『アリー/スター誕生』あらすじ,解説,感想[サクセスミュージカル映画]

はてなちゃん

レディー・ガガ主演のミュージカル映画の題名と内容を教えてください。

そんなあなたの質問にお答えします。

音楽業界でスターを夢見ているが、才能にも容姿にも自信がないアリー。

だが、彼女の歌の才能はカントリーのスター歌手に見いだされ、彼女はスターダムを駆け上っていく。

彼女を描いた映画作品は、これまでに1937年の「スタア誕生」があるが、今回3度目となる作品はレディー・ガガを主演に、ブラッドリー・クーパー監督が創り上げた。

スポンサーリンク
目次

『アリー/スター誕生』あらすじ

音楽業界でスターになることを夢見るも、自分に自信が持てず、周囲からは容姿も評価されないアリー。

彼女は、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていたが、ある日、世界的カントリー・シンガーのジャクソン・メインに見いだされる。

アリーに惹かれたジャクソンは、彼女に自分のライブのステージで歌わせた。

観衆は拍手喝采し、アリーはシンガーとしての道を歩き始める。

アリーとジャクソンはやがて公私ともにパートナーとなるが、スターダムを駆け上がっていくアリーとジャクソンの生活はすれ違うようになり、2人の間には溝が深まっていく。

『アリー/スター誕生』予告編(YouTube)

\『アリー/ スター誕生』本篇を観るなら/

Amazonプライム・ビデオ30日間無料体験

『アリー/スター誕生』解説

歌の才能を見いだされた主人公がスターダムを駆け上がっていく姿を描いた映画作品は、これまでに1937年の「スタア誕生」があるが、今回3度目となる作品はレディー・ガガ主演でブラッドリー・クーパー監督が創り上げた。

もともとはクリント・イーストウッドが映画化する予定で進められていた企画で、「アメリカン・スナイパー」でイーストウッドとタッグを組んだクーパーが初監督作としてメガホンをとり、ジャクソン役でガガとともに主演も果たした。

第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ、主題歌賞を受賞した。

約12分間のシーンが追加された「アンコールバージョン」も一部限定上映された。

試写会で鑑賞

movie002.jpg
試写会でもらったチラシ

アカデミー賞候補最有力! との呼び声高い、レディ・ガガ主演、『アリー/スター誕生』を、12/21(金)の公開に先駆けて、試写会で観てきました!

娘が12/13の試写会プレゼントに応募して当選したそうで、2名有効です。

普通なら友達を誘って行くところでしょうが、今回、急だったのと、忘年会シーズンで皆忙しく、相手が見つからなかったようで、補欠として? 私を誘ってくれました。

会場は虎ノ門のワーナー・ブラザース試写室だったので、6時半開演に合わせて、6時10分に神谷町駅で待ち合わせ。駅から5分ほどの場所でした。

俳優としても出演のブラッドリー・クーパーが初監督

歌手を夢見ながらもなかなか芽が出ない主人公のアリーを、映画初主演のレディー・ガガが演じたことでも話題の作品。

アリーの才能を見出し、アリーをデヴューさせる世界的ロックスターのジャクソンを『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーが演じています。

さらにブラッドリーは、本作品で初監督も努めています。

しかもブラッドリーの歌は、すべて吹き替えなしで彼自身が歌っているんです。

彼はもちろん素晴らし俳優ですが、売れっ子ロックスターになりきった、魂のこもった歌声に圧倒されます。

ブラッドリーはこの役作りのために、半年間、週5日も歌のレッスンを積んだそうですよ。

レディ・ガガの歌声は、もちろん期待を裏切らない迫力でした。

本当のことをいうと、歌は良いとして、レディ・ガガに演技ができるの? と、はなはだ失礼なことを考えていましたが、良い意味で期待を裏切られましたね。

レディ・ガガ、なかなか良い演技をしています。

いろいろな意味で物語と現実がシンクロ

物語では、ブラッドリー演じるジャクソンがアリーの才能を見出しますが、実際にはレディ・ガガの女優としての才能が花開いたとも言えます。

ブラッドリーの監督としての才能、ミュージシャンとしての才能も。

ブラッドリーに、生歌で役に臨むようアドバイスしたのは、他ならぬレディー・ガガだそう。

ブラッドリーの歌の才能を見出したのは、レディ・ガガということになるのかな?

色んな意味で、映画と現実がシンクロしていて面白く感じました。

歌手を夢見ながらも、生活のために昼はウエイトレスとして働き、夜は小さなバーで歌うしかないアリー。

才能があっても、一生芽が出ないままの人間は山ほどいます。

アリーも自分に自信が持てず、歌手になることを諦めかけていました。

ところが、偶然出会った有名歌手ジャクソンに才能を見出され、あっという間にスターダムを駆け上がっていくことに。

アリーとジャクソンは互いに愛し合うようになり、幸福な時を過ごしますが、アリーの成功とは裏腹に、次第にジャクソンの人気には陰りが見えてきて…。

1937年の「スタア誕生」以来、4度もリメイクされてきた作品ですから、ストーリーとしてはやや新鮮味にかけるかもしれませんが、レデイ・ガガとブラッドリーの魅力はやはり「スター」そのもので、二人の歌声にはライブを聞いているような臨場感と高揚感があります。

ここはぜひ、音響の良い映画館で音楽そのものも楽しみたいですね。

ゴールデン・グローブ賞で主要部門を含む5部門にノミネート。

第91回アカデミー賞で歌曲賞を受賞

第61回グラミー賞では、メイン楽曲「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」が年間最優秀楽曲賞、年間最優秀レコード賞をはじめ4部門にノミネートされ、第91回アカデミー賞でアカデミー歌曲賞を受賞。

映画のサウンドトラックはインタースコープ・レコードより発売され、全米・全英ともに1位を獲得、全世界で累計300万枚以上のセールスを記録。

評価

Rotten Tomatoesの評価 2020年12月26日現在

批評家から絶賛された。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには521件のレビューがあり、批評家支持率は90%、観客の平均評価は79%だ。

Metacriticでの評価。2020年12月26日現在

Metacriticでの評価は、60人の批評家による評価は88/100。ユーザーの評価平均は8.4/10。

サイト側による批評家の見解の要約は「主演2人の演技は見事であり、演出も巧みである。また、ラブストーリーとしても魅力的である。『アリー/ スター誕生』は傑作から傑作を生み出したという意味で真のリメイク作品であり、物語の中には語り直しによって輝きを取り戻すものがあるということを思い起こさせてくれる。」となっている。また、Metacriticには60件のレビューがあり、加重平均値は88/100となっている。

引用元:Wikipedia

データ

movie001.jpg
  • 題名:『アリー/スター誕生』
  • 原題:「A Star Is Born」
  • :アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 公開日:2018年8月31日 (VIFF)、アメリカ2018年10月5日、日本2018年12月21日
  • 上映時間:135分

キャスト

レディー・ガガ アリー役 1986年3月28日ニューヨーク生まれ。歌手。


ブラッドリー・クーパー ジャクソン・“ジャック”・メイン役 1975年1月5日アメリカ生まれの俳優、プロデユーサー。『セックス・アンド・ザ・シティ』 (1998)、『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』 (2001)、『私が幸せになる恋のルール 』(2002)、『チェンジング・レーン』 (2002)、『 ウエディング・クラッシャーズ 』(2005)、『恋するレシピ 理想のオトコの作り方』(2006)、『鉄板スポーツ伝説』 (2007)、『ROCKER 40歳のロック☆デビュー』 (2008)、『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 (2008)、『そんな彼なら捨てちゃえば?』 (2009)、『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 』(2009)、『バレンタインデー』 (2010)、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』 (2010) 、『リミットレス』(2011)、『世界にひとつのプレイブック』 (2012).、『アメリカン・ハッスル』 (2013) 、『アメリカン・スナイパー』 (2014)、『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』 (2011) 、『ハングオーバー!!! 最後の反省会』 (2013)、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』 (2012)、『 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 』(2014)、『アロハ』(2015),、『二ツ星の料理人』(2015)、『ジョイ』 (2015)等に出演。


サム・エリオット ボビー役 1944年8月9日アメリカ生まれの俳優、プロデユーサー。『明日に向って撃て! 』(1969)、『レガシー』 (1978)、『シャドー・ライダー 』(1982)、『ロードハウス 孤独の街 』(1989)、『ゲティスバーグの戦い 南北戦争運命の三日間』 (1993)、『バッファロー・ガールズ 』(1995)等に出演。


アンドリュー・ダイス・クレイ ロレンツォ役 September 29, 1957年9月29日アメリカ生まれの俳優、プロデユーサー。『フォード・フェアレーンの冒険』 (1990)、『ブルージャスミン』 (2013)等に出演。

  • デイヴ・シャペル ジョージ・“ヌードルス”・ストーン 役
  • ラフィ・ガヴロン レズ・ガヴロン役
  • アンソニー・ラモス ラモン役
  • ロン・リフキン カール役
  • マイケル・J・ハーネイ ウルフィー役
  • レベッカ・フィールド(ニケライ・ファラナーゼ)ゲイル役
  • ウィリアム・ベリ エメラルド役
  • グレッグ・グランバーグ フィル 役
  • D.J・“シャンジェラ”・ピアース ドラッグバーのエムシー役
  • エディ・グリフィン 牧師役
  • ルネル レジ係役
  • ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアル ジャクソンのバンド役
  • アレック・ボールドウィン 本人
  • マーロン・ウィリアムズ 本人
  • ブランディ・カーライル  本人
  • ホールジー 本人
  • ドン・ロイ・キング 本人

クリエイター

監督:ブラッドリー・クーパー
脚本:エリック・ロス、ブラッドリー・クーパー、ウィル・フェッターズ
原作:ウィリアム・A・ウェルマン『スタア誕生』
製作:ビル・ガーバー、ジョン・ピーターズ、ブラッドリー・クーパー、トッド・フィリップス、リネット・ハウエル・テイラー
製作総指揮:ラヴィ・メータ、ベイジル・イヴァニク、ニーヤ・クイケンドール、スー・クロール、マイケル・ラピーノ、ヘザー・パリー
撮影:マシュー・リバティーク
編集:ジェイ・キャシディ

\『アリー/ スター誕生』を観るなら/

Amazonプライム・ビデオ30日間無料体験

\Blu-rayで観るなら/

created by Rinker
¥973 (2021/03/01 07:44:42時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる