[ zakkioh.com ]WPテーマ移行により一部デザインが崩れている箇所があり、随時修正しております。今しばらくご容赦ください。

「掻き落とし」と「マスキング」による椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛けPottery Kakiotoshi Masking

2020 7/02
えこりんのアイコン画像えこりん

今回は、「掻き落とし」と「マスキング」による椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛けについてです。

掻き落としとマスキングの続きです。

今回はちょっと小ぶりなお皿で。

ロクロで引いた時に23センチでしたので、20センチくらいの焼き上がりになりそう。

使いやすいサイズだと思います。

スポンサーリンク

タップすると飛ぶ目次

釉薬吹き掛けでグラデーションを狙う

絵付けする部分にマスキングして、呉須釉とルリ釉を吹きかけました。

グラデーションを狙っていますが、うまく行くかな?

マスキングをはがしました。

キレイにははがすのは意外と難しいです。

そっとね。

マスキングテープの上に乗っていた釉薬が乾いてパラパラ落ちるので、汚さないようそっと払い落とします。

ベルベット下絵の具で着色

絵付けします。

陶芸用絵の具はヒューステンのベルベット下絵の具を使っています。

ムラなく塗るには3度塗りするので、けっこう時間がかかります。

ベルベット下絵の具は、ほぼ見たまんま色が出るのでとっても便利。

ただ、紫とか思うように出ない色もあるので、テストピースを作った方が無難です。

それと、絵の具を塗っていると、せっかく掻き落とした輪郭にも絵の具がついちゃうんですよね。

なるべくつかないように気をつけていますけれど。

目立つところは、もう一度鉄筆で引っ掻きますが、注意しないとせっかく吹き掛けた釉薬に傷がつくことも(涙)。

何事も手間がかかります。

葉っぱの部分には、絵の具を塗った後に少し織部釉をのせてみました

最後に透明釉を吹き掛けておしまい。

酸化焼成予定です。

\えこりんの作品を購入したい方は/

あわせて読みたい
[陶芸]筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く
[陶芸]筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く相変わらず筒上げ苦戦中ですが、実は今の私の腕でも、高さのある花器を作ることは可能らしいです。それは、2つに分けて挽くこと!【上がったり下がったりの筒】陶芸では...
あわせて読みたい
陶芸のマスキング、掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色
陶芸のマスキング、掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色【●マスキングテープの下から現れた桜】マスキングして、ゴス釉とルリ釉を吹きかけた皿から、マスキングテープをはがしました。絵に釉薬がかかってしまっている部分は、...
あわせて読みたい
陶芸技法「金彩」でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法 Pottery Kinsai Etsuke
陶芸技法「金彩」でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法 Pottery Kinsai Etsuke皆さん、陶磁器に金彩が施された食器はご存知だと思います。高級洋食器などによく使われていますね。長く使っているうちにハゲるとか、電子レンジがダメ(スパークするそ...
あわせて読みたい
陶芸「マスキング」の技法あれこれ〜ベストな方法は?Pottery Masking
陶芸「マスキング」の技法あれこれ〜ベストな方法は?Pottery Masking先日ご紹介した、「掻き落とし」技法ですが、「マスキング」を使っています。「掻き落とし」には、必ずしもマスキングを使う必要はないんですが、私は絵付けした背景に...
あわせて読みたい
「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその陶芸技法
「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその陶芸技法陶芸には様々な技法がありますが、「掻き落とし」は私の好きな技法のひとつです。「掻き落とし」は、色の土(たとえば赤土や黒泥など)に白化粧をかけ、鉄筆やヘラで引っ...
あわせて読みたい
クッキーの抜き型で作る陶器の猫ブローチがいっぱい!
クッキーの抜き型で作る陶器の猫ブローチがいっぱい!【クッキー作りの手順でブローチ作り】クッキーの抜き型を使って、猫ブローチをたくさん作りました。まず、タタラづくりで粘土を5ミリ厚さに伸ばします。5ミリのタタラ...
あわせて読みたい
陶芸のマスキング!オルファのアートナイフプロで簡単に!Pottery Masking
陶芸のマスキング!オルファのアートナイフプロで簡単に!Pottery Masking今日は久々に陶芸ネタです☺️掻き落としとマスキングは好きな技法ですが、と〜っても手間がかかります。もっと簡単な方法はないかな〜と模索していたら、ありました!【...
あわせて読みたい
陶芸技法の「練り込み」はヒビとの闘い?Pottery Nerikomi
陶芸技法の「練り込み」はヒビとの闘い?Pottery Nerikomi粘土に色をつけて模様を作る「練り込み」が人気です。「練り込み」の第一人者、室伏英治先生のお弟子さんに教えていただいたので、ご紹介しますね!【表も裏も同柄の「...

created by Rinker
¥78,222 (2020/07/02 05:45:44時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
アーテック
¥187,440 (2020/07/02 11:08:04時点 Amazon調べ-詳細)

タップすると飛ぶ目次
閉じる