[Amazon出品サービス]販売の始め方,登録料,手数料

はてなちゃん

Amazonで販売したいのですが、どうすれば良いのでしょうか。

そんなあなたの質問にお答えします。

Amazonには「出品サービス」というものがあり、Amazonで商品を販売することが出来ます。

いわゆる、「マーケットプレイス」として知られる業者がそうです。

Amazonには「出品サービス」は、大きく分けると「小口出品」と「大口出品」があります。

本記事では小口出品も大口出品も過去に体験した筆者が「出品サービス」について解説します。

この記事を読むと次のことが分かります。

  • Amazon出品サービス概要
  • Amazon出品サービスの登録料・成約料・手数料
  • 販売の始め方
  • 銀行口座情報入力の注意点
  • 出品者が知っておくべきポイント
  • サポートへの問い合わせ
目次

Amazon出品サービスとは

Amazon出品サービスは、何かを販売したい人なら誰でも参加できるサービスです。

大口出品と小口出品があり、大口出品は月額4,900円、小口出品は登録料0円ですが、成約料が1件につき100円がかかります。

成約料とは別に販売手数料がかかります。

販売手数料は商品カテゴリーによって、8%、10%、15%、45%などと異なります。

手数料は高めですが、ただ、他のサイトよりも売価も高い傾向にあります。

FBA(フルフィルメント by Amazon)というプログラムもありますが、本記事ではFBAには触れず、「出品サービス」についてのみ解説します。FBAについて詳しく知りたい方は、FBAとは? メリット・デメリット Amazonに丸投げして業務を効率化をご覧ください。

ECサイトにおけるフルフィルメントとは、受注から配送までの業務(受注、梱包、在庫管理、発送、受け渡し、代金回収)の一連のプロセス全体を行うことです。

Amazon出品の例「にっぽんをつなぐ」(YouTube)

Amazon出品サービスの手数料

月間登録料

  • 大口出品:5,390円/月
  • 小口出品:登録料なし

基本成約料

  • 大口出品: 基本成約料なし
  • 小口出品: 販売する商品ごとに手数料110円

月間登録料と基本成約料

スクロールできます
月間登録料基本成約料
小口出品0円110円/1件
大口出品5,390円0円

販売手数料

出品者には、販売された各商品に対する販売手数料が課せられます(8%~45%)。

いくつかのカテゴリーの商品には、最低販売手数料が定められています。

たとえば、出品者は販売手数料または最低販売手数料のいずれか多い方を支払います。

メディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD商品、PCソフト、TVゲーム)の場合、商品の価格に基づいて算出された販売手数料率、または最低販売手数料のいずれか多い方が差し引かれます。

メディア以外の商品の場合、売上の合計(購入者によって支払われた商品の価格、配送料、ギフト包装料を含めた合計金額)に基づいて算出された販売手数料率、または最低販売手数料のいずれか多い方が差し引かれます。

「出品許可が必要なカテゴリー」に指定されているカテゴリーに出品する場合は、Amazonの事前承認が必要になります。

カテゴリー別手数料率

カテゴリー販売手数料最低販売手数料
15%なし
CD・レコード15%なし
DVD15%なし
ビデオ15%なし
エレクトロニクス(AV機器&携帯電話)8%30円
カメラ8%30円
パソコン・周辺機器8%30円
(エレクトロニクス、カメラ、パソコン)付属品10%130円
Amazonデバイス用アクセサリ45%30円
楽器8%30円
ドラッグストア• 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%8 • 1商品あたりの売上の合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%30円
ビューティ• 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%8 • 1商品あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%230円
スポーツ&アウトドア10%30円
カー&バイク用品10%30円
おもちゃ&ホビー10%30円
TVゲーム15%3なし
PCソフト15%なし
ペット用品• 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%8 • 1商品あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%30円
文房具・オフィス用品15%430円
ホーム(インテリア・キッチン)15%530円
ホーム(家具)• 1商品あたりの売上合計が20,000円以下の部分には商品代金の15% • 1商品あたりの売上合計が20,000円を超える部分には商品代金の10%730円
ホームアプライアンス15%30円
大型家電8%30円
DIY・工具15%30円
産業・研究開発用品15%30円
食品&飲料• 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%8 • 1商品あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%なし
腕時計• 1商品あたりの売上合計が10,000円以下の部分には商品代金の15% • 1商品あたりの売上合計が10,000円を超える部分には商品代金の5%30円
ジュエリー• 1商品あたりの売上合計が10,000円以下の部分には商品代金の15% • 1商品あたりの売上合計が10,000円を超える部分は商品代金の5%30円
ベビー&マタニティ• 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%8 • 1商品あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%30円
服&ファッション小物• 1商品あたりの売上合計が3,000円以下の部分については、商品代金の15%11 • 1商品あたりの売上合計が3,000円を超える部分については商品代金の8%30円
シューズ&バッグ• 1商品あたりの売上合計が7,500円以下の部分については、商品代金の15% • 1商品あたりの売上合計が7,500円を超える部分には、商品代金の5%30円
その他のカテゴリー15%30円

商品の販売取引が完了すると、Amazonは購入者が支払った金額(商品価格、配送料、ギフト包装、その他の手数料を含む)を受け取ります。

  • 大口出品者は、本、ミュージック、ビデオ・DVD商品に対して独自の配送料を設定することができます。
  • 小口出品者によって販売されたすべての商品にはAmazonの配送料が適用されます。
  • 大口出品者のみがギフト包装サービスを提供できます。

販売の始め方

1.出品用アカウントの登録

Amazon出品サービスの公式サイトにアクセスし、出品アカウントを登録します。

2.アカウント情報の設定

  • セラーセントラルの右上にある設定をクリックします。
  • 出品者のプロフィール、支払情報、企業情報、出品形態、配送設定と返送先住所、休止設定などのアカウント情報の設定を行います。

3.情報・ポリシーを更新

さらに、ストア、プライバシーポリシー、配送料、配送要件、カスタムヘルプページ(サイズ表などの商品/カテゴリーに特化した詳細情報)の情報で、情報・ポリシーを更新する必要があります。

詳しくは、アカウント情報の更新(Amazon公式サイト)をご覧ください。

アカウント情報を表示するには、

  • 設定 →出品用アカウント情報の順にクリックします。
  • 出品用アカウント情報ページでは、休止設定、銀行口座情報、出品者情報、配送・返品情報、納税情報、およびその他の出品者のプロフィール機能を更新できます。

銀行口座情報の登録

日本国内の銀行の場合、銀行口座情報の登録には4桁の金融機関コードと3桁の支店コードが必要です。

調べて準備しておきましょう(ネットで検索すればすぐ出て来ます)。

銀行口座番号が7桁未満の場合は、先頭に0(ゼロ)を付けて7桁になるようにしてください。

9876 → 0009876

口座名義人の項目に入力できるのは、最大16文字までです。以下のいずれかを使用して入力してください。

  • 半角カタカナ
  • 半角大文字アルファベット
  • 半角数字
  • 半角スペース、丸括弧、ハイフン、濁点、半濁点

口座名義人の入力規則

  1. 丸括弧を含め、すべての文字は半角で入力します(例:「アマゾンジャパン」ではなく「アマゾンジャパン」と入力)
  2. ダッシュ「ー」ではなく、ハイフン「-」を使用します
  3. カタカナ は大文字で入力してください。(例 :「ァィゥェォャュョッ」ではなく、「アイウエオヤユヨツ」で入力)
  4. 姓と名の間にはスペースが必要ですが、それ以外にはスペースを入れません
    口座名義人に入力できるのは16文字までです。17文字以上を入力すると、出品者の銀行口座に売上金を振り込みできない場合があります。口座名義人の名前が17文字以上の場合は、別名で登録する必要があります。詳しくは取引先の銀行にお問い合わせください。
    口座名義人の名前には略語を使用できます。たとえば、「カ」を「カブシキガイシャ」(Inc.)の略語として使用できます。

詳しくは、 銀行口座名義人の略語(Amazon公式サイト)をご覧ください。

本人確認

本人確認を求められたら、次のように行います。

1.居住地国/地域を選択

「日本」を選びます。

2.身分証明書を送信

以下の条件を満たす、顔写真入りの身分証明(パスポート、運転免許、在留カード、住民基本台帳カード等、顔写真の入った政府発行の身分証明書)の書類1部。この画像を、ファイル形式:pdf、doc、png、gif、jpgのいずれかの形式で保存し送信します。

書類は以下の要件を満たす必要があります。

  • パスポートは顔写真のあるページ、カード型の身分証は両面のカラー画像(スマートフォン、携帯電話、デジタルカメラ等で撮影した画像)またはスキャンデータを提出してください。
  • 有効期限が切れている身分証明書、判読できないもの、白黒コピーやスクリーンショットはお受けできません。
  • パスポート以外の身分証明書は、 中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、スペイン語のいずれかの言語でなければなりません。これらの言語のいずれでもない場合は、認証翻訳された書類を提出してください。
  • 本人確認書類に記載のある法人名、代表者名または申請者名はアカウント登録時に入力をしたものと一致している必要があります。
  • 代表者または申請者のパスポートには代表者または申請者の署名が記載されている必要があります。

3.取引明細書を送信

取引明細書 (インターネットバンキングの取引明細書・クレジットカードの利用明細等)1部。ファイル形式:pdf、doc、png、gif、jpgのいずれかの形式で保存し送信します。

書類は以下の要件を満たす必要があります。

  • 原本をスマートフォン、携帯電話、デジタルカメラ等で撮影して提出してください。Web明細等をダウンロードする場合はPDF形式に限ります。エクセルファイルや明細のスクリーンショット(画面キャプチャ)はお受けできません。
  • 文書は以下のいずれかの言語である必要があります: 中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、スペイン語。それ以外の言語の場合は、前述のいずれかの翻訳に公証を添えて提出してください。
  • 法人の場合:明細書に記載のある口座名義と住所はアカウント登録時に入力をした正式名称と一致している。個人の場合:明細書に記載されている氏名は、身分証明書の氏名、およびAmazonアカウントに登録されている氏名と一致している。
  • 明細書に記載されている住所は、アカウント登録時に入力をした住所と一致している。Amazonアカウントの住所を変更する必要がある場合は、申請を送信する前に、まずこちらの手順に沿って住所変更をしてください。
  • 取引明細書は、過去180日以内の発行日または取引履歴のページが確認できるもので、かつパスワードで保護されていないこと。クレジットカードやキャッシュカードの写しや写真は無効です

4.連絡先

連絡先(メールアドレス)を入力します。

  • Eメールアドレスは、質問がある際に連絡できる最適なメールアドレスを入力。
  • 電話は、最も連絡のつきやすい電話番号(任意)。

商品の配送料の設定

本、ミュージック、ビデオ・DVD商品については、Amazonが配送料を設定します。配送料の表は、本・ミュージック・ビデオ・DVD商品の配送料(Amazon公式サイト)に記載されています。

本・ミュージック・ビデオ・DVD商品以外の商品については、デフォルトの配送料がアカウントに設定されています。また、ほとんどの商品ラインで、個数・重量制または購入金額制を選択して配送料を設定できます。詳しくは、配送設定を参照してください。

登録を終えたら出品する

1.

Amazon seller centralにアクセスして商品を登録します。商品がすでに登録されているかどうかを検索します。誰も登録していない新しい商品を登録するには大口出品者になる必要があります。小口出品者は、他の人が登録した商品への相乗りしかできません。

在庫管理画面。商品登録はこの画面からもできる。

2.

出品許可の必要な商品もあります。許可なく出品できる商品は、「コンディションを選択」(新品、コレクター商品、中古)します。

3.

「この商品を出品する」ボタンがアクティブに変わりますので、クリックします。

出品者が事前に知っておくべきこと

出品用アカウントについて

知っておくべきこと

  • 2つ目のアカウントを開設するビジネス上の正当な理由があり、すべてのアカウントが問題なく運用されている場合を除き、出品する地域ごとに維持できるセラーセントラルアカウントは1つのみです。
  • 出品者独自の販売条件やポリシーがある場合は、その詳細をきちんと提供することで購入者からの信頼を築くことができます。
  • 出品者の返品ポリシーはAmazonの最新の返品ポリシーと同等または購入者にとってより有利なものでなければいけません。詳細については、このページの一番下にあるカスタマーサービスのセクションをご覧ください。

するべきこと

  • 購入者が確認できるよう、Amazonサイトに表示される会社名を登録すること。
  • 必要な場合にAmazonから連絡できるように、会社の連絡先情報(メールアドレス、電話番号など)が最新の状態であることを確認すること。
  • 支払いや決済に必要なクレジットカード情報および銀行口座情報が最新の情報であることを確認すること。
  • 購入者が信頼できるように配送および返品ポリシーを明記すること。
  • ギフトメッセージやギフト包装サービスを提供する場合は、それらの詳細を明記すること。
  • 120×30ピクセルの画像サイズでストアフロントのロゴ画像を出品用アカウントにアップロードすること。
  • 出品者の情報として、Amazonへの出品に関連した必要情報のみを入力すること。
  • 購入者が配送料を確認できるよう、配送料の設定を行うこと。

してはいけないこと

  • 商品フィード、会社名、その他の会社情報にURLを記載するなど、購入者を自社やその他のサイトに誘導すること。

商品の出品について

知っておくべきこと

  • 購入者の満足度および出品者のパフォーマンス向上のため、適切な商品カテゴリーに商品を出品し、正しい商品情報を提供することが重要です。
  • すべての出品情報は、各カテゴリーに該当するスタイルガイドに記載された基準を遵守している必要があります。詳しくは、商品ページのスタイルガイド(Amazon公式サイト)をご覧ください。
  • Amazonの購入者は、購入した商品が適切に梱包され、予定通りに配送されることを期待しています。
  • 商品詳細ページ(Amazon公式サイト)は特定の出品者のものではありません。商品名、商品画像、商品説明は、商品自体に特化した情報のみを登録し、特定商品や出品者独自のプロモーションを含めることはできません。商品の機能に不可欠な追加商品の概要が商品詳細ページに掲載されていることを確認します。
  • 配送料、セール価格、およびプロモーション(Amazon公式サイト)はセラーセントラルで設定してください。これらの情報を商品説明に含めることはできません。
  • 古物商許可申請について: Amazon.co.jpでは、「URLの使用する権限を疎明する資料」の提供は行っておりません。古物商許可申請の際には、管轄の警察署に対応を確認し、必要に応じて「URLの使用する権限を疎明する資料」に代えて出品者プロフィールページのURLを提出してください。 注: この「出品者が知っておくべきポイント」ページを印刷のうえ警察に提出することはできません。

するべきこと

商品名

  • 商品に特化した情報のみを含めること。
  • 簡潔ながらも重要な情報を提供すること。
  • 最大200文字(80文字未満を推奨)。
  • 必要に応じてブランド名を冒頭に入れること(出品者名は含めない)。
  • 型番のある商品には型番情報を含めること。
  • プレーンテキストのみを使用すること(HTML形式不可)。
  • 大文字小文字を正しく表記すること。
  • 漢数字ではなくアラビア数字を使用すること(「二」ではなく「2」)。

商品名のガイドライン(Amazon公式サイト)のヘルプページをご覧ください。

画像

  • 購入者が実際に受領する、販売対象の商品のみ(付属品は除く)を表示すること。
  • 純粋な白の背景(RGB (255、255、255))を使用すること。
  • 不鮮明なピクセル化された画像を使用しないこと。商品とそのすべての特徴がはっきりと写っている必要があります。
  • 最長辺が1,600ピクセル以上の画像を提供すること。
  • 画像全体の85%以上を商品が占めていること。
  • 画像の形式は、JPEG(.jpg)、TIFF(.tif)、PNG(.png)のいずれかであること。JPEGが好ましい。
  • 適切に撮影された写真を使用すること。

商品画像の要件(Amazon公式サイト)のヘルプページを参照してください。

してはいけないこと

商品名

  • マーケティング情報、プロモーションなど、商品に関する説明以外の情報(「~%割引」、マーケティングメッセージ、自社のURL、出品者名、「配送料無料」、「100%品質保証」など)を含めること。
  • Amazonの既存のブラウズツリーに一致しないカテゴリーを選択すること。
  • HTMLコードを含めること。
  • ローマ字表記の場合、すべて大文字にすること。
  • 記号(!*$?)を使用すること。

画像

  • 商品と共に販売されない付属品や小道具を表示すること。
  • 商品を使用中の人物などイメージ画像をメイン画像に設定すること。
  • 単一画像にさまざまな色や角度を表示すること。
  • 背景を色つきにすること。
  • グラフィック、イラスト、アニメーション画像は使用不可。
  • 枠、透かし、テキスト、URL、出品者のロゴや名前を含むこと。
  • ヌード画像。
  • 画像にマネキンを使用すること。
  • 線画などの写真以外の表現を使うこと。

購入者からの注文について

知っておくべきこと

  • 出品用アカウントの設定にあたり、配送のサービスレベルなどのガイドラインを確認し、各出品者の運用に即した設定に変更する必要があります。また、Amazonが購入者に注文の状況を随時お知らせし、指定の支払い方法で請求を行うために、出品者は商品を発送したら必ずAmazonに通知しなければなりません。
  • 出品者が支払いを受けるためには、Amazonに必ず出荷通知を送信する必要があります。この通知により、Amazonから購入者への出荷通知メールが送信され、お届け予定日が設定されます。
  • メディア商品(本、ミュージック、ビデオ、DVD)は、受注から2営業日以内に発送する必要があります。メディア以外の商品は、出品者が設定した発送準備期間に基づいて商品を発送してください。
  • 商品詳細ページに記載された商品のみを出荷します。追加の商品や、商品詳細ページに記載されていない商品を購入者に発送することは禁止されており、出品用アカウントが利用停止になる可能性があります。

するべきこと

  • 配送の初期設定を確認し、各出品者の運用に即した設定に適宜変更すること。
  • 少なくとも1日1回は出品用アカウントを開き、注文の有無を確認すること。
  • 注文と注文関連情報を追跡するために、定期的な注文レポートを設定すること。

してはいけないこと

  • 梱包材にマーケティングおよびプロモーション資料を含めること。
  • 注文の確認をEメールの通知のみに頼ること(Eメールは紛失したり削除されたりする可能性があるため)。

カスタマーサービスについて

知っておくべきこと

  • Amazon返金ポリシーでは、到着から30日以内の新品未開封商品は全額返金の対象となります。Amazon返品ポリシーに従って返品を受け入れ、返金する必要があります。 注: ただし、返品期間を過ぎた商品、服&ファッション小物、シューズ&バッグの購入者の都合による返品の代金を負担する必要はありません。詳細については、上記のAmazon返品ポリシーをご覧ください。
  • 注文および発送に関する通知はすべてAmazonが送信します。出品者から同様のEメールを送信すると購入者の混乱につながりますので、Amazonが送信する通知と重複する内容のメッセージを送信しないよう注意してください。Amazon出品サービスでは、購入者とのコミュニケーションの多くをAmazonが担っており、出品者が購入者に連絡しなければならないケースを少なくしています。
  • Amazonの購入者に対し、Amazon以外の販売経路に誘導するようなマーケティングや広告を行うことは禁じられています。商品や注文に関する問い合わせへの返信などのコミュニケーションにおいても同様です。

するべきこと

  • すべての注文で、発送準備期間内に商品を発送し、出品商品のみを発送すること。
  • 配送、返品、返金のポリシーと手続き、およびその他の必要な情報を明記すること。
  • 注文発送やそれに関連するカスタマーサービスで必要が生じない限り、購入者とコミュニケーションをとる必要はありません。
  • 注文の状況に関する購入者からの問い合わせには迅速に返答してください。
  • 購入者がAmazonと同等のカスタマーサービスを期待していることを認識すること。この基準を満たせないと、購入者からは不満が生じます。
  • 購入者からの問い合わせや返品、返金の依頼には丁寧かつ寛容な対応を心がけること。

してはいけないこと

  • 良好な評価をするよう購入者を買収すること。
  • 購入者の情報をオンラインおよびオフラインのマーケティングに使用すること。または購入者を自社または他のウェブサイトに誘導すること。

アカウントの解約

アカウントの解約を選択した場合、Amazonは解約済みのアカウントを再び開設することはできません。アカウントを解約すると、元に戻すことができなくなり、Amazonの出品用アカウントへのアクセスは一切できなくなります。出品者としてのAmazonとの関係を終了する場合について詳しくは、出品用アカウントの解約(Amazon公式サイト)をご覧ください。

出品者用アカウントは解約するだけでなく、必要に応じて出品を一時的に停止することもできます。詳しくは、休暇中などの不在時の出品ステータス(Amazon公式サイト)をご覧ください。

テクニカルサポートへの問い合わせ

疑問点や技術的な問題がある場合は、オンラインヘルプのトピックとツールを参照して回答を見つけます。

それでも分からない場合は、お問い合わせから、Eメールまたは電話での対応をリクエストできます。

電話での問い合わせはできません。

以上、Amazon公式サイトを参考または引用

まとめ

Amazon出品サービスは、個人や個人事業主、法人がECサイトのAmazonを通じて商品を販売できるサービスです。

Amazonの力を借りてモノを販売することができるわけで、自分のサイトで売ろうとしてもアクセスが少なくて売れないモノも売れてしまうわけです。

このサービスには「小口出品」と「大口出品」があります。

小口出品は、商品点数や販売数が少ない小規模の個人や個人事業主が出品するのに適しており、商品数や販売数が多くなると大口出品が適するようになります。

その理由は、月額登録料や成約料、販売手数料にあります。

小口は月額登録料はかかりませんが、1成約につき成約料が取られます。

大口は月額5,390円が課金されますが、成約料が取られません。

また、小口出品者はAmazonか大口の誰かが出品後に、そこに同乗(相乗り)する形になりますので、小口出品だと独自の商品を立てられません。

以上のような違いを理解した上で、どちらにするかを選びましょう。

Amazonに商品を預け、発送を任せてしまうFBAもありますが、それは後日、別の記事で説明する予定です。

Amazonの他のサービスについて知りたい方はこちらをクリックしてください。

よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる