iPadを使ってTwitterの埋め込みコードを取得する方法

iPadを使ってTwitterの埋め込みコードを取得しようと思ったら出来ない! と困ったことはありませんか。

でも出来るんです、ウラ技を使えば。

その方法をわかりやすく解説します。ご覧ください。

もかる

ブログ書くのに僕はiPadを使うことが多いんだけど、TwitterやGoogleMapやInstagram等の「埋め込みコード」が取得できなくて困ったりしない?

ある、ある

もかる

こで今回はiPadでTwitterの埋め込みコードを取得するウラ技を紹介するよ

スポンサーリンク
目次

iPadでもTwitterの埋め込みコードは取得できる

iPadでTwitterを開き、キーワードを入れて検索しても埋め込みコードを取得することは出来ません。

「共有」からメールやLINE、TwitterなどでリンクURLを送ることは出来ますが、埋め込みコードは取得できません。

しかし、ブログを作っていると、iPadで記事を作ってしまいたい時があります。

手元にパソコンがない場合や急いでいる時です。

そこで、ウラ技です。

iPad用アプリだからできないわけで、デスクトップ用に変えてしまえば、良いのです。

GoogleMqpの埋め込みコード取得と同じ方法です。

LINEを使う方法も下欄で説明します。

iPadでTwitterの埋め込みコードを取得する方法

1.埋め込みたい投稿を探し↑をクリック

Twitterの投稿の中から埋め込みたい投稿を探し、ツイート下の赤枠内(↑)をタップします。

たとえば、広瀬すずさんのTwitterの埋め込みコードを取得してみましょう。

2.「その他の方法でツイートを共有」

「その他の方法でツイートを共有」をタップします。

3.「Safari」で開く

「Safariで開く」をタップします。

LINEを利用している人であれば、Safariを使わず、いったんLINEに送り、そこからURLをタップして、「ツイートを埋め込む」→「Copy Code」をタップという方法もあります。

詳しい方法は、この下欄に付け足します。

4.更新アイコンを長押し

赤枠内の更新アイコンを長押しします。

5.「デスクトップ用サイトを表示」をタップ

「デスクトップ用サイトを表示」をタップします。

6.「Enbed Tweet」をタップ

「Enbed Tweet」をタップします。

7.埋め込みコードをコピー

埋め込みコードが現れるので、コピーします。

8.サイトに貼り付ける

赤枠内のコードをコピーし、貼り付けたいサイトの「テキスト欄」にペーストします。

iPadでGoogleMapのサイト埋め込みコードを取得する方法

1.「その他の方法でツイートを共有」

「その他の方法でツイートを共有」をタップ

2.LINEをタップ

LINEをタップする。

twi002.jpg

3.LINEに移動し、アカウントを選び、「送信」

LINEに移動し、アカウントを選び、「送信」をタップする。

4.右上の赤枠内をタップ

右上の赤枠内をタップします。

5.「ツイートを埋め込む」

「ツイートを埋め込む」をタップします。

6.「Copy Code」をタップ

「Copy Code」をタップし、そのコードをワードプレスのテキスト欄にペーストする。

見逃し配信バナー
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる