電動ろくろシンポのRK-55購入レビュー、RK-3Dとの比較

えこりんのアイコン画像えこりん

陶芸をある程度やっていると欲しくなるのが電動ろくろ。でも高いし置く場所も悩みますよね。

私は陶芸教室に通い始めて3年半です。

陶芸をある程度続けていると、家にも電動ろくろが欲しくなります。

陶芸を続けている皆さんそうだと思います。

でも、置く場所や代金のことやらを考えると悩んでしまいます。

私もそうでした。

えこりんのアイコン画像えこりん

で、悩んだ末、思い切ってRK-55プリムを購入しました。

それが1年前のことです。

陶芸教室ではシンポのRK-3Dという電動ろくろを使っています。

そこでプリムのレビューやRK-3Dとの比較を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

軽くて省スペース

RK-55プリム
えこりんのアイコン画像えこりん

とにかくプリムは、軽くて圧迫感がないのが良いのよね。

プリムはまず、狭い部屋に置いても何と言っても圧迫感がないことが長所として挙げられます。

また、男性なら1人で持ち上げられ、移動できます。

女性でも人によっては不可能ではありません。

三本足で下に空間があるため、道具や土などを置くこともでき、スペースを節約できます。

性能RK-3Dとの比較

性能はRK-3Dに比べるとどうしても劣ると思います。

感覚的なことですが、ひきやすさが違います。

大物をひくにはパワー不足の感は否(いな)めません。

ペダルの踏みやすさや加速減速の滑らかさもプリムはRK-3Dが勝ると思います。

値段の違いは性能の差に現れています。

なぜRK-3DでなくRK-55か

ではなぜRK-3Dでははなく、プリムを購入したのか。

その理由は次の3点です。

  1. プリムはやはり値段が安い
  2. 場所を取らない
  3. 移動が楽なこと

ろくろRK-55プリムとRK-3Dとの比較

RK-55プリムRK-3D
コンパクト大きい
軽くて移動できる重くて簡単には移できない
下に道具などのモノが置ける下に物が置けない
値段が安い値段が高い
大物を引くにはパワー不足パワーがある
ペダルの踏みやすさ、加速減速の滑らかさが劣るペダルの踏みやすさ、加速減速の滑らかさが勝る

まとめ

広い場所があって一度設置したら動かす必要のない恵まれた空間のある方には、RK-3Dをおすすめします。

でもその逆の環境の人には、RK-55プリムがおすすめです。

RK-3Dはメイン、RK-55はサブ機という感じです。

\関連記事/

電動ろくろの選び方。「どれを買うべき?」

自宅の電動ろくろを回しました!

電動ろくろ「RK-55型 プリム」遂に買いました、届きました!

『電動轆轤マスターブック』『陶芸 ろくろ成形のツボ』『電動轆轤とことんマスター』オススメの電動ろくろムック3選!

見逃し配信バナー
タップで飛ぶ目次
閉じる