[WF-1000XM4]ソニー・ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン購入レビュー【おすすめ商品】

評判の良いソニー ・ワイヤレス・ノイズキャンセリング・イヤホン WF-1000XM4を購入しましたので、紹介したいと思います。

\紹介する商品はこれです/

目次

ソニー ・ワイヤレス・ノイズキャンセリング・イヤホン WF-1000XM4とは?

WF-1000XM4は、2021年6月25日にソニーから発売された最新モデルです。

前モデルのWF-1000XM3より進化を遂げ、価格以上の満足が得られる商品です。

簡単に大きな特徴を述べますと次の3つです。

  1. 音質の良さが抜群!
  2. ノイズキャンセリング機能が凄い!
  3. 外音取り込み機能が進化

順に説明します。

1.音質の良さが抜群!

「DSEE Extreme(ディーエスイーイー エクストリーム)」を搭載したことで、AIによる、さまざまな音源を楽曲に合った最適な高音質の臨場感をもたらしてくれます。

また、「LDAC(エルダック)」コーデックに対応しているので、LDAC対応機器と接続すると従来のコーデックの3倍の情報量転送により、細かい音まで忠実に再現してくれます。

2.ノイズキャンセリング機能が凄い!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61yGmZojIbS._AC_SL1000_.jpg

周囲の環境音や人の話し声などの雑音を遮断してくれるノイズキャンセリング機能が凄く、飛行機の中や騒音がうるさい中で睡眠をとる時などの耳栓にもなります。

外出時のゴーッという風の音も軽減してくれます。

3.外音取り込み機能が進化

たとえば音楽を聴きながら人と話さなくてはならなくなった時、イヤホンをタップすればOK。

外音取り込みモードに切り替えることができ、いちいちイヤホンを外さなくても外音が聴こえるようになります。

イヤホンをいちいち外すことによって落とすリスクがありません。

もう少し機能を並べると次のようになります。

  • 完全ワイヤレス
  • Amazon Alexa搭載
  • Bluetooth
  • LDAC対応
  • ハイレゾ相当 最大8時間連続再生
  • 高精度通話品質
  • IPX4防滴性能
  • ワイヤレス充電対応/2021年モデル
  • マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM

WF-1000XM4の詳しい特徴

さらに詳しい特徴は次のようになります。

  1. 大幅なノイズキャンセル性能向上。業界最高クラスノイキャンを実現。WF-1000XM3比大幅向上。風のノイズも大幅に軽減。統合プロセッサV1と進化した6mmドライバー、新しいイヤーピースでノイズキャンセリング性能向上
  2. LDAC対応。360RAにも対応。圧倒的高音質を実現。
  3. 通話性能大幅強化。4つのマイクとセンサーで高度な音声信号処理を実施。
  4. 耳への装着性向上。エルゴノミック・サーフェース・デザインで従来より接触面を増やし装着安定性を実現。
  5. IPX4搭載の防滴性能。雨や汗を気にせず音楽楽しめる。
  6. 統合プロセッサ―V1により接続安定性向上
  7. バッテリー性能向上。本体バッテリー8時間・ケース充電12時間、合計24時間。スマフォからのおすそわけ充電も対応。
  8. 最大通信距離:10m
  9. 統合プロセッサ―V1により接続安定性向上
  10. バッテリー性能向上。本体バッテリー8時間ケース充電12時間、合計24時間。スマフォからのおすそわけ充電も対応。

引用元:Amazon

ケーブルの特徴ケーブルなし
形状イヤホン
電池付属
電池使用
メーカーソニー(SONY)
製品型番‎WF1000XM4 BM
発売年‎2021年6月
付属品充電ケース・USBケーブル・ノイズアイソレーションイヤーピースS/M/L2
その他 機能マイク付き、 軽量、 防汗
接続方式無線
ヘッドホン型式インイヤー

スマホ画面の操作

スマホの画面では、下記のような画面で細かい設定ができます。(iPhoneの画面です)

口コミ評価は、Amazonでは4.6/5.0

ネガティブレビュー

ピクシー ★★☆☆☆ 2021年6月30日

WI-1000Xからの乗り換えです。

【音質】
素人意見ですが、WI-1000Xと大差なし。むしろ個人的にはWI-1000Xの方が好みの音でした。少なくとも結構なお金をもらってステマをしているYouTuberの評価を鵜呑みにすべきではないです。

【ノイズキャンセリング】
流石にWI-1000Xよりは格段に良くなってると感じます。

【安定性】
他の方も指摘されていますが、YouTube等でノイズキャンセリングの瞬断が頻発します。流石にアップデートが入ると思いますが…

全体的にバランス良くまとまっている印象ですが、3万円の価値はないと思います。総じて商品価値1万円+SONYブランド料2万円=3万円の商品という印象
58人のお客様がこれが役に立ったと考えています。

佐々木優太 ★★☆☆☆ 2021年6月27日

以下は個体による不具合かは分からないですが、起こったことを書きます。

・iPhoneでLINE通話をした際に、イヤホン接続されているにも関わらず、音も聞こえず、マイクも反応しない。結局イヤホンを外して、iPhoneで直接通話するはめに…設定がおかしいのでしょうか?にしても他のワイヤレスでは起こらないです。

・同様な事象ですが、PCでteamsで通話した際に、きちんとデバイスとして認識されているのに、全く声聞こえないし、マイク反応しない

・他のレビューでもありましたが、ノイズキャンセリングが瞬断されて、気持ち悪い

音楽とかは問題なく聞けてますが、通話できないのは、致命的すぎて、個体による不具合ならよいのですが、返品を考えています。

musa苦爺 ★★☆☆☆ 2021年7月3日

室内であまり動かないときは特に問題ないが
外に出歩いたりすると振動を拾うのか
勝手に再生が停止、再開したり
外音コントロール(ノイキャン、オフ、外部音取り込みモード)が
勝手に切り替わったりする。
頭にきたのでアプリでタッチセンサーoffにしても
やっぱり勝手に切り替わる。
屋外では使い物にならん。
アプリも使いにくいし3万円オーバーの商品とは思えないほどひどい。
appleのAirPodsPro、BOSEのQuietComfort® Earbudsも持っているが
音質は(個人的好みだが) WF-1000XM4>= QuietComfort® Earbuds>AirPodsPro
使い勝手は AirPodsPro> QuietComfort® Earbuds>>>WF-1000XM4
正直言ってどれも一長一短というか決定版とはいえない。
ノイキャンワイヤレスイヤホンというのは
まだまだ発展途上の商品だと思わざるを得ない。
ノイキャンワイヤレスイヤホンを買おうかなと思ってる人は
もう数年待った方がいい。

ポジティブレビュー

はりねっず ★★★★★ 2021年6月25日

Version1.2.6で改善された内容
①Bluetooth接続の安定性
②ノイズキャンセリングや外音取り込みが切れる事象
③その他の機能

発売から1ヶ月と2日経て、遂に不具合を解消する為の
ソフトウェアアップデートが配信されました。
未だ在庫が安定しないなど、PS5にも見られるSONYの販売戦略の甘さは
見られますが、特にノイキャンが途切れる不具合は致命的とも言えるもの
だった為、それが改善されたのは大きな一歩と言えるでしょう。

Amazon Customer  ★★★★★ 2021年6月26日

販売日購入であってWF-1000XM3からの買い替えとなります。
Android(Galaxy Z Fold2)で使用しています。

XM3から比べて、LDACでの接続では音源がそれなりであれば、
体感の音質がかなりアップしていると感じると思います。

付属のイヤーピースは好みだと思うので合わない人は、
合うものを探しましょう。(私はXM3付属のものが一番あっているようです)

タッチセンサータップ時の動作が変わり、デフォルトだとアンビエントサウンドと
ノイズキャンセリングのトグルになっていますが、Headphones Connect で、
OFFを選ぶとタップ時の設定が増えます。

総じてXM3から機能アップしていますので、旧製品ユーザは買い替えて損はないと
思います。LDACが利用できないユーザは焦る必要はないかもしれないですが。

N  ★★★★★ 2021年6月27日

皆さんレビューは参考程度にとどめ、是非ご自分で購入前に試聴するなりしましょう。
別に自分はSONYの回し者でも何でもありませんが、YouTuberがどうのこうのと言った「YouTuberの本製品のレビューに対する評価(そもそも誰が、もしくは何人がノイキャン一番などと言ったのか…、私の見たレビュアーさんはほとんどランキング形式での言及はしていませんでした)」でこの製品の評価が極端に下がるのは不本意です。

まず音質についてですが、ワイヤレスである以上有線イヤホンと比べて劣化するのは必然です。ワイヤレスにはそれ以外に魅力的な部分があるのですから、その点も加味して総合的に判断する必要があるでしょう。そしてそれを抜きにしても、私にとってこの製品の音質は良いと思います。いわゆる万人受けするソニーの音作りで、ワイヤレスイヤホンの中ではもちろん、下手な有線イヤホンよりよっぽど良く聴こえます。ほかの機種では対応していないようなLDACなどのコーデックにも対応していたり、DSEE EXTREMEという技術によるアップスケーリングなど、音質にこだわる姿勢がヒシヒシと伝わってきます。安い有線の方が綺麗に聞こえるというのならば、それは最早好みの領域ではないでしょうか。

また、この製品の目玉の一つであるノイズキャンセリングについては、今回採用された新しいイヤーピースも相まってかなり効きます。私個人としてはあのタイプのイヤーピースは苦手で現在は違うものを使用していますが、それでもちゃんと効きます。そしてきちんと密閉されているか診断できる機能もアプリであります。評判の良い機種で比較すると、airpods proが8.5、本製品が9、Boseが9.5といったところでしょうか。どれも音楽を聴く際には全く支障なく、カフェなどで集中してノイズキャンセリングのみを使って作業する際にも対応できると思います。どうしても性質上、高音はキャンセルしづらいので、人が何かを喋っている声などが入ってきますが、その量が点数の差だと思っていただければ間違いありません。Boseと比較して貶している人がいますが、このレベルで満足できないなら、現状その人に見合うレベルのイヤホンはありません。Boseでも人の声などの高音はきっとし切れていません。
補足として、他のレビュアーさんが言及していたノイズキャンセリングが一瞬途切れる現象は確かに起こっています。アプリを閉じたり開いたりする際などに、一瞬フワッと勝手に切れます。頻繁に起こるとかなり不快なので、この点は早急にアップデートなどで対処していただきたいところです。

(追記)2021年7月28日、ソフトウェアアップデートが来てこの現象について改善がなされました。

他のレビュアーさんがおっしゃるようなノイキャン使用時の足音の共鳴、自転車で走行中の振動音などは感じたことありません。というか自転車走行時のイヤホンとか非常識にも程があるわ!しかし、ノイキャンや外部音取り込みのために何個もマイク積んでるんだから、そりゃ振動音感じるかもですね。ソニーはそんな危険な使用を想定していません。

外部音取り込みについては、上記2種に比べ少し劣ります。本製品8、airpods pro9、Bose9.5といったところでしょう。若干サーというノイズが載りますし、自然さも(比べれば程度ではありますが)負けています。しかしレジなどでの使用には十分だと言えます。また、ノイズを抑え人の声に特化したモードがあるのはgoodです。

その他にも、前作からの進化として大幅なケースの小型化、ワイヤレス充電への対応、防水対応、装着感や遮音性の向上などが挙げられます。私は様々な理由から前作を使用しておりませんでしたが、これからはこちらの機種をとりあえずメイン機として使っていこうと思います。確かにノイキャンや外部音取り込み、音質など、一つ一つを見れば有線やBoseなどに劣るかもしれませんが、私は総合的に見て素晴らしいと感じたこちらの機種を使います。逆に、ほかの機能はどうでもいいからとにかくノイキャンが強いのが良い!という方はBoseを買いましょう(私はBoseの音質が全く良いと思えなかったので…)

引用元:Amazon

WF-1000XM4とAirPods Proの性能比較

決して安いとは言えないWF-1000XM4。当然、対抗機種のAirPodProと比べ、悩みますよね。

そこで、WF-1000XM4とAirPods Proの性能を比較してみました。

商品WF-1000XM4 (SONY)AirPods Pro (Apple)
形状カナル型カナル型
連続音声再生時間最大12時間 (ケース込み:最大36時間)最大4.5時間 (ケース込み:24時間以上)
急速充電〇(5分の充電で最大60分の連続再生)〇(5分の充電で約60分の連続再生)
ワイヤレス充電
コーデックSBC/AAC/LDACAAC
通信方式Bluetooth 5.2Bluetooth 5.0
ノイズキャンセリング
外音取り込み〇 (クイックアテンションモード)
防水性能IPX4IPX4
マイク
マルチペアリング
重さ約7.3g × 25.4g × 2

軽さはAirPodsが勝っていますが、連続再生時間ではWF-1000XM4が圧倒的な力を見せつけています。

外音の遮断性はWF-1000XM4が○。外音取り込みの性能もWF-1000XM4が○。

とにかくWF-1000XM4のノイズキャンセリング機能が凄すぎます。

あくまで筆者の主観ですが、肝心な音質もWF-1000XM4のほうが勝っていると感じました。

まとめ

評判の良いソニー ・ワイヤレス・ノイズキャンセリング・イヤホン WF-1000XM4を購入しましたので紹介しました。

筆者は、iPhoneを使用していますので、ワイヤレスイヤホンの購入を検討した時、AirPodsProのほうが相性が良いかと思い、店頭と友人のもので2製品を比べて、結局WF-1000XM4を購入しました。

\この記事で紹介した商品はこれです/

\もしかしたらこちらが安いかも/

よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる