そのほか

[花粉症と癌]花粉症の人は癌の発生率が低い、って本当?

花粉症の人は癌になりにくい

新しい研究によると、花粉症の人は、そうでない人よりも特定の癌が発生する可能性が著しく低い可能性があることがわかりました。

この研究は、花粉症の人に活発な免疫細胞を活性化させる薬などの新しい治療法につながる可能性があります。

米国国立癌研究所の研究チームは、花粉症の既往歴のある患者では、喉、食道、子宮頸部、扁桃の癌の発生率が最大3分の1に低下していることを発見しました。

研究者らは、1992年から2013年の間に米国で約170万人の異なる癌と診断された人々と、同年齢および性別の何十万人もの無腫瘍ボランティアとを比較しました。

[quads id=4]

花粉症は免疫監視を促進する

科学者たちは、この高いレベルの免疫監視が、出来始めた癌細胞を消し去ることができることを意味すると考えています。

それから、彼らは両方のグループの花粉症率を一致させて、癌のないグループの間で有意により多くのケースを見つけました。

癌疫学誌「Biomarkers&Prevention」に報告されているこの研究では、喘息が肝癌リスクのわずかな減少と関連していることもわかっています。

すべての一般的なアレルギー症状のうち、花粉症がこの効果をもたらす理由はまだ明らかではありません。

ただ、他の一般的なアレルギーよりも花粉症が、免疫監視と呼ばれるものを促進するということがわかっています。

免疫システムは、体をスキャンしてから癌性細胞を破壊します。

花粉症が引き起こされると、免疫システムは無害な花粉を脅威と誤認し、化学物質のヒスタミンを送り出して、侵入者を排除します。

ほとんどの人は、抗ヒスタミン薬を服用することによって、生じる症状を緩和させます。

これらはヒスタミンの効果を弱めますが、花粉症は免疫システムが脅威に対し体をスキャンして、絶えず警戒していることを意味しています。

[quads id=4]

癌撃退に免疫システムを利用することは治療革命

新しい研究によると、花粉症の人は、花粉症でない人に比べ、患者が特定の癌を発症する可能性がかなり低い可能性があります。

科学者たちは、このような高レベルの免疫監視によって、まだ成長しているがん細胞を消し去ることができると考えています。

免疫系が癌細胞を殺す力を持っていることはよく知られています。

確かに、腫瘍細胞に対する薬の最前線は、免疫療法癌治療です。

「癌の撃退のために体の免疫システムを利用することは、すでに患者さんの治療に革命をもたらしました」

と、英国がん研究所新薬委員会の創薬専門家であるJames Spicer教授は言います。

[quads id=4]

好酸球と呼ばれる免疫細胞は感染と戦う白血球

他の研究者は、癌と戦うための免疫細胞のうちの1つをすでに同定したかもしれません。

イスラエルのテルアビブ大学のチームは、好酸球と呼ばれる免疫細胞が抗癌作用を持つことを示しました。

好酸球は、寄生虫感染症と戦うために進化したと考えられている感染と戦う白血球です。

しかし、それらはまた破壊的な面を持ち、花粉症で見られるようなアレルギー反応の時に全身に炎症と腫れを引き起こします。

テルアビブのサックラー医学部のアリエル・ミュニッツ教授は、

「好酸球は寄生虫を殺すことができるので、腫瘍細胞も殺すことができるのではないかと考えている」

と述べています。

教授のチームは、好酸球の破壊力が癌と戦うために利用できるかどうかを研究しています。

消化器系は骨髄から放出されると好酸球が容易に生息する場所の1つであるため、彼らは腸癌を選びました。

最初に、彼らは275人の患者からの腸癌サンプルを分析して、含まれている好酸球癌細胞の数が多いほど、成長率に関して腫瘍がそれほど深刻でないことを発見しました。

これは、それらが少なくとも腫瘍発生を遅らせていることを示唆していました。

[quads id=4]

腫瘍は高濃度の好酸球に曝されると破壊される

マウスの腫瘍が高濃度の好酸球に曝されると破壊されることを科学者たちは発見しました。

研究者らは現在、製薬会社と協力して、不要なアレルギー反応を引き起こすことなく好酸球が腫瘍を殺すように誘導できる治療法を開発することを目指しています。

科学者たちは、この高レベルの免疫監視システムが、癌細胞を破壊することを意味していると考えています。

それから、彼らは両方のグループの花粉症率を一致させて、癌のないグループにより多くの有意のケースを見つけました。

すべての一般的なアレルギー症状のうち、花粉症がなぜこのような効果をもたらすのかはまだ明らかになっていません。

しかし、

花粉症は他の一般的なアレルギーよりも免疫監視と呼ばれるものを促進し、免疫システムは体をスキャンして癌性細胞を破壊します。