプール出身。ロンドンの王立演劇学校に学ぶ。
兄と2人の弟も俳優。また、息子のジェイク・マッギャンも俳優である。

引用元:Wikipedia

ベニー(ベンジャミン)・シルバー(Benny Silver)→マイケル・スマイリー(Michael Smiley)

ベニー・シルバー(マイケル・スマイリー)

ITを駆使する捜査官(DS)。シーズン1では、IT部署の一員でしかなくあまり目立たなかったが、シーズン2からは連続殺人事件捜査チームの一員になり、どんどん重要な役に。ルーサーを信頼しており、彼の依頼にはすべて応じる頼れる同僚。

マイケルスマイリー(1963年生まれ)は、北アイルランドのコメディアンおよび俳優。彼は映画「キルリスト」(2011)とロブスター(2015)でよく知られている。

ジョージ・コーネリアス(George Cornelius)→パトリック・マラハイド(Patrick Malahide)

ギャング王ジョージ・コーネリアスを演じるパトリック・マラハイド

ギャング王。シェンク警視が若い頃から、一定の範囲内で彼の悪を容認することで警察とギャングの対立を激化させずに来たが、ルーサーとアリスがコーネリアスと深く関わったことでその均衡が崩れる。

パトリック・マラハイド(Patrick Malahide, 本名:Patrick Gerald Duggan、1945年3月24日 – )は、イングランドの俳優。バークシャー・レディング出身。両親はアイルランド人。
テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のベイロン・グレイジョイ役で知られる。

引用元:Wikipedia

キャサリン・ハリデイ(Catherine Halliday)→ウンミ・モサク(Wunmi Mosaku)

(C) BBC – Photographer: Des Willie

シーズン5から登場するルーサーの新相棒キャサリン・ハリデー巡査部長(DS)。シェンク警視がルーサーにアドバイスする場面がある。「この制度には不満だが、他の公的機関から来た者は早い昇進が約束される。10分後にはハリデー警視になるだろう」。日本で言えば「キャリア(上級職官僚)」といったところだろう。

ウンミ・モサク(1986年生まれ)は、ナイジェリア生まれのイギリス人女優兼歌手。彼女は、BBCの2つのミニシリーズ「モーゼスジョーンズ」(2009)、およびITVシリーズ「ベラ」(2011–12)のホリーローソン役で知られている。彼女は、TV映画「Damilola、Our Loved Boy」(2016)のグロリアテイラー役で、2017 BAFTA TV Award for Best Supporting Actressを受賞。

引用元:Wikipedia

イギリス警察の階級と対応する日本警察の呼称

英国警察の階級日本警察の呼称
CC(Chief Constable)警視監
DCC(Deputy Chief Constable)警視監補
ACC(Assistant Chief Constable)警視長
DCS(Detective Chief Superintendent)Detectiveは刑事の意、以下同。刑事でない場合はDを除く。警視正
DSI(Detective Superintendent)警視
DCI(Detective  Chief Inspector)警部
DI(Detective  Inspector)警部補
DS(Detective Sergeant)巡査部長
DC(Detective Constable)巡査

シーズン6はいつ?

ファンとしては当然シーズン6を期待するが、予定はあるのだろうか。

主演のエルバは以前、取材にこう答えている。
「今シーズンで終わりではない。しかし、実際にいくつかの変化が起こるだろう」

後に彼は、次のように語った。
「テレビ版を制作するつもりはないと思います。次のステップは映画を作ることです」

シーズン6は望み薄だが、劇場版は期待できるということらしい。

『刑事ジョン・ルーサー』のクリエイターたち

エグゼクティブプロデューサー フィリッパ・ジャイルズ(Phillippa Giles)

監督 サム・ミラー Sam Miller

脚本 ニール・クロス Neil Cross

音楽 ポール・イングリッシュビー(Paul Englishby)

キャスティング アンディ・モーガン(Andy Morgan)

プロダクション・デザイン ポール・クロス(Paul Cross)

アートディレクション アダムA.マキン(Adam A. Maki)

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる