「陶芸用パステル」で下絵の具とは違った絵付けを楽しむ!

陶器
「陶芸用パステル」で絵付けしたぐい呑
えこりんのアイコン画像えこりん

今回は、「陶芸用パステル」の絵付けについてです。

「陶芸用パステル」という、クレヨンみたいな下絵の具があります。

下絵具をチョーク状に加工したもので、線を描いたり、縁取りにしたり、絵の具と組み合わせたり、絵の具とはちょっと違った使い方ができるんですよ!

スポンサーリンク

タップで飛ぶ目次

「陶芸用パステル」10色セットからスタート!

私は下絵の具は主に「ヒューステン」の「ベルベット下絵の具」を使っていますが、「陶芸用パステル」もあると知り、10本セットを買ってみました。

何十色セットなんていうのもあるけど、それなりにお高いので、まずは10色から。

お値段も2,200円プラス税とお手頃です。

購入した「陶芸用パステル」

購入した「陶芸用パステル」

保護手袋、保護メガネ、保護マスク着用?

「陶芸用パステル」裏の注意書き
「陶芸用パステル」裏の注意書き

思ったよりちっちゃっ!  な手のひらに乗るサイズでしたが、そんなにものすごく使うものでもないので、当分は大丈夫でしょう。

しかしながら、裏の注意書きに、保護手袋、保護メガネ、保護マスク等着用と書いてあります。

取扱い後は手洗いうがいを十分にって、そんなに毒なのでしょうか?

ひえ~。

手袋つけたら描きにくいけどなあ。

ぐい呑に10色全部使って下絵付け

早速、ぐい呑に陶芸用パステルで絵付けしてみました。

初めてなので、色見本も兼ねて、全色使ってみました。

黒、茶、緑、ピーコック、トルコ青、ピンク、ローズピンク、紺青、オレンジ、黄色の10色です。

「陶芸用パステル」で下絵付けしたぐい呑
「陶芸用パステル」で下絵付けしたぐい呑

手袋がなかったので、薄手のビニール袋に手を入れて描きました。

わりとラフな絵付けなので、それでもなんとか。

思ったより細い線も描けます。

「陶芸用色鉛筆」というのもあって、縁取りに使うと面白いので、黒か茶色をそのうちに購入しようかと検討していましたが、「陶芸用パステル」で線描きも出来そうです。

いろいろ応用出来そうな「陶芸用パステル」

透明釉をかけて、酸化焼成して完成!
透明釉をかけて、酸化焼成して完成!

今回はとりあえず、「陶芸用パステル」のみを使って、透明釉をかけて酸化焼成しましたが、下絵の具と組み合わせたり、縁取りに使ったり、いろいろ応用出来そうな気がします。

それから、使い方は小さなクレヨンとそう変わらないので、小さなお子さんに、素焼きのお皿に絵を描いてもらう、とか、そういう使い方もできるかなあと思いました。

手袋が必要みたいですけど。

いろいろ調べていたら、「指でこすってぼかしても面白い」との情報もあったんですけど、素手で触っちゃいけないんですよね?

ゴム手袋でできるかしらん?

今度、挑戦してみようと思います。

「陶芸用パステル」の色見本
「陶芸用パステル」の色見本。OF(OxydationFlame)は酸化焼成。RF(ReductionFlame)は還元焼成です。[/caption]

\えこりんの作品を購入したい方は/

created by Rinker
¥78,222 (2020/09/30 05:45:20時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
アーテック
¥187,440 (2020/09/29 11:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる