[映画]話題のレディ・ガガ主演の映画『アリー スター誕生』を試写会で観た感想

タップで飛ぶ目次
スポンサーリンク

なかなかの演技! レディ・ガガ主演の話題作

movie001.jpg

アカデミー賞候補最有力! との呼び声高い、レディ・ガガ主演、『アリー/スター誕生』を、12/21(金)の公開に先駆けて、試写会で観てきました!

娘が12/13の試写会プレゼントに応募して当選したそうで、2名有効です。

普通なら友達を誘って行くところでしょうが、今回、急だったのと、忘年会シーズンで皆忙しく、相手が見つからなかったようで、補欠として? 私を誘ってくれました。

会場は虎ノ門のワーナー・ブラザース試写室だったので、6時半開演に合わせて、6時10分に神谷町駅で待ち合わせ。駅から5分ほどの場所でした。

俳優としても出演のブラッドリー・クーパーが初監督

歌手を夢見ながらもなかなか芽が出ない主人公のアリーを、映画初主演のレディー・ガガが演じたことでも話題の作品。

アリーの才能を見出し、アリーをデヴューさせる世界的ロックスターのジャクソンを『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーが演じています。

さらにブラッドリーは、本作品で初監督も努めています。

しかもブラッドリーの歌は、すべて吹き替えなしで彼自身が歌っているんです。

彼はもちろん素晴らし俳優ですが、売れっ子ロックスターになりきった、魂のこもった歌声に圧倒されます。

ブラッドリーはこの役作りのために、半年間、週5日も歌のレッスンを積んだそうですよ。

レディ・ガガの歌声は、もちろん期待を裏切らない迫力でした。

本当のことをいうと、歌は良いとして、レディ・ガガに演技ができるの? と、はなはだ失礼なことを考えていましたが、良い意味で期待を裏切られましたね。

レディ・ガガ、なかなか良い演技をしています。