『ファミリーマン』あらすじと解説。シーズン3は?[インド・ドラマ]

  • URLをコピーしました!
ファミリーマン
image/AmazonPrimeVideo

インドやインド映画が好きなので、インド映画やインドのドラマはつい観てしまいます。

Amazon Primeビデオで、2019年9月に配信されたインドドラマが面白かったので紹介したいと思います。

それはAmazonオリジナルのドラマ「ファミリーマン」(原題:THE FAMILY MAN)です。

実際にあった事件から着想を得たドラマだそうです。

おすすめVOD(動画配信サービス)

Hulu100,000本以上が見放題。月額1,026円(税込)。2週間無料トライアル実施中。ダウンロード視聴可能。テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽のライブ配信など幅広いラインナップ。マルチデバイス対応。
U-NEXT月額プラン2,189円(税込)のところ31日間無料トライアル実施中。動画210,000本以上、電子書籍610,000冊以上。高画質で視聴が可能、ダウンロード視聴可能、1契約で4アカウントまで。映画・ドラマ・アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。マルチデバイス対応。
Amazonプライム・ビデオ約20,000本の動画が見放題。30日間無料でお試し。いつでもキャンセル可能。30日間無料体験実施中。月額500円(年額4,900円)のPrime会員になると、映画やTV番組の視聴だけでなく、Amazonの配送特典やAmazon Music Prime等も。マルチデバイス対応。
dtv約12万作品が月額550円(税込)で見放題!多彩なジャンルを豊富に配信している動画配信サービス。ダウンロード視聴可能。最新のオンラインライブも毎月配信!人気の映画、ドラマはもちろん、K-POPをはじめ、話題の音楽ライブをゾクゾク追加中!マルチデバイス対応。
Netflix月額定額で見放題。映画やドラマをオンラインでストリーム再生! ベーシックプラン:990円/スタンダードプラン:1,490円/プレミアムプラン:1,980円。マルチデバイス対応。
目次 タップで飛べます!

冴えない安月給の公務員は実はヒーロー?

テロの危機から国民を守るヒーローであるにもかかわらず、秘密の任務ゆえ、子供たちからは冴えない公務員と思われ、妻からは家事を手伝わずウソばかりつくダメ夫と思われている主人公スリカント・ティワリ。

危険な任務に就いているのに安月給で、国や国民をテロから守るという誇りのみで仕事を続けています。

彼が住む街は、かつてはボンベイと呼ばれたインドの大都市ムンバイです。

彼には、14歳の娘ドリティと9歳の息子アターヴ、大学講師の妻スチがいます。

子供たちにとって父スリカントは、冴えない公務員なのですが、実は国立捜査局(NIA)の特別捜査部「脅威解析・監視班(TASC)」の上級分析官なのです。

壮大なテロ計画「ズルフィカール作戦」

ファミリーマン

スリカントは捜査員なのですが、妻を安心させるため事務職に移ったとウソをついています。

任務上ウソをつかざるを得ず(任務以外にもウソをつきますが)、辻褄が合わなくなって、妻からはウソだらけだと思われています。

しかし、彼は正義感や責任感が人一倍強く、勇敢なヒーローなのです。

テロリストが立てこもった事件でも、スリカントは勇敢にも武器を棄て、犯人のところに行き、投降を説得します。

ある時、ムンバイ市内に駐輪された不審なバイクが発見され、爆発物処理班が出動します。

一旦は処理に成功したと思った次の瞬間、スリカントの目前で処理班のメンバーらが吹き飛ばされ死亡します。

スリカントは、当初は単独犯だった爆破犯が、やがて大きなテロ計画と結びついて行くことを捜査で突き止め、やがて壮大なテロ計画「ズルフィカール作戦」の真相に迫り、犯人を追い詰めて行きます。

愛妻の浮気を疑い…

妻のスチは、ITベンチャーの幹部である男性の友人アルビンドからリクルートされたのを機に、大学講師を辞め転職をしようかと悩みます。

スリカントは、妻がアルビンドとまめに連絡を取り合っていることを知ってしまいます。

嫉妬心を抱いたスリカントは妻の居場所をスマホの電波を同僚に探知させ(違法)、ホテルだと知ると直行します。

2人は情事ではなく、高級ホテルの庭でお茶しながら転職の話をしていました。

スリカントは割と近い別の席に座り、様子を窺いますが、すぐ妻に見つかり、呆れられます。

こうして夫婦の間の溝は深まって行きます。

テロは阻止できるか? 夫婦関係の修復は?

そんな折、インドの諜報機関であるRAW(調査分析局)が、NIAに対し、ズルフィカール作戦への警戒を促しました。

NIA長官クルカルニから命を受けたスリカントは…。

安月給の冴えない中流家庭人であるファミリーマンのスリカントは、大テロ計画「ズルフィカール作戦」を阻止できるのでしょうか?

妻や子供たちを守れるのでしょうか。

壊れかけたスチとの夫婦関係は修復できるのでしょうか?

\『ファミリー・マン』を観るなら/

シーズン1 エピソードのタイトルと内容

1.ファミリーマン  

ファミリーマン

イムラン・パシャ率いるフォースワン部隊が、T.A.S.Cの監督のもと、テロリストの移送を担当することになる。

一方、T.A.S.Cで働くスリカント・ティワリの娘ドゥリティは、わいせつな行為で停学寸前になっていた。

ISISの2人がムンバイで逃亡しようとしたため、フォースワンコマンド隊に銃撃される。

スリカントはISISの工作員の一人であるムーサを説得し、投降させる。

一方、パキスタンでは、サミーア少佐がインドでの作戦を計画し、インドに軍事行動を起こさせようとしていた。

ISISの過激派の1人がスクーター爆弾を仕掛け、サミアがミッション・ズルフィカールに参加するものと見なされる。[53分]

2.スリーパー 

ファミリーマン

ブラックホース(カーラ・ゴーダ)像の近くでISIS過激派がスクーターに仕掛けた爆弾は、治安部隊が信管を外そうとしても爆発し、信管外し担当者が死亡する。

チラーユとさらに2人の爆弾処理班の職員。爆弾魔を見つけるためのプレッシャーが高まる。

T.A.S.Cのチーフアナリストは、ISISとつながりのある3人のゲームエンジニアに関する情報を入手する。

スリカントは彼らの逮捕を計画する。彼らを会社で逮捕した後、尋問でドロップボックスのことを言い、ビクトリア・カレッジの学生であることを強く疑うが、直接会ったことはないと明言する。[47分]

3.反国家主義者 

ファミリーマン

スリカントは入院中の捕虜がズルフィカール作戦に関与していることを知り、その友人であるムーサを尋問する。カリームという人物がホステル前の箱を使ったことがあるという。TASCはカリームの部屋を監視するが、カリームに逃げられてしまう。

T.A.S.C.の指示のもと、地元警察はドロップボックスを監視している。

一方、反日学生のカリーム・バットは、ISISからある任務の依頼を受ける。

パキスタンでは、サミーア少佐がインドの諜報機関を誤誘導し、彼らの追跡を逃れることを計画する。

T.A.S.C.はカリームの部屋を監視し、間取り図と招待客リストで彼が何かを計画していることを突き止める。

しかし、カリームは自分が監視されていることに疑念を抱き、T.A.S.C.にそのことを告げる。

カリームは友人2人とともに、反イスラム議員たちのパーティに乗り込もうとバンを準備しているところを見せられる。

T.A.S.Cは、彼が攻撃を計画しているのではないかと考え、彼の居場所を突き止めようと奔走し、ビンディ・バザール市場から避難させようとする。[47分]

4.パトリオット 

ファミリーマン

スリカントは、妻のスチトラがアルヴィンドと浮気をしているのではないかと疑う。

しかし、スリカントはスチトラの携帯電話を追跡し、ホテルで彼女に詰め寄るが、彼女は「仲の良い同僚だ」と否定する。

一方、T.A.S.Cはカリームのハードディスクをハッキングし、ストライキの場所を割り出すことに成功する。

その夜、カリームたちはT.A.S.C.が設置した道路封鎖に出くわし、仲間のひとりが発砲、その応戦で3人とも撃墜される。

T.A.S.C.は、彼らの計画がパーティーの客に牛肉を食べさせて教訓を与えるだけで、爆撃するつもりはなかったことを突き止める。

スリカントは酔っ払って帰宅し、スチトラが浮気していると非難する。カリームたちはTASCの面目を保つため、テロリストの烙印を押される。

ラストシーンでは、スクーター爆破の実行犯が、実は同じヴィクトリア・カレッジの学生で、厳しい尋問の末に出所したばかりのサジッドであることが明らかにされる。[42分]

5.のけ者 

ファミリーマン

サジードはISISの諜報員に会い、自分にはもっと大きな計画があり、カリームは自分の正体を守るために犠牲にさせられたと言う。

スリカントは捜査中で、尋問の際にすべての責任を自分になすりつける。

一方、ムーサは看護師のメアリーを誘惑し、自分の目的を果たす。

メアリーの携帯電話を使って電話をかけ、ISISの過激派に2~3日後に病院から脱出すると伝える。メアリーとのセックスの最中、病室を出てアシフに会いに行く。

そこでムーサは、彼の血液にカリウムを注射して彼を殺す。

サジドの次の仕事は、ズルフィカル作戦のためにスリーナガルへ行くこと。

一方、スリカントは罰としてスリナガルに一時的に異動させられる。

スィトラとはまだ話がかみ合っていない。

スリカントはスリーナガルに到着すると、クルカルニから、テロリストの重要なスパイがスリーナガルに来るという情報を得たので、彼の異動には理由があることを告げられる。。[48分]

6.死の舞 

ファミリーマン

フラッシュバックでは、ムーサがファイザンのISISのトップエージェントの1人で、イスタンブールで270人を神経ガスで殺害するテロを画策していたことが示される。

サミール少佐は彼をミッション・ズルフィカールのために採用する。

メアリーはアシフの死を知り怯えるが、T.A.S.Cや病院のスタッフには真相を明かさない。

アシフの死因は心停止とされ、病院内の警備員は大幅に削減され、パシャは停職処分を受ける。

一方、スリカントは現在の司令官であるサローニ・バットとイチャつくが、彼女は偶然にも彼の元恋人でもあった。

スリナガルのチームは、カシミール地方のあらゆるテロ活動を監督するバシャラットを追っていた。

スリカントは、ムーサが実は危険な化学エンジニアで、最重要指名手配犯の1人であるアル・カティルであることを突き止める。

スリカントはJKとパシャに病院へ急行するよう指示する。

病院ではジャイシュ、ゾーヤ、ミリンドがムーサを守っていたが、4人の武装した男が彼を解放するために病院を襲撃する。

その時、4人の武装した男がムーサを解放するために病院を襲撃する。

戦闘となり、ジャイシュとパシャは4人の襲撃者と共に殺される。

一方、ムーサは病院から脱出するが、メアリーを手術用ナイフで惨殺し、死体の跡を残したままだった。[40分]

7.楽園 

ファミリーマン

スリカントはサジットを捜し出すため、市立病院襲撃のニュースが広がる中、T.A.S.C.は再び批判と捜査にさらされることになる。

スチトラは娘のレアーが病気になったアルヴィンドを助けに行く。

スリナガールでは、サジードが焦ってファイザンに電話をかけるよう要求する。

一方、スリカントたちはバシャラットがバラムラの結婚式に出席するという情報を得る。

しかし、バラムラの住民は自分たちをパキスタン人だと認識しており、現状を打破しない限り軍がその地域に入ることはできない。

バシャラットはサジドに会うため、そしてファイザンと連絡を取るために結婚式に出席する。

心配したスリカントは変装して結婚式に入り、サジドがムンバイ警察に逮捕された容疑者の一人であることを見破る。

サローニやヴィクラム少佐の警告や命令を無視し、サジドを追い続ける。

スリカントの衝動的な行動により、軍はバシャラットの裁判を失い、サジドは地元の人々の支援を得て、そこから簡単に逃亡してしまう。[40分]

8.戦争行為 

ファミリーマン

パキスタンで米軍とTASCの作戦により、フェイザンが捕まる。

スリカントはRAWの潜入捜査官の助けを借りてバロチスタンに入る。

ISIのエージェントを装ってファイザンの情報を聞き出し、彼のパキスタンへの愛国心をアピールする。

その結果、テロリストがニューデリーで神経ガスの放出を計画していることが判明する。

そのガスは時間をかけてカシミール地方に密輸され、現在デリーに運ばれている。

サジドはムーサと共に神経ガスの運搬と爆弾の製造を行うことになっていた。

この計画は、インドの首相に警告される。スチトラはアルヴィンドと共にロナヴラに会議に出かけ、VCに好印象を与える。

その夜、アルヴィンドとの間に起こったことが気になる。

ドゥリティは一人で友人のシドの家で開かれた深夜のパーティに参加し、アタルヴは密室でスリカントのリボルバーを発見する。

アタルヴは密室でスリカントのリボルバーを見つけ、興味本位でそれをいじり始めるが、ドゥリティが泣きながら帰ってくると枕元に置いてしまう。[44分]

9.必死の戦い 

ファミリーマン

T.A.S.Cの職員が、カリームの恋敵ジョナリに誤って携帯電話からSMSを送信してしまう。

このことが気になったジョナリは、社会活動家のラミヤとともに、廃車になった車に隠されたカリームのボディカムを探すことになる。

パキスタンの首相はアンサリ将軍と取引し、ズルフィカール作戦を放棄する。

パキスタン軍の1/11歩兵部隊に逮捕されたサミール少佐は、アンサリ将軍の取引を知り、神経ガス攻撃の詳細を話すが、バシャラットに警告することができ、サジドに追いつき、サジドを止めるが彼は拒否する。

一方、インド軍はバシャラットらを十字砲火で倒し、神経ガスのボンベをすべて調達し、サジドは再び逃亡する。

T.A.S.Cチームがテロ攻撃の失敗を祝う中、サジドはニューデリーでムーサに会い、ムーサはミッション・ズルフィカーにプランBがあり、すでに化学エンジニアのヴァイバフ・テラニを脅迫してミッションを実行に移していることを知らされる。[38分]

10.ザ・ボム 

ファミリーマン

T.A.S.Cは、ズルフィカール作戦が終わっていないことに気付く。

一方、ムーサはニューデリーでボパールガスの悲劇を再現する計画を立て、サジードはヴァイバヴを脅迫してオリオン化学の工場に侵入させる。

ムーサの部下は水タンクを徴発し、ムーサはそれを毒性反応の試薬として使用する。

ムーサとサジードは化学工場に侵入し、ムーサはヴァイバヴを殺す。

ムーサは、2時間以内にデリー中の人が死ぬような有毒ガスを噴出させるプラントを設置する。

ゾヤとミリンドは化学工場に入り、警備員に扮したムーサの部下と銃撃戦になる。

スリカントはデリーでムーサの母親と会い、ムーサの母親が投降を訴えるビデオをニュースで流す。

ムーサは母に会い、毒ガスの漏洩を止めることを決意するが、サジドはそれに反対し、2人の間で残酷な殴り合いが起こり、ムーサは死に、サジドも負傷して立ち去る。

スリカントとJKはムーサの死体を見つけて再び早々に勝利を祝う。

一方、ゾヤとミリンドは銃撃戦に巻き込まれ、スリカントと連絡が取れなくなる。

ラストシーンでは、圧力が限界に達し有毒ガスが漏れ始めたことが示され、ゾーヤは絶望的な叫びを上げ、ミリンドは重傷を負って倒れていた。

そして、臨界圧力に達したコンテナの1つが突然破裂し、番組は崖っぷちで幕を閉じる。[49分]

[以上、Wikipediaより]

予告編(YouTube)英語字幕版

\『ファミリー・マン』本篇を観るなら/

THE FAMILY MAN データ

  • 監督:ラージ&DK
  • 主演:マノージ・バージペーイー
  • 再生時間:38分-53分
  • エピソード数:全10話
  • 年齢制限:16+
  • 信開始:2019年9月19日

ファミリーマン シーズン2

シーズン2は、2021年6月4日からAmazonプライム・ビデオで放送された。

1.”Exile”

バスカラン、ディーパン、そしてバスカランの弟サブブは、ラシット・ルパトゥンガ率いるスリランカ軍からの基地襲撃を逃れる。彼らは船で国外に脱出しながら、タミール・イーラムのための戦いを続けることを決意する。

T.A.S.C.を象徴するエージェント、スリカント・ティワリはT.A.S.C.を辞め、現在はIT企業社員として働いている。

ルパトゥンガはインドの首相バスにサブブを引き渡すように頼む。スチトラは仕事を辞め、カウンセリングを受ける。

T.A.S.C.がオリオンのガス漏れを大惨事に発展させるのを避けたことが明らかになる。

バス首相はクルカルニに、サブブをスリランカ政府に引き渡す計画を立てるよう要請する。

JKはチェンナイに派遣され、サブブを逮捕してムンバイのT.A.S.C.事務所に連行するという地味な作戦を監督することになる。

しかし、サブブはT.A.S.C.の職員を圧倒し、人質を取って交渉に応じない。

スリカントは、スリランカで任務を遂行した伝説の元エージェントで、バスカランの親友であるチェラムの協力を得て、危機を打開する。

バスカランはサブブを説得して降伏させ、サブブはT.A.S.C.幹部殺害の罪で法的に保護される。

スリカントの娘ドリチの親友カリヤンは彼女を家に下ろし、オリオンの化学物質騒動のテロリストであるサジドの味方で、今はロンドンにいることが明らかになる。

2.”Weapon”

ミッション・ズルフィカールの仕掛け人であるサミーア少佐は、ロンドンで上司のアンサリ将軍に会い、新たなミッション「ズルフィカール2.0」を告げ、彼を暗殺する。

チェンナイでは、女性ラジが職場で上司のナンダから、また通勤中に前夜祭のティーザーから嫌がらせを受けている。

ある夜、人通りの少ない路地に入り込んだイブティーザーは、ラジーを襲って殺害し、タミールの反乱軍の工作員であることが明らかになる。

スリカントとスチトラはカウンセリングに参加する。

サミールはサジードをインドに送り返し、作戦を実行させる。

T.A.S.C.の幹部はサブブを法廷に立たせ、サジッドはスクーターの爆弾を爆発させ、サブブを殺害する。

バスカランは亡命政先の府を辞め、ディーパンが首相になる道を開く。

バス首相はチェンナイでルプトゥンガとの2国間会談を希望。

バスカランは弟の死についてバス首相の責任を追及し、その代償を払わせようとする。

サミアはバスカランに会い、その目的を達成するために支援を申し出る。

バスカランはセルヴァラサン率いる精鋭部隊を始動させる。

ラジは、サブブの死とバスカランの辞職の知らせを受け、人生を終える決心をします。

セルヴァラーサンはラジに電話をかけ、仕事を辞めて任務の指示を待つように言う。

3.”Angel of Death”

数年前、セルヴァラサンの部隊がスリランカ軍からC4爆薬を盗み、ポイント・ペドロに埋めた。

サンビットはバス首相に命が狙われていることを伝えるが、首相は二国間協議の日時も会場も変更しないことを固辞する。

店員はカルヤンのことをサルマンと呼ぶが、ドゥリティの問いかけに彼はそれを受け流す。

スリカントはスチトラの誕生日を祝うためにレストランに連れて行くが、二人は結婚について喧嘩をしてしまう。

チェンナイに向かう前、スリカントはカリムの恋人ジョナリーを訪ね、カリムがテロリストではないことを伝える。

ナンダはラジの秘密を知っており、彼女を脅迫して夕食に招待する。スチトラは仕事に復帰する。

ラジはディナーの後、彼女を罵倒したナンダを殺してしまう。

4.”Eagle”

フラッシュバックでは、ラジが反乱軍の中で最高の戦闘機パイロットであることが示される。

サミアはバスカランの友人からティグリス・アビエーションという飛行学校を購入する。

スリカントがチェンナイの T.A.S.C. チームに参加する。

ウマヤル警部がナンダの失踪について調査を開始。

チェラムはスリカントと同僚のJ.K.タルパイドに反乱軍の隠れ家のリストを教える。

ウマヤルはラジの家でラジを尋問し、許可なく街を出ないようにと頼む。

スリカントと J.K. はラジが家から逃げ出した隙に出くわす。

ウマヤルはラジーを不審に思い、ナンダの遺体とともにスリカントとJ.K.の元へ向かう。

5.”Homecoming”

スリカントとJ.K.は逮捕され、一晩勾留される。

ウマヤルはT.A.S.C.のチームに参加する。

T.A.S.C. はラジを反乱軍の工作員として特定する。

ラジ、セルバランサン、サジッドの3人は、かつて反乱軍が拠点としていたヴェーダランヤムで落ち合い、作戦に必要な物資を調達してスリランカへ出発する計画を立てる。

反乱軍のチャンネルの活動に気付いたサンビットとクルカルニは、ディーパンにバスカランを止めるように警告する。

ラジとサジッドはポイント・ペドロからC4爆弾を回収する。

6.”Martyrs”

ラージとサジッドはC4爆弾を持ってVedaranyamに戻る。

チェラムはスリカントに部隊を探すよう助言し、ヴェーダーニャムのジェブラジ(コードネーム:Local 52)の住所を教える。

C4 の起爆装置を取りにジェブラジの家に行ったラジを T.A.S.C. チームが捕らえる。

スリカントとウマヤルは警察署でラジを尋問するが、何の情報も引き出せなかった。

セルヴァラサンは地元住民を動員し、警察署を待ち伏せする。ラジは負傷したまま逃走し、ミリンドは銃撃戦で死亡、T.A.S.C.の面々は悲嘆にくれる。

スリカントは自分の計画を阻止しようとし、サジドはサミーの許可を得て彼を止める。

サジドはサルマンにドゥリチを誘拐するよう指示します。

7.”Collateral Damage”

T.A.S.C.チームはジェブラージュの家でC4起爆装置を発見する。

DhritiはSuchitraと喧嘩して家を出る。暗殺計画は、C4を積んだ飛行機を二国間会談が行われるコンベンションセンターに飛ばすというものだった。

サジドは新しい起爆装置を作り、飛行機にC4を積み込む。

サルマンとドゥルティは映画を観た後、彼の家に向かいます。

サジッドはラージに別れを告げ、ムンバイへ向かう。

ドゥルティが家に戻ってこないことを心配したスチトラは スリカントに知らせる。アジトはドゥルティの携帯電話を追跡し、ローカル線に乗り込む。スリカントは娘が誘拐されたことに気付き、ムンバイへ向かう。

8.”Vendetta”

T.A.S.C.は9.11のようなテロを疑っている。

J.K.とMuthuはTigris Aviationで飛行機をチェックするのを止められる。

サジドはスリカントに電話し、邪魔をするなと警告する。

J.K. は覆われた飛行機に忍び込み、C4 を発見する。

反乱軍は2人を攻撃し、2人は身を隠す。

しかし、J.K.は撃たれ、高速道路沿いの茂みで意識を失ってしまう。

RPFはドムビヴリ駅でサルマンがドゥリティの携帯電話を捨てたビデオを公開し、共犯のシェドはショッピングモールのCCTV映像で発見される。

警察はサルマンとシェドの捜索を開始する。

シンデはシェドの居場所について手がかりを得る。

サジドはサルマンとシェドと共に、スルカントを潰すためにドゥリティを残酷に殺すことを計画する。

ドゥリティはサルマンを説得して解放し、ガラス片で彼を何度も刺して殺害する。

しかし、そこにサジードが現れ、彼女を気絶させる。

9.”The Final Act”

シンデはドゥリティが監禁されている家の場所を確認し、スリカントにサジードの存在を知らせる。

警察は建物を包囲し、スリカントたちは家に乗り込むが、サジドとサイードは窓から逃げ出すことに成功する。

ドリティは安心したシュリカントの腕の中で泣き崩れる。

スリカントはドゥリティを病院へ送り、警察はサジドとサイードと銃撃戦を繰り広げる。

サイードは先に倒れ、サジードは警察に発砲し、最終的にスリカントに撃たれて負傷する。

スリカントは警察チームと共に彼を追い詰め、投降するように言う。

サジードは降伏したふりをしながらも警官のライフルを奪おうとし、残った警官が彼を射殺する。

病院でドゥリティはスリカントの本当の仕事を知る。

スリカントはチェンナイに戻り、JKが行方不明の間、T.A.S.C.を率いることになる。

反乱軍は飛行機を解体し、スングヴァルチャトラム近くのキチャ農場に運ぶ。

JKは発見され、病院に収容される。

飛行機は再び組み立てられ、反乱軍は放棄された高速道路を使って飛行機を飛ばすことを計画する。

一方、ディーパンは大使館員や地元警察の協力を得て、ノルマンディーでバスカランを逮捕させ、計画を明らかにしないならインドに引き渡すと告げる。

しかし、バスカランはこれに応じず、自殺薬で自殺し、ディーパンやT.A.S.C.の面々を困らせる。

スリカントはチェラムの密告を受け、農場にたどり着く。

セルヴァラサンと残りの反乱軍は殺される。

スリカントとムトゥは飛行機で飛び立つラジを追いかけ、飛行機を爆破してラジを殺すことに成功する。

2国間協議は予定通り行われる。

T.A.S.C. チームはバズー首相から表彰され、スリカントの命を賭けた任務に個人的に祝辞を述べる。

スリカントは自分の経験を家族に話し、Suchitraがそれを打ち明け始めたところでシーンは終わる。

COVID-19の大流行でインドがどのような影響を受けたか、その詳細が語られてシーズンは終了する。

コルカタにいる諜報員は、中国のハンドラーからクアン・ユー・プロジェクトにゴーサインを出す。

[以上、Wikipediaより]

\『ファミリー・マン』本篇を観るなら/

ファミリーマン シーズン3予告編

シーズン3の公開日は未定だが、2022年11月頃になる可能性が高いとの予想が当たるかもしれない。

キャスト

マノージ・バージペーイー(Manoj Bajpayee)主人公のSrikant Tiwari役。1969年4月23日インド生まれの俳優、プロデューサー。

シャーリブ・ハーシュミー(Sharib Hashmi)JK Talpade役。インドの俳優、作家、アートディレクター。『スラムドッグ$ミリオネア 』(2008)、『命ある限り』 (2012) 等に出演。

プリヤーマニー(Priyamani)Suchitra Tiwari役。1984年6月4日インド生まれの女優。

ニーラジ・マーダヴ(Neeraj Madhav)Moosa役。インドの俳優、作家。

シャラド・ ケールカル(Sharad Kelkar)Arvind役。インドの俳優、プロデユーサー。

\『ファミリー・マン』を観るなら/

コードをコピー
目次 タップで飛べます!