DynaBook AZ15/VBのHDDからSSDへの換装の手順

ザッキーのアイコン画像ザッキー

息子が高校生の時に必要で買ってやった安いノートPCが余りに遅いので、HDDSSDに交換して高速化したよ

今回HDD(ハードディスクドライブ)をSSDに換装するノートPCは、DynaBook AZ15/VB(型番:PAZ15VB-SNA)。

2016年の購入当時のまま使用して来ましたが、起動速度も動作も非常に遅く、イライラさせられていました。

たまにしか使わないので我慢して4年間使い続けて来たわけです。

しかし、さすがに我慢も限界に達しました。

起動の遅さは500GBのHDDSSDに換装することで改善するはずです。

このDynaBookのHDDは、

500GB(5,400rpm、Serial ATA対応)

そこで、SSDに換装することに決め、Amazonで探して検討した結果、買ったのがこのSSD

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥4,453 (2020/08/11 03:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

筆者の場合、Windowsでは画像映像を処理しないので、240GBで充分ですが、HDDでどのくらい使っていたかを把握し、SSDの容量は予算が許す限り大きいものを選びましょう。

因みに筆者は、画像を扱っているMacでは512GBのSSDを使用しています。

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

DynaBook AZ15/VB SSD換装の手順

STEP
SSDをNTFSフォーマット
SSDをNTFSフォーマットする
STEP
PCにクローン作りのフリーソフトをインストール
PCにクローン作りのフリーソフトをインストールする
STEP
SSDにHDのクローンを作成
SSDにHDのクローンを作成する
STEP
HDを抜く
ハードディスクをボードから外す
STEP
SSDのはめこみ
SSDをはめこむ

SSDをNTFSフォーマット化

まずHDのクローン(完全なコピー)をSSDに作ります。

が、その前にSSDをフォーマットします。

新しいSSDをパソコンに接続し、あらかじめNTFSフォーマットしておきます。

NTFSフォーマットをせずにクローンを作るとエラーになりますので注意してください。

NTFSフォーマットの方法

NTFSフォーマットの仕方は、「ディスク管理」→フォーマットしたいディスクを右クリック→「ボリュームの削除」→「はい」→フォーマットしたいHDDに割り当てられたディスクを右クリック→「新しいシンプルボリューム」をクリック→「次へ」→サイズを変更する必要がなければ「次へ」→初期設定のまま「次へ」→「このボリュームを次の設定でフォーマットする」で「NTFS」(初期設定)→「クイックフォーマット」のチェックを確認→「次へ」→「完了」をクリック

\画像で説明するNTFSフォーマットの方法/

SSD換装に使う「NTFSフォーマット」の方法〈Windows10の場合〉

クローンを作成

1

クローンを作るフリーソフトEaseUS Todo Backup Free 12.0をダウンロードし、インストールします。

2

SSDをSATA-USBケーブルでつなぎます。持っていない人は購入する必要があります。

EaseUS Todo Backup Free 12.0を起動し、HDのクローンをSSDにコピーします。

筆者の場合、5時間半かかりました。

EaseUS Todo Backup Freeの使い方

1.左バーの赤枠「クローン」を選択します。

2.ハードディスク0」にチェックを入れ(スクショでは上に隠れてしまっています)さらに下方の「ハードディスク1」にをチェックします。

左下の「高度なオプション」をクリックし、「次へ」ボタンをクリックします。

EaseUS

3.SSDに最適化」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックし、さらに「次へ」ボタンをクリックします。

4.ソース」(HDD)と「ターゲット」(SSD)を確認し、「実行」ボタンをクリックします。

EaseUS

4.「MBRのクローンを開始します」と「MBRのクローンが完了しました」という表示がされていることを確認したら「完了」ボタンをクリックします。

3

SSDにクローンを移したら、SSDをケーブルから外します。

 DynaBook AZ15/VBのHDからSSDへ換装する

1

赤丸内のビスを外し、電池部分を外します。

2

そのほかのビスを抜きます。

3

メモリ格納部のフタを外し、中のビスも外します。

4

DynaBookの筐体裏側を本体から外します。

5

HDをゴムのマウントごと抜いて外します。

6

ゴムのマウントにSSDをはめこみ、SSDを本体に装着します。

7

ウラ側の筐を戻し、ビスをねじ込みます。

8

PCを起動して、問題なければ成功です。

終わりに

PCのPINコード入力画面までの起動時間

換装前のHDの時は約1分50秒→SSD換装後はナント13秒に

手間をかけて換装した甲斐がありました。

追記04/20/2020

「BootRacer」を使って起動時間を計測してみました。

PINコードを求められるまでの時間はナント9秒でした。

同じか同じようなスペックのPCの方に、ぜひおすすめです。

最後にご参考までに、換装後のベンチマークテスト・データを掲載しておきます。

\Transcend SSD/

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥4,453 (2020/08/11 03:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

今までMacでは何度かSSD換装を行ったことがあり、その際はすべてCrucalのSSDを購入していました。

\Crucial SSD/

\メモリ増設方法はこちら/

DynaBook AZ15/VBのメモリ増設の手順

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる