WPFormsやContactForm7でメールが届かない(送信されない)問題の対処法

プラグインのWPFormsやContact Form7で作成した問い合わせフォームのメールが届かない場合があります。

送る側は送信したのに、受け取る側は受信しないーーこれは非常に困ります。

この問題に対処するには、プラグイン「WP Mail SMTP by WPForms」を使います。

簡単に対処できますのでその方法を解説をします。

目次

「WP Mail SMTP」設定手順 セットアップウィザードを使う場合

プラグインの「WP Mail SMTP by WPForms」を設定をすることで、ほとんどの場合は正常にメールが送信されるようになりますので、その設定方法を説明します。

STEP
プラグインを新規追加

WordPressの管理画面サイドバーから「プラグイン」→「新規追加」と進み、検索窓に「wp mail」と入力すると、「WP Mail SMTP WPForms」が現れますので、「今すぐインストール」を押します。

STEP
有効化

「有効化」ボタンを押します。

STEP
「始めましょう」を押す

「始めましょう」を押します。

「ダッシュボードに戻る」を押して、ダッシュボードで設定する方法もあります。その解説は下段に掲載します。

STEP
「その他のSMTP」を選ぶ

「その他のSMTP」を選び、「保存して続行」を押します。

STEP
「メーラー設定を調整する」
  1. 「メーラー設定を調整する」の画面で、必要項目を入力していきます。
  2. 「SMTPホスト」は自分が使っているサーバーのそれを入力します。(例:svxxxx.xserver.jp)
  3. 「SSL」を選ぶと自動で「SMTPポート」に465という数字が入ります。画像の中にもありますが、サーバーがSSLとTLSを提供している場合は、TLS使用を推奨とのことですのでTLSを選ぶと、「SMTPポート」欄には自動で587と入ります。
  4. 「SMTPユーザー名」を入力します。(例:xxx@xxx.com)
  5. そのパスワードを入力します。
  6. 「フォーム名」は自動入力されます。変更しても構いません。「この名前を強制使用」するかどうかを選びます。
  7. 「送信元メールアドレス」も自動入力されますので、それでOKなら、そのまま。
  8. 「保存して続行」ボタンを押します。
STEP
「Skip This Step」

「Skip This Step」ボタンを押します。WP Mail SMTPから、メール配信を最適化し、ビジネスを成長させる方法について役立つ提案を受けたい人、皆のためにWP Mail SMTP改善に協力したい人は、あなたのメルアドを入力して、「はい、私もやりたいです」にチェックを入れ、「保存して続行」ボタンを押します。

STEP
「Skip This Step」

「Skip This Step」ボタンを押します。すでにライセンスキーを持っている人は、それを貼り付け、「連携」ボタンを押します。

STEP
メーラー設定確認画面

メーラー設定確認画面が一瞬現れます。

STEP
「Finish Setup」

「Finish Setup」ボタンを押します。下画像では問題があって「Start Troubleshooting」ボタンを押すよう促していますが、問題ないので右の「Finish Setup」ボタンを押します。「するとWP Mail SMTPの設定画面に遷移します。以上で設定は完了です。

メールをテストする

メールが正しく送られるかをテストします。

STEP
「メールテスト」

「WP Mail SMTP」のダッシュボードで上部メニューの「メールテスト」を押します。

STEP
送信

送信先メールアドレスが自動入力され、HTMLが自動でONになりますので、それでOKならば「メールを送信」ボタンを押します。

STEP
成功!を確認

「成功しました!」の画面が現れ、メールが届けば完了です。

「おめでとう。試験メールは無事送られました」と成功を告げるメールが届く。

「WP Mail SMTP」設定の手順 ダッシュボードを使う場合

ダッシュボードを使う場合の「WP Mail SMTP」設定の手順を説明します。前章の(3)の次からの解説です。

  1. メールの送信側のメルアドです。「このメールを強制使用」にチェックを入れるとすべての問い合せフォームでこのアドレスが強制的に使用されます。フォームごとに別のメールアドレスから送信したい場合はチェックを外します。
  2. メールの差出人の名前です。「この名前を強制使用」にチェックを入れるとすべての問い合せフォームでこの名前が強制使用されます。フォームごとに別の名前から送信したい場合はチェックを入れません。また、「送信元アドレスを返信先として設定」はチェックを入れましょう。エラーメールを受け取ることができます。
  3. 「その他のSMTP」を選択します。
  4. SMTPホスト:メールサーバーのホスト名です。わからない人は自分が使っているサーバーのコントロールパネルにログインして確認します。
  5. 「暗号化」はここでは「TLS」を選択します。「セットアップウィザード」を使用した設定では[SSL」を選択して説明しましたので、SSLを選ぶ方は前章をご覧ください。
  6. 「TLS」を選択するとSMTPポートが自動で「587」になります。
  7. 「認証」も自動でオンになります。
  8. 「SMTPユーザー名」は、メールの送信元のアドレスです。「送信元メールアドレス」と同じアドレスを入れましょう。
  9. 「SMTPパスワード」は、サーバーのコントロールパネルでメール設定した際のパスワードを入れます。わからない人はサーバーのコントロールパネルにログインして確認しましょう。
  10. 以上を入力し確認したら「設定を保存」をクリックします。
STEP
STEP

まとめ

プラグインWPFormsやContactForm7で作成した問い合わせフォームのメールが届かない場合があります。

送る側は送信したのに、受け取る側は受信しないーーこれはトラブルの元になるため非常に困ります。

この問題に対処するには、プラグイン「WP Mail SMTP by WPForms」を使います。

簡単に設定できますのでその方法を解説をしました。

よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる