「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその陶芸技法

2020 7/02
ベルベット掻き落とし絵皿

陶芸には様々な技法がありますが、「掻き落とし」は私の好きな技法のひとつです。

「掻き落とし」は、色の土(たとえば赤土や黒泥など)に白化粧をかけ、鉄筆やヘラで引っ掻いて模様をつける技法です。

白化粧の下の色土が現れて、くっきりした模様が現れます。

スポンサーリンク

タップすると飛ぶ目次

絵の具や釉薬の着色で華やかな「掻き落とし」

そのままでも良いのですが、私はよく掻き落とした線を縁取りのように使って、陶芸用の絵の具で色をつけて華やかにします。

織部の緑を葉っぱに使ったり、釉薬を絵の具のように使うこともあります。

絵の具だけだと、下手をすると塗り絵のようにのっぺりしますが、釉薬だと雰囲気が出るので、私は好きです。

ただ、釉薬ですから、流れたり滲んだりしやすいという欠点もあります。

自分流・椿模様の絵皿の作り方

「掻き落とし」で8寸(直径約24cm)の椿の絵皿を作りましたので、作り方とともに、ご紹介したいと思います。

1.

赤土で直径30センチの皿を轆轤で挽く。乾燥、素焼き、焼成で縮んで、直径24〜25センチくらいになります。

2.

乾燥後に高台を削って、表に白化粧を吹きかけます。
テカテカしない程度に乾いたら、また吹きかけ。
適度な厚みになるまで吹きます。
ドライヤーで乾かしながら吹いても良いです。

ズブがけでも良いのでしょうが、化粧がけで土が崩れることもあるので、吹きかけにしています。
しかし、このくらいの大きさになると、ホッペが痛くなる!
コンプレッサーが欲しいです!

3.

数時間置くか、ビニールに包んで数日乾燥させ、白化粧が程よく乾いたら下絵を描きます。
この時、鉛筆で書くと後が残ることがあるので、私は100均の筆ペンで書いています。
バランスを見るために、椿の型紙を作って、位置を見ながらなぞっていきます。

4.

下書きが完成したら、鉄筆で掻き落とします。

5.

掻き落としが終わったら素焼きします。

6.

素焼きが終わったら、花や葉の部分をマスキングし、瑠璃釉を吹きかけます。

7.

マスキングテープを剥がして絵の具や釉薬で着色します。
花はヒューステンのベルベット下絵の具、葉の部分は織部釉を使っています。

8.

着色が終わったら、表に透明釉を吹きかけ。
絵の具は釉薬をはじくので、その部分は重ねて吹きかけます。

9.

裏は、瑠璃釉を吹きかけ、黒釉を重ねて、グラデーションを狙いました。

10.

酸化焼成で本焼きして完成です。

\えこりんの作品を購入したい方は/

あわせて読みたい
[陶芸]筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く
[陶芸]筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く相変わらず筒上げ苦戦中ですが、実は今の私の腕でも、高さのある花器を作ることは可能らしいです。それは、2つに分けて挽くこと!【上がったり下がったりの筒】陶芸では...
あわせて読みたい
陶芸のマスキング、掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色
陶芸のマスキング、掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色【マスキングテープの下から現れた桜】釉薬の吹きかけ後、乾いてからマスキングテープをはがした。マスキングして、ゴス釉とルリ釉を吹きかけた皿から、マスキングテー...
あわせて読みたい
「掻き落とし」と「マスキング」による椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛けPottery Kakiotoshi  Masking
「掻き落とし」と「マスキング」による椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛けPottery Kakiotoshi Masking掻き落としとマスキングの続きです。今回はちょっと小ぶりなお皿で。ロクロで引いた時に23センチでしたので、20センチくらいの焼き上がりになりそう。使いやすいサイズ...
あわせて読みたい
陶芸技法「金彩」でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法 Pottery Kinsai Etsuke
陶芸技法「金彩」でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法 Pottery Kinsai Etsuke皆さん、陶磁器に金彩が施された食器はご存知だと思います。高級洋食器などによく使われていますね。長く使っているうちにハゲるとか、電子レンジがダメ(スパークするそ...
あわせて読みたい
陶芸「マスキング」の技法あれこれ〜ベストな方法は?Pottery Masking
陶芸「マスキング」の技法あれこれ〜ベストな方法は?Pottery Masking先日ご紹介した、「掻き落とし」技法ですが、「マスキング」を使っています。「掻き落とし」には、必ずしもマスキングを使う必要はないんですが、私は絵付けした背景に...
あわせて読みたい
クッキーの抜き型で作る陶器の猫ブローチがいっぱい!
クッキーの抜き型で作る陶器の猫ブローチがいっぱい!【クッキー作りの手順でブローチ作り】クッキーの抜き型を使って、猫ブローチをたくさん作りました。まず、タタラづくりで粘土を5ミリ厚さに伸ばします。5ミリのタタラ...
あわせて読みたい
陶芸のマスキング!オルファのアートナイフプロで簡単に!Pottery Masking
陶芸のマスキング!オルファのアートナイフプロで簡単に!Pottery Masking今日は久々に陶芸ネタです☺️掻き落としとマスキングは好きな技法ですが、と〜っても手間がかかります。もっと簡単な方法はないかな〜と模索していたら、ありました!【...
あわせて読みたい
陶芸技法の「練り込み」はヒビとの闘い?Pottery Nerikomi
陶芸技法の「練り込み」はヒビとの闘い?Pottery Nerikomi粘土に色をつけて模様を作る「練り込み」が人気です。「練り込み」の第一人者、室伏英治先生のお弟子さんに教えていただいたので、ご紹介しますね!【表も裏も同柄の「...

created by Rinker
¥78,222 (2020/07/05 07:31:42時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
アーテック
¥187,440 (2020/07/04 11:31:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,530 (2020/07/04 12:51:01時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
美術出版サービスセンター
¥3,850 (2020/07/04 12:51:02時点 Amazon調べ-詳細)

タップすると飛ぶ目次
閉じる