退職代行サービス、円満退社の手続き!料金は?評判は?

辞めたいのに言い出せないと悩んでいても何も始まらない。
スポンサーリンク
目次

退職代行を利用する理由はさまざま

スッキリして出直す。

退職代行は、平成の終わりごろから注目され始めましたが、

利用者はいろいろなようで、

「有給をすべて消化してから辞めたい」

という人、これは非常に日本的ですね。

本来、有給休暇は与えられた権利ですから、堂々と有給休暇を取って良いはずなのですが、

日本の会社ではほとんどの人が有給休暇を満足に取れないでいるのが現状です。

また、ブラック企業で、「辞めたいなんて言ったら、どんな目に合うかわからなくて怖い」という人もいるようです。

確かにそうした企業には、代行業者を利用するのが良いかもしれません。

単に、何となく辞めたいけれど、退職を言い出しにくいという人もいるようです。

自分で堂々と退職願を提出して辞めればいいじゃん、とも思いますが、

言いにくい気持ちは分かります。

誰でも良い話はしやすく、悪い話はしたくないものです。

引き止められるのも面倒だし、

引き止められないのも何か残念な気持ち。

一方的に、退職を宣言し、誰かに事務的に処理してほしい気持ちは良く分かります。

そこで、代行業者が登場し、急成長しているというわけです。

退職代行に依頼すれば出社せず会社を辞められる

イヤな会社を辞めて前向きに。

代行業者は、退職の意思を退職願などの書面や口頭で直接伝えることなく、代わって会社に伝えてくれます。

退職書類や社員証返却なども郵送などで済ませ、出社する必要もありません。

平成最後の今年4月に入社したばかりの新入社員が、

5月1日の令和改元を待たずに「スピード退職」を依頼してくるケースも少なくなかったという。

有休を全部消化してやめる人も多いとか。

そのため、会社の人と顔を合わせずに済む代行を利用する人が多いという面もあります。

また、会社がブラック的企業で、怖くてやめると切り出しにくいという場合も多いようです。

精神がやわになったためか、簡単にはやめさせないブラック企業が増えたせいなのか。

もしかしたら、その両方かもしれません。

でも、思い煩っているよりも、

早く出直したほうが良いと思います。

退職代行サービス

2017年(平29)8月から本格的にサービスを開始した「EXIT(イグジット)」(東京都渋谷区)が草分け。それ以降、代行業者は増加。昨年からは弁護士、司法書士、行政書士による代行サービスも増えている。代行費用は正社員5万円前後、アルバイト・パート3万円前後が一般的だが、「正社員2万9800円」と安さを売りにする会社も。弁護士資格を有していない場合は退職する会社との交渉が弁護士法で禁じられている「非弁行為」にあたる可能性もある。

ストレスなく会社を辞められれば、ゆっくり眠られる。

こんなにある退職代行業者 それぞれに特徴が

  1. 東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合。
  2. 退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ
  3. 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を ”唯一”合法的に可能に
【退職代行ガーディアン】>>>

顧問弁護士監修の退職代行

  1. 顧問弁護士監修の退職代行です。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初
  2. 顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さ
  3. あえて、弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
  4. 代行の安全性と高いサービスを実現
【退職代行Jobs】>>>

有給休暇を消化して円満に退職

代行実績10,000件以上!!
即日退社可能!! 弁護士監修なので、退職後のトラブル一切なし!!
人材会社が運営する安心の退職代行サービスです!
お申込みはお客様と連絡が取れれば承認成果となりますので、承認率は高めです。

  1. すぐに辞めれます、明日から出勤不要
  2. 会社の人と会わずに退職
  3. 退職後のトラブル一切なし
  4. 電話相談無料
  5. 失業保険の取得も
  6. 有給取得をサポート

【辞めるんです】>>>

多くのメディアで紹介

ヤフーニュース、テレビ、大手メディアなど多数の媒体で紹介されており、
依頼者の代わりに会社に電話をして退職手続きを代行し、本人が会社に出向くことなく退職させる今話題の退職代行サービスです。

【退職代行ニコイチ】>>>


よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる