Amazon

Amazon Echo(エコー)買いは第2世代か第3世代か? Echo Dot、Echo Flexは?

echo第3世代

「アレクサ、音楽をかけて」と話しかければ音楽を流してくれる賢いスピーカー

Echo」をいざ購入しようと思ったら、種類がいろいろあって悩むので、調べてみました。

まずはEchoですが、2019年第3世代が発売されました。

でも第2世代もまだまだ市場に出ています。

2019年11月26日現在、楽天で7,160円送料無料、ヤフーショッピングで6,760円送料無料、amazonで1,1340円送料無料です。

では、性能の差はどうなんでしょうか。

まずは第3世代から見ていきましょう。

検討した結果、筆者が注文したのは…、ぜひ最後までお読みください。

第3世代のエコー

Echo 第3世代


Echo(第3世代)

特徴

  • Dolby対応プレミアムスピーカーによるクリアなボーカルとダイナミックな低音が360度全方向に響き渡る。
  • イコライザー設定を調整することで、自分好みの音で鑑賞することができる。
  • Echo(第3世代)同士、もしくはEcho Plus(第2世代)と組み合わせることで、ステレオサウンドが楽しめる。
  • Alexaに話しかけるだけで、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどから、楽曲名、アーティスト名、ジャンルを指定して音楽を再生できる。
  • 複数の部屋に置いた対応Echoデバイスから音楽を再生できる(マルチルームミュージック機能)。

対応スマート家電を使えば、

  • ライトをつける
  • エアコンを調整する
  • ドアに鍵をかける

といったことが、話しかけるだけで可能になります。

特徴

  • スマートフォンのAlexaアプリや対応Echoデバイスを持つ友人、家族とハンズフリーで通話が可能。
  • 呼びかけ機能を使って別の部屋にいる人に話しかけたり、アナウンス機能を使って対応Echoデバイスがあるすべての部屋に音声メッセージを一斉に送ることも可能。
  • その数2,500種類以上、スキルが増え続けることでAlexaができることはどんどん増加。デリバリー注文ができるスキルや、家族や友だちと楽しめるゲームのスキルなど…。
  • プライバシーに配慮したデザイン。マイクの電源を切ることができるマイクオフボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しています。
  • 色:サンドストーン、チャコール、トワイライトブルー、ヘザーグレーの4種類。第2世代の色に、チャコールとトワイライトブルーが加わった形。

第2世代のエコー

では次に第2世代を見てみましょう。

Echo 第2世代

Echo(エコー)第2世代

特徴

  • 音声で操作できるスマートスピーカー
  • 話しかけるだけで、天気、ニュース、時計、音楽、家電など簡単操作
  • Echoの頭脳となるAlexa(アレクサ)に自動的に新機能が追加
  • パワフルな360°全方向スピーカーで、クリアなボーカル、ダイナミックな低音
  • プライム会員は、100万曲以上のPrime Musicが追加料金なしで聴き放題
  • Alexa対応家電コントローラー(別売)で、自宅のテレビやエアコンなども操作可能
  • 色:サンドストーン(ファブリック)/ヘザーグレー(ファブリック)

Echo第2世代と第3世代の比較表

 

Echo第2世代

Echo第3世代

大きさ

148 mm x 88 mm x 88 mm

148 mm x 99 mm x 99 mm

重さ

821g

780 g 

カラー

サンドストーン(ファブリック)/ヘザーグレー(ファブリック)

サンドストーン、チャコール、トワイライトブルー、ヘザーグレー

WiFi

デュアルバンド、802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz) Wi-Fiネットワーク。アドホックモード(またはピアツーピア方式)のWi-Fi ネットワークには非対応。

Bluetooth

A2DPプロファイルサポートにより、スマートフォンの音楽をEchoにつなぎ、Echoのスピーカーで楽しめる。また、EchoをBluetooth対応スピーカーにつなぎ、Bluetooth スピーカーから音声や音楽を再生できる。AVRCPプロファイルをサポートし、接続中のデバイスの再生や停止などを音声でコントロールできる(Mac OS X デバイスには未対応)。また、Bluetooth 接続にPIN コード入力が必要なデバイスには未対応

オーディオ

2.5インチ(63.5 mm)ウーファー、0.6インチ(16 mm)ツイーター

3.0インチ(76.2 mm)ネオジムウーファー、0.8インチ(20 mm)ツイーター

Alexaアプリ

iOS, Android, Fire OSのデバイスに対応。パソコンのブラウザからも利用可能。

AlexaアプリおよびAlexa対応端末には、視覚、聴覚、運動、言語に関する補助を必要とする人向けに、いくつかの機能が用意されている。詳しくはこちら

保証

1年間限定保証付き。 国内の場合、オプションで別売の延長保証をご利用いただけます。Echoの使用時は利用規約が適用される

 

簡単セットアップ

なし

Amazon Wi-Fi簡単設定では、簡単な手順で自分のWi-Fiネットワークに対応スマートデバイスを接続することができる。詳しくはこちら

同梱内容

Echo(第2世代), 電源アダプタ(21W), スタートガイド

Echo(第3世代)、電源アダプタ(30W)、スタートガイド

Echo第3世代と上位機種の比較

echo第3世代と上位機種比較表

その他のEcho第3世代

Echo Dot(エコードット) 第3世代

特徴


  • 音声で操作できるスマートスピーカー、コンパクトでお好みの場所に
  • 話しかけるだけで、天気、ニュース、時計、音楽、家電など簡単操作
  • 前モデルより音質が向上。Bluetoothや3.5mmステレオジャックでスピーカーやヘッドホンに接続も可能。
  • Echo Dotの頭脳となるAlexa(アレクサ)に自動的に新機能が追加
  • プライム会員は、Prime Musicで200万曲が追加料金なしで聴き放題
  • 別売Alexa対応家電コントローラーで、自宅のテレビやエアコンなども操作可能
  • 本Echo Dotの使用に係る月額料金等の支払いは発生しません。※但し、特定のサービスの利用等には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
  • Echo Dotに話しかけてAmazon Music Unlimitedに登録すると、月額380円で6,500万曲以上が聴き放題。

Echo Dot (エコードット)第3世代 時計付き

Echoシリーズの中で一番人気のEcho Dotに、時間や外気温、タイマーを表示できるLEDディスプレイ付きモデルが登場。

特徴

  • 枕元にぴったり。Alexaに話しかけるだけでアラームを設定できます。上部をタップすればスヌーズします。内蔵光センサーにより、部屋の明るさにあわせてディスプレイの輝度を自動調整します。
  • 音楽再生も話しかけるだけ。Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどから音楽再生が可能。Audibleのオーディオブックを聴くこともできます。
  • ステレオサウンドを楽しむ。Echo Dot(第3世代)が2台あれば、豊かなステレオサウンドを楽しめます。片方は時計付きモデルではなくても構いません。
  • いつでもすぐにお手伝い。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、疑問への回答、ニュースの読み上げ、天気の確認、アラームの設定、対応スマート家電の操作などが可能になります。
  • 役立つスキルがたくさん。2500種類以上の中からお好みのスキルを有効にして、Echo Dotをさらに便利に使ってください。
  • スマート家電の操作も話しかけるだけ。対応のスマート家電を使えば、電気をつける、エアコンの温度を調節する、ドアに鍵をかけるといったことが可能になります。
  • プライバシーに配慮したデザイン。マイクの電源を切ることができるマイクオフボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計しています。

Echo Flex (エコーフレックス)

単体でも使えますが、どちらかと言うとサブ機としての利用に便利のようです。低価格のためたいへん人気です。

これを子ども部屋に置けばインターフォンにもなります。

特徴


  • このプラグイン式スマートスピーカーがあれば、ご自宅のより多くの場所でAlexaの助けを借りることができる。
  • お出かけ前に天気を確認したり、鉄道運行状況を調べるなど、即座に情報を得ることができる。
  • ライトを付けたり、エアコンを操作したり、玄関の鍵をかけるなど、別売りのAlexa対応家電やコントローラーを操作できる。
  • 内蔵USBポートは、スマートフォンの充電に使えるほか、専用にデザインされたナイトライトやモーションセンサーなどのアクセサリ(別売)を追加できる。
  • ほかの部屋にある対応Echoデバイスで家族に話しかけたり、メッセージを送ることができきる。Echoデバイスを持っている家族や友人とハンズフリーで通話が可能。
  • マイクの電源を切ることができるマイクオフボタンを用意するなど、何重ものプライバシー保護対策を用いて設計されている。
echodot-echoflex

結論

Echo第3世代はスピーカーが良くなって音質が上がっていることと、簡単セットアップができるようになったことが変わった点。

デザイン的には、第3世代はカラーが増えましたが、第3世代より第2世代のほうがスリムです。

第2世代は現在7,000円前後で購入できるのですから、音質や本体の色にこだわりがなければ圧倒的に第2世代がオトク! 

というのが筆者の結論。

ということで、筆者が選んだのは、Echoの第2世代

Amazonカードに入会したことで加算された2,000ポイントを使って買いました。

Amazonカードで2000ポイント〜5000ポイントもらおう

 

夜中の12時頃注文したら、15時間後、午後3時頃にに届きました。さすがですねamazon様は。

購入したecho第2世代購入したecho第2世代。スイッチオン!

 

スマートスピーカーAmazon Echo Alexa(アマゾンエコー・アレクサ)の使い方、楽しみ方、できること、感想 なぞなぞも言ってくれるアレクサ ニュースやタイマー、アラームもとても便利 ダ...
Amazonで買い物するならAmazon Mastercardが断然オトク!な理由 Amazonで買い物するならAmazon カードが断然オトクです。 入会するだけで2,000ポイントが与えられます。 プライム会...
関連記事