『ユニークライフ』あらすじ、感想、解説、シーズン4は?[心温まるドラマ]

はてなちゃん

心温まる海外ドラマを紹介してもらえますか。

そんなあなたのご要望にお応えします。

両親と妹と一緒に暮らす18歳の自閉症スペクトラム障害のサム。その彼がある日、女の子とデートがしたいと宣言。

atyapicalな主人公サムの生き方が観る者の心を揺さぶる、おかしくも心温まるドラマだ。

シーズン2からは自閉症の俳優や作家を起用したことでよりリアルさを増し、視聴者の涙腺を刺激する。

スポンサーリンク
目次

主な登場人物

サム・ガードナー:南極大陸のペンギンを愛する自閉症スペクトラムの18歳の若者。

エルサ・ガードナー:サムとケイシーの過保護な母親。

ケイシー・ガードナー:サムの妹。運動能力に優れ、名門私立クレイトン高校の奨学金を得る。

ジュリア・ササキ:サムのセラピスト。サムが初めて好きになる女性。

ダグ・ガードナー:サムとケイシーの父、エルザの夫。救急隊員として働いており、エルザに裏切られたことで彼は非常に落ち込む。

エヴァン・チェイピン : ケイシーのボーイフレンド。地元のピザ屋で働いていたが、後にダグと同じ救急隊員の道へ。

ザヒード・ラージャ:家電販売店で一緒に働くサムの親友

ニック:エルザの浮気相手となるバーテンダー

ペイジ・ハーダウェイ:サムのガールフレンド。サムにとって最初は「練習用のガールフレンド」だったが後に本当のカップルに。

イジー:クレイトン高校の陸上部キャプテン。ケイシーの親友になり、後にガールフレンドに。

ミーガン:ダグの女性の友人であり、自閉症支援グループの親友。

ベス・チェイピン:エヴァンの妹。太っていることを意地悪な女の子のベイリー・ベネットにいじめられるのを目撃したケイシーがベイリーを殴ったことがきっかけとなり、ケイシーはベイリーの兄エヴァンと出会う。

  • シャリス:ケイシーの友人。
  • ベイリー・ベネット:ケイシーの同級生。
  • チャック:ダグのEMTパートナー。
  • ルイーザ:エルサの友人。
  • ジャスパー:デントン大に入学するピアグループの学生。
  • アンバー:ミーガンの娘。
  • ネイト:イジーの元ボーイフレンド。
  • ウィテカー:カウンセラー。サムにデントン大への進学を勧める。
  • ボブ:サムとザヒドが働く家電量販店「テクトロポリス」の上司。
  • グレッチェン:ザヒドのガールフレンド。
  • アビー:サムの同級生。
  • ジャッド教授:デントン大学の倫理学教授。
  • シネロック教授:デントン大学の芸術教授。
ピアグループ【peer group】

《peerは、同僚・仲間の意》年齢・社会的立場・境遇などがほぼ同じ人たちで構成されるグループ。

『ユニークライフ』シーズンごとのあらすじ

シーズン1 あらすじ

サムはセラピストのジュリアに恋してしまう。

コネチカット州に住む自閉スペクトラム障害の18歳の少年サム・ガードナーは、26歳の女性セラピストのジュリアからセラピーを受けている。

サムはセラピーで、周囲の話が分からない時は自己刺激行動とともに、自分ではムリなことを考えるとジュリアに言う。

たとえば南極でペンギンの研究とか女の子との付き合うとか、と。

するとジュリアは、「自閉症者も恋人を見つけている。探してみたら?」とアドバイス。

サムは、女の子とデートするための情報を集め、実践しようとするがが、上手くいかない。

そんなサムに、子離れできない母親のエルザは、気が気ではない。

父親のダグは息子とのつながりに苦労してたが、サムから女性の扱いについてのアドバイスを求められて喜ぶ。

サムがチョコレートかけイチゴを、好きな女性に渡したいというので、サムを彼女の家まで連れて行く。

父親タダグはサムの相手が、サムのセラピストであるジュリアであることを知って戸惑う。

ダグはサムに、ジュリアではなく、自分と同じ年齢のガールフレンドを見つけるよう助言する。

サムは、「練習用のガールフレンド」が必要だと気づき、友人や家族の助けを借りて、「デート」や女の子との微妙な関係を学び始める。

サムが自立を始めたことで、母親のエルサはサムの守護者としてではない人生を見つけようとする。

家族の誰からも必要とされていないと感じたエルサは、他人からの注目を求め始める。

ダンスクラスの友達とバーで過ごした時、エルザはそこのバーテンダーと出会い、彼と肉体関係を持ってしまう。

エルサは心の隙間を埋めるためバーで出会ったニックと浮気をしてしまう。

サムの妹のケイシーは、陸上競技の成績によって私立の名門クレイトン高校の奨学金をもらえることになり転校を考えるが、自分がサムとは違う高校に転校することがサムにとって悪い結果をもたらすのではないかと心配する。

父ダグが、かつて一時期とはいえ、サムとしっかり向き合えず、家族を捨てたことが分かり、ケイシーは動揺する。

ジュリアはサムが残したチョコかけイチゴを見つけ、それがボーイフレンドの仕業だと誤解し、彼と別れてしまう。

クラスの女の子ペイジから告白されたサムは、ペイジの長所と短所をリスト化し、好きになれるかどうかを判定する。

ペイジは自閉症者に優しい、騒々しくないヘッドフォンでのダンスパーティを提案し、実行に移す。

サムとペイジ

サムは初体験に備え、事前調査を行う。

ペイジの家族との夕食会に招かれたサムは…。

ケイシーは浮気をした母が許せず、エヴァンともギクシャクしてしまう。

自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)

「自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder: ASD)」は、対人関係が苦手・強いこだわりといった特徴をもつ発達障害の一つです。近年では、早ければ1歳半の乳幼児健康診査でその可能性を指摘されることがあります。
引用元 すまいるナビゲーター

『ユニークライフ』シリーズ1予告篇(YouTube)

\本篇を観るなら/

シーズン2 あらすじ

イジーとケイシー

エルザの浮気事件を知ると、ダグはすぐに彼女を家から追い出し、すべての家事を自分でするようになる。

サムは、新しいセラピストを見つけるのに苦労しイライラが募る。

転校の不安でいっぱいのケイシーは、そんなサムと衝突する。

父ダグと母エルサは今後のことを話し合う。

自閉症学生グループの会に参加したサムは、指導カウンセラーであるウィテカーから、大学に進み、自閉症の学生のためのグループに参加するように勧められる。

ケイシーは、クレイトン高校では皆に歓迎されていないと感じる。

しかし、最初は意地悪だった陸上部のキャプテンであるイジーと自分に共通点があることを知り、親しくなる。

2人は親密な関係になり、ケイシーはやがてイジーに恋愛感情を抱くように。

サムは友人のザヒードから「ウソのつき方」を学び、一方、エルサは正直になろうとする。

産婦人科の診察を受けたジュリアは、現実と向き合う。

アルバイト先で出会った親友のザヒードと

サムは、自分のおカネを自分で管理したいと言い出す。

ダグは、夫婦の悩みをメーガンに打ち明ける。

エヴァンはケイシーの新しい同級生たちと会い、違和感を覚える。

進学に備え、外泊に慣れるため、ザヒードの家にサムは泊まろうとするが、環境が変わって寝付けないサムは外に出て、警察に逮捕されてしまう。

ケイシーは、イジーの彼氏であるネイトからキスされそうになったことをイジーに伝えるが、それによって2人の仲は再び悪化。

サムは、美大に提出する作品を失くしパニックになる。

ダグは、メーガンから気のある素振りを見せられ、心が動く。

ジュリアは恋人のマイルスに電話をかける。

ケイシーの希望を無視して、エルサはケイシーの誕生会を盛大に催す。

ダグは、妻の浮気相手のことが頭から離れない。

サムのペンギンの絵が、カウンセラーのウィテカーによって見出され、デントン大学の科学イラスト・プログラムを勧められ、合格する。

卒業アルバムの寄せ書きに悪口を書かれてパニックを起こすサム。

そのことに真剣に怒ってくれたペイジ。

高校の卒業式で総代として答辞を読むはずだったペイジだが、その時に怒鳴ったことが原因で喉を痛め、壇上に上がろうとしない。

そこでサムはペイジに恩返しすべく立ち上がる。

『ユニークライフ』シリーズ2予告篇(YouTube)

シーズン3 あらすじ

サムは教授からペンギンの本質を問われる。

ペイジはサムに、2人の今後についてある提案をする。

エルサはダグとの新たな向き合い方を模索する。

サムは大学に入学し、成長するためのプレッシャーに向き合う。

倫理学の授業では、時間内に発言しないと単位を与えないと教授が言うが、サムは時間内に発言できず苦戦する。

サムは彼が描いたペンギンの絵について大学の教師から言われた写実を超えた「ペンギンの本質」が何であるかを理解しようと努める。

水族館でペンギンを観察。サムにとっては心が落ち着く場所だ。

エルサはダグとメーガンの関係が気になり落ち着かない。

ケイシーは大学のUCLAへの進学を夢見て、エヴァンにも大学を勧めまるが、エヴァンは嫌がる。

サムもケイシーも友情の板挟みとなり悩む。

サムは、ザヒードとの友情にヒビが入り、ペイジとの恋も厳しい状況を迎える。

ケイシーとイジーは関係を深める。

サムはケイシー、ペイジ、アビーの力を借りて、恋に狂って看護師の夢を捨てようとしているザヒードを思いとどまらせようとする。

人生の岐路に立つダグは、大きな決断を下します。大きな決断をする。

『ユニークライフ』シリーズ3予告篇(YouTube)

『ユニークライフ』の感想

自閉症スペクトラム障害のサムは、ウソがつけず何でも正直に言ってしまうため、周囲に波風を立て、変人扱いされる。

しかし、正直で何に対しても一所懸命な彼を理解する人は、彼を愛する。

妹のケイシーはその1人だが、こんな妹がいたら幸せだろうと思わせる本当に良い少女だ。

その彼女も小学生や中学生の頃には荒れたことがあったようで、両親がサムにかかりきりなのに嫉妬したのだろうかと想像する。

世話を焼き続けて来たサムが自立し始めると、母のエルサは誰からも必要とされていないという「錯覚」に陥り、自分を求めてくれるバーテンダーと浮気をしてしい、家族関係にヒビを入れてしまう。

母とその男がキスをしているところをたまたま目撃してしまった娘のケイシーは、母エルサへの反発を強める。

人は誰しも、誰かに必要とされていたいもので、エルサの気持ちも分からないではない。

だが、実際は必要とされていないなどということはなくて、それゆえ「錯覚」と先述した。

手のかかる自閉症の息子の面倒をみることがここ十数年の彼女の人生だったわけで、だからサムが自立を始めて手がかからなくなると、心にポカっと穴が空いた状態になってしまった。

その穴を埋めようとした結果が浮気だったのだが、そんなことで心の隙間は埋まるはずはなく、悪化した家族関係を修復しようとする。

サムは正直なゆえに問題となるが、彼の家族や友人は、不正直なゆえに摩擦や軋轢を生む。

結局、人生に問題はつきものということになるが、ウソをつかないサムにホッとする人も多いのではないかと思う。

だからサムに惹かれ、ガールフレンドになるペイジの気持ちも分かる。

本当のことを言われて傷つくこともあるが、サムはウソを言わないから信頼できる。

多くの人はウソで問題を回避しようとして、問題をより大きくしてしまう。

自閉症スペクトラム障害などと「症」とか「障害」とかの名称を付けられた人は、病んでいる人のように思われがちだが、病んでいるのはむしろ健常者のほうではないか。

このドラマを観ているとそんな風にさえ思えて来る。

このドラマの原題は「ATYPICAL」。発音をカタカナ表記するのは難しいが、あえて記せば「エティピカル」。

典型的な、代表的なという意味のTypicalの否定形で、辞書引くとと不定型の,異常な,アブノーマルな; 不規則なとある。

エティピカルでは馴染みがないし、意味的にも誤解を招かないよう、邦題では『ユニークライフ』としたのだろうが、ニュアンスが違う気がする。

世の中の「普通」とか「常識」とかの型にハマらないのがサムのような「atypical」な人なのであって、ユニークとは違うからだ。

タイトルの問題はともかくとして、atypicalな人々を、普通ではない、典型的ではないと排除する世の中であってはならない。

このドラマは私たちに、多様性を受け入れることの大切さを笑いのある物語を通じて、感じさせ、考えさせる。

『ユニークライフ』の解説

Atypicalは、ロビア・ラシド(Robia Rashid)がNetflixのために制作したアメリカのコメディードラマ・ストリーミング・テレビシリーズだ。

自閉症スペクトラム障害のある18歳のサム・ガードナー(SamGardner、Keir Gilchrist演)の人生に焦点を当てている。

自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)

「自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder: ASD)」は、対人関係が苦手・強いこだわりといった特徴をもつ発達障害の一つです。近年では、早ければ1歳半の乳幼児健康診査でその可能性を指摘されることがあります。
引用元 すまいるナビゲーター

彼女はカリフォルニア州立大学のUCLAの自閉症研究治療センターで働いていたミシェル・ディーン教授に相談した。

スタッフは、たくさん話し、調査をし、映画を見たり、本を読んだという。

シーズン2の10のエピソードのうち7本は女性によって監督され、執筆チームの半分は女性だった。

エグゼクティブプロデューサーのメアリー・ローリヒは、「より多くの女性監督と女性の多様性をもたらした」と語っている。

最初のシーズンは2017年8月11日にリリースされました。 8エピソードで構成されている。

10エピソードの第2シーズンは、2018年9月7日にリリースされた。

10エピソードの第3シーズンは、2018年10月に更新され、2019年11月1日にリリースされた。

最初のシーズンは、ほぼ肯定的なレビューを受けたが、自閉症の俳優が不足していることと自閉症の描写の不正確さが批判の対象になった。

シーズン2は、自閉症の俳優と作家が多く参加し、肯定的なレビューを受けた。

シーズン3はそれを引き継げ、圧倒的に肯定的なレビューを受けた。

『ユニークライフ』シーズン4は?

2020年2月、シリーズは第4シーズン(最終シーズン)に更新されました。

最終シーズンの10エピソードは、2021年に初公開される予定です。

評価

IMDbでの評価は、57,390件の評価で8.3/10。Rotten Tomatoesでは87%の支持を受けている。(2020年12月23日現在)

シーズン1への評価

Metacriticでは、最初のシーズンは20件のレビューに基づいて66/100点を獲得。

Rotten Tomatoesでは77%のスコアを獲得した。

サム役のギル・クリストの演技を含む演技は一般的には好評だったが、一部からはギル・クリストの描写は不正確でステレオタイプであるとして批判を受けた。キャストにクリストファー役のアンソニー・ジャックを除く自閉症の人がいないことも疑問視された。

シーズン2への評価

自閉症のデビッド・フィンチが執筆チームに加わり、ミラクルプロジェクトの8人の自閉症俳優は、サムが参加するピアサポートグループのメンバーとして第2シーズンで脇役を務め、他の自閉症俳優は自閉症者を演じた。

「ロサンゼルスタイムズ」紙のロレイン・アリは、「ユニークな視点、鋭いユーモアと共感」を賞賛し、「多くの感動的で厄介な瞬間」を伴う「驚くほど非定型の家族ドラマ」と記した。

シーズン3への評価

シーズン3は圧倒的に好評だった。 Rotten Tomatoesでのシーズン3への評価は、6人の評論家からのレビューに基づいて100%を記した。

『ユニークライフ』制作データ

  • 題名:『ユニークライフ』原題:「ATYPICAL」
  • :アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 話数:シーズン数3、エピソード数28
  • 1話の長さ:26〜38分
  • オリジナル・ネットワーク:Netflix
  • オリジナル公開日:2017年8月11日

『ユニークライフ』キャスト

メインキャスト

キーア・ギルクリスト(Keir Gilchrist) サム(Sam Gardner,)役 1992年9月28日英国生まれの俳優。『なんだかおかしな物語』 (2010)、『イット・フォローズ』 (2014)、『 グッド・ネイバー』 (2016)んどに出演。

ジェニファー・ジェイソン・リー(Jennifer Jason Leigh) エルサ(Elsa Gardner)役 1962年2月5日米国生まれの女優、プロデューサー。TV映画『ディズニーランド: The Young Runaways(1978)、TVシリーズ『刑事バレッタ 』(1975)、映画『他人の眼『(1981)、『初体験 リッジモント・ハイ』 (1982)などに出演。

ブリジェット・ランディ(Brigette Lundy-Paine) サムの妹のケイシー(Casey Gardner)役 1994年8月10日米国生まれの女優、ファッションアイコン。

エイミー・オクダ(Amy Okuda) セラピストのジュリア(Julia Sasaki)役 1989年3月6日米国生まれの日系女優。映画デビュー作は『Chastity Bites』(2013)。

マイケル・ラパポート(Michael Rapaport) サムの父ダグ(Doug Gardner)役 March 20, 1970年3月20日米ニューヨーク生まれの俳優、監督。『チャイナ・ビーチ』 (1988) 、『トゥルー・ロマンス』 (1993)、『ハイヤー・ラーニング』 (1995) 、『誘惑のアフロディーテ』 (1995)、ボストン・パブリック (2000)、『おいしい生活』 (2000)、『 最後の恋のはじめ方 』(2005)、『ギャングバスターズ』 (2012)、『デンジャラス・バディ』 (2013)など多くの作品に出演。

リカーリング

  • グレアム・ロジャース(Graham Rogers) ケイシーのボーイフレンドのエヴァン(Evan Chapin/Evan Tuba)役
  • ニック・ドダニ(Nik Dodani)サムの親友のザヒド(Zahid Raja,)役
  • ラウル・カスティーロ(Raúl Castillo)エルサの浮気相手のニック(Nick)役
  • クリスティーナ・オフリー(Christina Offley) ケイシーの友人シャリス(Sharice)役
  • レイチェル・レッドリーフ(Rachel Redleaf)エヴァンの妹ベス(Beth Chapin)役
  • アリエラ・ベアラー(Ariela Barer)ベイリー(Bailey Bennet)役
  • アンソニージャック(Anthony Jacques)クリストファー(Christopher)役
  • カール・T・ライト(Karl T. Wright)チャック(Chuck)役
  • ニナ・アメリ(Nina Ameri)エルサの友人ルイーザ(Luisa)役
  • フィヴェル・スチュアート(Fivel Stewart)ケイシーの転校先で出会い親友になり、後にガールフレンドになるイジー(Izzie)役
  • エンジェル・ラケタ・ムーア(Angel Laketa Moore)自閉症支援グループで出会ったダグの友人メーガン(Megan)役
  • ドモニーク・ブラウン(Domonique Brown)デントン大のピアグループでの友人ジャスパー(Jasper)役
  • レイラ・ワイナー(Layla Weiner)メーガンの娘アンバー(Amber)役
  • グラハムフィリップス(Graham Phillips)イジーの元カレのネイト(Nate)役
  • ケイシー・ウィルソン(Casey Wilson)カウンセラーのミス・ウィテカー(Ms. Whitake)
  • ジェフ・ローゼンタール(Jeff Rosenthal)サムとザヒードが働く「Techtropolis」の上司ボブ(Bob)役
  • サラ・ギルバート(Sara Gilbert)サムの倫理学のジャッド教授役
  • アリー・レイ・トレハーン(Allie Rae Treharne)ザヒードのガールフレンドとなるグレッチェン(Gretchen)役
  • キミア・ベプールニア(Kimia Behpoornia)サムの友人アビー(Abby)役
  • エリック・マコーマック(Eric McCormack)サムが「デントン障害者サービス」でボランティアをして出会う新しい友人シド(Sid)役

\リカーリングとは?/

クリエイター

  • 企画:ロビア・ラシド(Robia Rashid)
  • 監督:マイケル・パトリック・ジャン(Michael Patrick Jann)ほか…
  • 脚本:ロビア・ラシド(Robia Rashid)ほか…
  • エグゼクティブプロデューサー:ロビア・ラッシド(Robia Rashid)、セス・ゴードン(Seth Gordon)、メアリー・ローリヒ(Mary Rohlich)ほか…
  • プロデューサー:ジェニファー・ジェイソン・リー(Jennifer Jason Leigh)ほか…
  • 音楽:ダン・ロマー(Dan Romer)
  • 撮影:ジョー・ケスラー(Joe Kessler)、トム・メイギル(Tom Magill)、グレッグ・ダニエルズ(Greg Daniels)
  • 編集:レベカ・フリードマン(Rebekah Fridman)ほか…

\『ユニークライフ』を観るなら/

WordPressのテーマはSWELLで決まり↓

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる