[Rank Tracker]の使い方〜キーワードの追加方法〜1語ずつ or サチコ、Ubersuggestからコピペ

はてなちゃん

RankTrackerを買いましたが、キーワードはどのように追加すれば良いのでしょうか?

そんなあなたのお悩みを解決します。

検索順位チェックツール「RankTracker(ランクトラッカー)」でキーワードを追加する方法を2つ解説します。

「RankTracker」オーダーはこちらから

スポンサーリンク
目次

RankTrackerで知りたい順位のキーワードを設定する方法

1、RankTrackerを開き、上方の「キーワードの追加」をクリックします。

2、現れたキーワード欄にビッグキーワードとロングテールキーワードを1行につき全部で3語ほど入力します。

3、「次へ」をクリックします。

4、「完了」をクリックします。

RankTrackerが検索順位のチェックを開始します。

以上は、一語一語入力する方法ですが、Googleサーチコンソール(サチコ)を使って入力する方法をご紹介します。

サチコに登録してない方は、登録を終えてから行ってください。

サチコ(またはUbersuggest)を使ってキーワードを追加する方法

1、サチコを起動します。

2、左バーの「検索パフォーマンス」をクリックします。

3、右上の「エクスポート」をクリックします。

4、「Googleスプレッドシート」か「Excelとしてダウンロード」か、「CSVをダウンロード」かを選びます。

5、たとえばダウンロードされたCSVなら、フォルダの中から「クエリ.csv」をダブルクリックして開きます。

6、「クエリ」をコピーして、RankTrackerのキーワード追加欄にペーストします。

6、「次へ」をクリックし、続けて「完了」をクリックします。RankTrackerが検索順位をチェックし始めます。

GoogleSearchConsoleだけでなく、同様にUbersuggestを使って「SEOキーワード」→「このドメインのランクに関連している全てのSEOキーワードを見る」→「CSVで出力」→「全てをエクスポート」でCSVデータのキーワードをコピペする方法もあります。

まとめ

RankTrackerで検索順位をチェックするためのキーワード追加の方法を2種類ご紹介しました。

あまり多くのキーワードを追加すてもチェックに時間がかかりますので(夜中とか早朝に自動でチェックすれば問題ありませんが)、検索クエリは絞ったほうが良いかもしれません。

そう考える方は、1語ずつ合計3キーワードずつ追加していくのが良いかと思います。

多くの組み合わせを見てみたい方は、サチコを使ってコピペしてしまうと楽です。

2つの方法を組み合わせても良いかもしれません(筆者はこれです)。

「RankTracker」オーダーはこちら

海外ドラマバナー
見逃し配信バナー
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる