給付金

「給付金」オンライン申請!10万円給付いつ?受け取り方は?

コロナ対策の特別定額給付金が1人あたり10万円給付されることになり、オンライン申請の受付が始まりました。

そこで早速、PCを使ってネット(電子)申請してみました。

※オンライン申請開始日は自治体によってマチマチです。お住まいの自治体のサイトで確認しましょう。

特別定額給付金ネット申請に際し事前に用意する、もの、こと

  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードではありません。取得には申請が必要です。申請はこちら地方公共団体情報システム機構
  • 銀行の通帳かキャッシュカード、ネットバンキングいずれかの口座番号とカナ氏名が記載されている画像
  • ICカードリーダーライター(ドライバソフトもインストールしておく。iPhone7以降、もしくは対応のAndroid機種ならカードリーダは不要です。)
  • マイナポータルAPをインストールしておく

「給付金」の受け取り方

登録した銀行口座に入金されます。ゆうちょか、それ以外の銀行口座を申請時に登録します。

「給付金」オンライン申請の方法 PCの場合

1.

ぴったりサービスにアクセスします。ぴったりサービスとは、地方公共団体が提供している行政サービスを検索したり、オンライン申請できるサービスで日本政府キャビネットオフィスのサイトです。

給付金

2.

下にスクロールし、郵便番号をハイフンなしで入れ、「地域を検索」をクリックします。

給付金

3.

特別定額給付金」にチェックを入れ、「この条件で探す」をクリックします。

給付金

4.

内容を読んで、申請に進んでよければ「OK」をクリックします。

給付金

5.

電子申請のできる地域であることを確認し、「次へすすむ」をクリックします。

給付金

6.

必要な手順や必要なものが揃っているかチェックします。筆者の場合、ここまで来てICカードリーダが必要なことに気づき、慌ててリーダを探しました。ICカードリーダなら何でも良いわけではなく、マイナンバーカードに対応していなければなりません。iPhone7以降、もしくは対応したAndroid機種で申請すればカードリーダは不要ですが、入力作業がたいへんです。

\マイナンバーカード対応のおすすめICカードリーダ/

給付金

7.

 そろっていれば、下にスクロールし、「次へすすむ」をクリックします。

給付金

8.

メールアドレス、確認メールアドレス、電話番号を入力し、「次へすすむ」をクリックします。

給付金

9.

必要事項を記入したり、選択したりして行きます。入力を終えたら「次へすすむ」をクリックします。

給付金

10.

自分以外の同居家族の氏名を入力し、下へスクロールします。

給付金

11.

振り込んでほしい銀行口座の情報を入力し、確認したら「次へすすむ」をクリックします。

給付金

12.

銀行通帳かキャッシュカード、またはネットバンクの、口座番号とカナ氏名の記載された画像データを「ファイルを選択」して送信し、「次へすすむ」をクリックします。

給付金

13.

電子署名を付与する」をクリックします。

給付金

14.

ICカードリーダをPCにつなぎ、マイナンバーカード受取の際に設定した6〜16ケタのパスワードを入力します。筆者の場合、ここへ来てパスワードが不明なことに気づき慌てました。メモした書類があるはずと思い、探して見つけました。

ICカードリーダライタICカードリーダにマイナンバーカードを差し込んで「電子署名」読み取る。
給付金
マイナンバーカード暗証番号マイナンバーカードを役所で受け取った時にもらった書類に暗証番号を書いたはずです。この書類を準備しておきましょう。

15.

給付金

16.

控えをダウンロードする」をクリックするか、「登録アドレスに送信する」か、両方かとにかく控えを保存します。

給付金

17.

メールで送信した場合、「メール送信が完了しました」と表示されます。

給付金

18.

確認のメールが届きます。これで申請完了です。

給付金mail 給付金mail

ダウンロードの場合

このようなデータがダウンロードされます。↓

給付金ダウンロード

給付金は、いつもらえる?

安陪首相は5月4日の会見で、早ければ5月8日から入金を開始すると述べました。

5月1日に申請手続をした人は、8日に振り込まれる可能性があります。

すでに支払われた方もいます。

そんな感じで順次、口座に振り込まれて行くものと思われます。

早く申請した人から順なので、面倒でもオンライン(電子)申請したほうが早く10万円を手にすることができると言うわけです。

ただ、たとえば、さいたま市の場合、5月2日からオンライン受付を開始したものの、振り込みは5月下旬から。郵送は5月下旬から申請書を発送し、給付は6月中旬からなので、電子申請のほうが遥かに迅速です。

自治体によって差がありますので、詳細はお住まいの自治体のサイトでお確かめください。

「給付金」まとめ

筆者はけっこうたいへんな思いをしましたので、皆様にはこれを先に読んでいただいて、少しでも楽に申請していただけたら幸いです。

申請はオンラインよりも郵送のほうが楽かもしれません。

ただ、郵送の場合はいつ書類が届くかわかりませんし、それを記入して返送し、入金はその1週間以上後とすると、かなり遅くなってしまいます。

インターネットでの電子申請のほうが圧倒的に早いと思いますが、パソコンやネットに慣れていない人にとっては難しく手間もかかる感じかもしれません。

給付金についてその詳細(総務省)

「給付金」申請ツイッターの反応