『しあわせの絵の具』モード・ルイス伝記映画,あらすじ,ネタバレ[心に残る映画]

(c)2016 Small Shack Productions Inc./ Painted House Films Inc./ Parallel Films (Maudie) Ltd.
はてなちゃん

心に残る映画を観たいのですが、おすすめはありますか。

そんなあなたのご要望にお応えします。

モード・ルイスという女性画家を知っていますか。

邪気のない、純粋無垢な画風で知られるカナダの画家です。

ニクソン米副大統領も購入したいということで、マスコミの寵児にもなりました。

モードは、実は辛い人生を歩んで来ましたが、ある男と出会ったことで、幸せな人生を歩みます。

今回ご紹介するのは、そんな彼女の人生を描いた伝記映画です。

スポンサーリンク
目次

あらすじ

※ネタバレ含みます。と言っても伝記なので、すでにネタバレはしているわけですが。

カナダ東部の田舎町で叔母と暮らし、絵を描くことが生きがいのモード。

モードは、幼い頃からリウマチを患っていて、歩き方もおかしいため、「クラブ」に行っても異性から声もかからず、道路では子供たちから石を投げられたりする孤独な人生を送っていた。

彼女は両親が亡くなってから叔母の家に居候(いそうろう)している。

兄は事業に失敗し、借金を抱えたため、相続した家も売却してしまったのだ。

妹のモードは兄とは対照的で、貧しくても借金はせず、慎ましく生きようとしていた。

ある日、モードが買い物でスーパーマーケットにいるとき、魚の行商をしているエヴェレットが家政婦募集のメモを掲示板に貼るのを見て、町外れにあるエヴェレットの家を訪ねる。

モードはエヴェレットの家で住み込みの家政婦として働き始める。

彼女はエヴェレットの家の殺風景な壁に絵を勝手に画いてしまう。

モードの絵は壁に描くことから始まった。

モードは、エヴェレットに惹かれるが、彼は最初、彼女に冷たく当たる。

幼少期にリウマチを患い、周囲から冷たい仕打ちを受けて来たモードと孤児院で育って学もないエヴェレットの同居生活は、トラブルの連続だった。

だが、はみ出し者の2人はやがて互いを認め合うようになり、結婚に至る。

そんな2人の家を、ある日、夫エヴェレットの顧客であるサンドラが苦情を言いに訪れ、たまたまモードが部屋の壁に描いたニワトリの絵を見る。

サンドラはモードの絵の才能を見抜き、モードに絵の制作を依頼する。

やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン米服大統領(後・大統領)からオファーが来るまでになる。

先が永くないと悟った叔母は、死ぬ間際に後悔したくないと、モードにある真実を告げる。

同居している時、一族の恥になるなと口うるさかった叔母も、その頃には、あなたは一族で一番のしあわせ者かもしれないとモードに言う。

そして、かつて若気の至りでもモードが産んだ子が実は生きていることを告げる。

兄が金持ちに売ったというのだ。

叔母も、モードには育てられないと考え、手放すことに賛成したのだった。

障害があって死産であったため埋葬したと言われていたモードは、驚く。

一方、マスコミに称賛されるのはモードばかりで、夫のエヴェレットは印象悪く扱われ、夫のフラストレーションは頂点に達していた。

モードが我が子のことで動揺している時に、静かな生活を乱されたエヴェレットがそのイライラを彼女にぶつけたため、喧嘩となり、モードは家を出てサンドラの別荘に身を寄せる。

取材が殺到し有名人に。

しかし互いを必要とし、愛し合っていることを2人は痛感する。

しばらくして夫のエヴェレットがサンドラの別荘にモードを迎えに来る。

モードは家に戻り、その後2人は仲良く暮らす。

エヴェレットが娘の居場所を突き止め、モードを車でその家に連れて行き、モードは遠くから家の庭に出ていた娘をそっと眺める。

美しい娘が夫と幸せそうに暮らしていた。

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』予告編(YouTube)

\本篇を観るなら/

『しあわせの絵の具』解説

美しい風景や動物たちを描いた素朴な作風で知られるカナダの画家モード・ルイスの伝記ドラマ。

絵と自由を愛したモードの人生を、彼女を支え続けた夫との関係を軸に描き出す。

カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を「ハッピー・ゴー・ラッキー」「ブルージャスミン」「パディントン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。

『しあわせの絵の具』感想

「私は窓が好き。鳥が横切ったり、ハチが来たり、毎日違うわ。命が溢れている。命の煌きが、ひとつのフレームに、そこにある」

体が不自由なさまは観ているほうとしてはつらいところもあるが、一所懸命生きる姿には心打たれる。

一族に恥をかかせるなと言っていた叔母が後に、

「うちの一族で幸せになったのはお前だけ」と言う場面は印象的だ。

また、死を目前にした叔母は、後悔したくないと真実をモードに告げる。

「抱かせてやればよかった」

かつてモードが産んだ娘は、障害を持って生まれて直ぐ死んだから埋めたと叔母は彼女に伝えていた。

しかし、死んだと知らされていたモードの娘は、実は生きていると言うのだ。

裕福な夫婦にもらわれ、愛されて育ったという。

「お前に赤ん坊の世話はムリだと思った」

夫の車に戻ったモードは、気持ちの整理がつかず、夫にうまく伝えられない。

「朝起きれば人が訪ねてきて、笑いものにされ、ウンザリだ」と夫は日頃の鬱憤がたまっていて、キレてしまう。

モードは車をおり、サンドラの家に身を寄せる。

サンドラが聞く。

「何があなたを駆り立てているの?」

「さあ、私は多くを望まないから。絵筆が目の前にあれば満足なの。あと窓も。私は窓が好き。鳥が横切ったり、ハチが来たり、毎日違うわ。命が溢れている。命の煌きが、ひとつのフレームに、そこにあるの」

胸に響くセリフだ。

2人は離れてみて、お互いえお必要としていることを実感する。

夫がサンドラの家にモードを迎えに来る。

「ここじゃ暮らせない。お前は犬より手がかかる」

「違うわ。犬よりはましよ」

「俺を捨てるな。ダメな亭主だが」

「私は…あなたと暮らすのがしあわせ、幸せよ」

2人は不器用で、愛情表現も下手だが、お互いを必要とし、愛し合っている。

なんか昔の日本映画を観ているような気分。

観ている最中よりもむしろ、後から良さがじわじわと湧いて来るような映画作品だ。

モードの少女時代

彼女は1903年3月7日に、ノバスコシア州ヤーマス郡(英語版)でモード・キャスリーン・ダウリー (Maud Kathleen Dowley) として生まれた。彼女は若年性関節リウマチ(英語版)を患い、生涯に亘って手足が不自由で体も小さかった。身体障害者に対する差別もあり、途中で学校教育を中退してホームスクールに切り換えたほか、同世代の子供と遊ぶよりも一人で過ごす時間が多かった。家族の前でピアノを演奏するなど、家族と家で過ごすのが最も楽しい時間であった。毎年、母親と共にクリスマス・カードを作り、友人や近所の人達に売っていた。
1935年には父ジョンが、1937年には母アグネスが亡くなる。当時の慣習により住居は兄が継ぐが、兄夫婦は離婚し兄が家を出る。モードは叔母と暮らすために、同じくノバスコシア州のディグビー郡へと転居した。

引用元 Wikipedia

モードの結婚生活

ディグビーへ移ってすぐ、彼女は魚の小売業を営むエヴェレット・ルイスと出会い、1938年に結婚した。夫婦はディグビー郡マーシャルタウン(英語版)の小さな住居で暮らし始め、体の不自由なモードに代わりエヴェレットが家事を行った。世間でのエヴェレットの評判に拘らず夫婦の絆は強く、モードは誇りに思っていた。エヴェレットはモードが描く事を奨励する。魚を一軒一軒に売るのと同時にモードのポストカードを25セントで売り、やがて彼の顧客から評判が上がる。そしてモードのために油絵のセットを購入する。モードはやがて、壁・ドア・キッチン用品・インテリアなど、小さな家の中の描く事が可能なあらゆる表面に絵を描き始めるようになった。

引用元 Wikipedia

モード・ルイスの絵画

夫のエヴェレットは魚の行商とともに、モードの絵葉書を25セントで売り始める。

モードの絵に価値があることを実感したエヴェレットは、モードに油絵のセットをプレゼントする。

ルイス家の前には、”Paintings for Sale”(絵画販売中)と書かれたボードが掲げられ、1945年から1950年にかけて、ルイス家を訪れた人々が2ドルまたは3ドルで絵を買うようになる。

やがて彼女の絵は7〜10ドルで売れるようになる。

1964年にはカナダの雑誌「Star Weekly」で紹介され、カナダ国中の注目を浴びる。翌1965年 CBCのテレビ番組「Telescope」で紹介される。

新聞、雑誌などにも頻繁に取り上げられ、遠方の人々やいろいろな人々から絵画の注文が来るようになる。

注文者の中にはアメリカ大統領のリチャード・ニクソンも含まれていた。

ほとんどの絵のサイズは小さく20cm×25cmである。

41cm×51cmの絵が3枚だけ確認されている。

茶ツボ、ティーポット、ちり取り、クッキーシート、薪ストーブなど家庭内のほとんどの物品、扉、雨戸、外壁、壁紙。家のあらゆるものがモードのキャンパスだった。

家全体(内部の物品を含めた)がモードの作品である。

モチーフは自分の住む田舎の風景、動物、草花、蝶などであった。

引用元 Wikipedia

2007年11月27日に放送されたテレビ東京の番組『開運!なんでも鑑定団』において、大橋巨泉がモード・ルイスの作品を鑑定団に鑑定してもらったところ、鑑定額は100万円だった。

『しあわせの絵の具』の評判

レビューサイト「Rotten Tomatoes」では、7,606人の評価平均が89%という高い支持率。IMDbでは15,913のレビュ0で7.6/10と高評価を受けている。Amazonプライム・ビデオの評価は4.5/5.0と、やはり高評価。Yahoo!JAPAN映画では659人の平均評価が4.12/5.0と高評価。映画.comでの評価も4.0/5.0(4,062人)と高い。(2020年11月30日現在)

『しあわせの絵の具』の受賞歴

第28回シネフェスト・サドバリー賞観客賞
第6回モントクレア映画祭観客賞
第35回バンクーバー国際映画祭観客賞
第12回ウィンザー国際映画祭観客賞

『しあわせの絵の具』の作品データ

題名 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
原題 Maudie
 カナダ、アイルランド
年齢制限 G
公開 2016年
時間 126分
監督 アシュリング・ウォルシュ ドラマ「荊の城」ドラマ「刑事ヴァランダー2 白夜の戦慄」

『しあわせの絵の具』キャスト

モード・ルイス(Maud Lewis)役 サリー・ホーキンス(Sally Hawkins)

  • 1976年4月27日英ロンドン生まれの女優。
  • 英王立演劇アカデミーを卒業後、舞台女優としてキャリアをスタート。
  • マイク・リー監督の「人生は、時々晴れ」(02)で映画デビュー。同監督の「ヴェラ・ドレイク」(04)にも出演する。
  • サラ・ウォーターズの小説をTVドラマ化した「荊の城」(05)の主演で注目を浴び、以降TVで活躍。
  • リー監督と3度目のタッグとなった「ハッピー・ゴー・ラッキー」(08)で、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(女優賞)、ゴールデングローブ賞ミュージカル/コメディ部門の最優秀女優賞を受賞する。
  • ウッディ・アレン監督作「ブルージャスミン」(13)でアカデミー助演女優賞に初ノミネート。
  • 大ヒット作「パディントン」(14)と続編「パディントン2」(17)でブラウン夫人役。
  • オスカー受賞作「シェイプ・オブ・ウォーター」(17)ではアカデミー主演女優賞の候補となった。
  • その他の出演作に、ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」(14)とその続編(19)。

エヴェレット・ルイス(Everett Lewis)役 イーサン・ホーク(Ethan Hawke)November 6, 1970年11月6日米国生まれ。俳優、作家、監督。出演作は、映画『いまを生きる』(1989) 『リアリティ・バイツ』 (1994) 『恋人までの距離(ディスタンス)』 (1995) 『ガタカ 』(1997) 『ビフォア・サンセット』(2004) 『ビフォア・ミッドナイト』 (2013)『トレーニング デイ』 (2001)。『ドラマ6才のボクが、大人になるまで』等。

サンドラ(Sandra)役 カリ・マチェット(Kari Matchett)1970年3月25日カナダ生まれ。『 CUBE2』 (2002)、『CODE 8/コード・エイト 』(2019)。 T.W. Peacockeの元妻。

イーダ(Ida)おば・役 ガブリエル・ローズ(Gabrielle Rose)1954年カナダ生まれ。『スウィート ヒアアフター』 (1997)『僕のワンダフル・ライフ 』(2017) で知られる女優。夫Hrothgar Mathewsとの間に子どもが1人。

Photos:IMDb

『しあわせの絵の具』クリエイター

監督 アシュリング・ウォルシュ(Aisling Walsh)
製作 ボブ・クーパー(Bob Cooper)、メアリー・ヤング・レッキー(Mary Young Leckie)、メアリー・セクストン(Mary Sexton)、スーザン・ミュラン(Susan Mullen)
製作総指揮 ヘザー・ホールデイン(Heather Haldane)、フサイン・アマルシ(Heather Haldane)、マーク・ロバーツ(Mark Roberts)、シェルドン・ラビノビッツ(Sheldon Rabinowitz)、ロス・ジェイコブソン(Ross Jacobson)、エド・リーシュ(Edward Riche)、タイラー・ミッチェル(Tyler Mitchell)、アラン・モロニー(Alan Moloney)、ジョナサン・ホーガン(Johanna Hogan)
脚本 シェリー・ホワイト(Sherry White)
撮影 ガイ・ゴッドフリー(Guy Godfree)
美術 ジョン・ハンド(John Hand)
衣装 トリーシャ・バッカー(Trysha Bakker)
編集 スティーブン・オコンネル(Stephen O’Connell)
音楽 マイケル・ティミンズ(Michael Timmins)

\『しあわせの絵の具』を観るなら/

WordPressのテーマはSWELLで決まり↓

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる