ライトニングケーブル おすすめ Anker Power Line II

はてなちゃん

iPhoneとiPadを使っていますが、充電ケーブルが壊れてしまいました。Apple純正は高いので他の安いメーカーにしたいのですが、おすすめを教えてください。

そんなあなたのお悩みにお応えします。

筆者もiPhone充電用Lightningケーブルには悩まされて来ました。
いくつもの安いメーカーのLightningケーブルに手を出し失敗して来ました。
安物買いの銭失い、というヤツですね。
ですがやっと良いLightningケーブルを見つけましたので、紹介します。

目次

壊れやすいLightnngのプラスティックカバー部分

Lightningのインターフェイス部分は、しばらく使っているとこのようにヒビが入ってやがて断線してしまう。

Lightningケーブルはしばらく使っていると、端末側のLightningのカバー部分のプラスティックが割れて、断線してしまうんですよね。

でもAppleStoreで販売されているApple純正品は、1m2,000円(税別)、2m3,800円(税別)もします。

そこでサードパーティ製品をとなるのですが、安くて良いものを見つけるのは至難の技。

今までに格安商品は幾種類も買いましたが、粗悪品ばかり。

3本セットになっていても使えるのは3本のうち1本、その1本もしばらくすると使用できなくなるといったようなものばかり。

安いからしょうがないと諦めましたが、「安物買いの銭失い」とはよく言ったものです。

そこで今度は、今までよりは高いけれど純正品の半分以下の値のケーブルを購入してみました。

それが次に紹介するAnker製のケーブルです。

Anker製iPhone、iPad充電ライトニング・ケーブル

それは、Anker製の充電ケーブルです。Amazonマケプレアワードで2年連続3冠受賞(最優秀セラー賞グランプリ、配送サービス賞、カテゴリー賞)というスグレモノです。

一般的ケーブルと比較して12倍以上の持続力を持ち、特に折り曲げに対して強い耐久性を持っているようです。

Apple MFi認証を受けています。

9月12日にAmazonから届き、さらに2個を追加注文し、現在11月9日。約2ヶ月が経過しましたが、どれも何の問題もなく、快適です。

Anker PowerLine II 一式

これは「買い」です。

因みにライトニング(Lightning)とは?

Lightning(ライトニング)は、アップルが開発した独自コンピュータバスおよび電源コネクタを使用したデータ伝送技術である。iPhoneやiPad、iPodのようなアップルの携帯機器端末とホストコンピュータや外部モニタ、カメラ、USBバッテリー充電器、その他の周辺機器を接続するために使用される。30ピンでなく8ピンを用いているため、Lightningは30ピンDockコネクタよりもかなり小型であり、どちらの向きでも差すことができる。しかしアダプタを使わないかぎり、以前のコネクタのために設計されたケーブルや周辺機器とは互換性がない。2012年に導入され、2019年12月現在はiPhone 5以降、iPad(第4世代以降)、iPad mini、iPad Pro(2018年モデルよりUSB-Cへ変更)、iPod nano(第7世代)、iPod touch(第5世代以降)で使われている。

引用元 Wikipedia

Ankerって、どんな会社?

Ankerという会社にまだ馴染みのないひとのために、説明します。

Ankerグループは「Empowering Smarter Lives」をスローガンに展開する、ハードウェアメーカーです。中核をなす「Anker」は、米Google出身の数名の若者達によって2011年に創設されました。
最新テクノロジーを採用しながら、納得の価格と安心のサービスで高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し、
米国や日本、英国・ドイツをはじめとした欧州各国など、世界のEC市場でベストセラーや売上1位を獲得しています。

Ankerグループは「Empowering Smarter Lives」をミッションに、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」、オーディオブランド「Soundcore」、スマートホームブランド「Eufy」、スマートプロジェクターブランド「Nebula」等を米国・日本・欧州を中心とした世界100ヶ国以上で展開するハードウェアメーカーです。
2011年の創業時より、時代に先駆けてD2C (Direct to Consumer) モデルを採用すると共に、お客様の声に基づいてスピーディーに製品の開発・改善を行うソフトウェア的発想のものづくりを実践し、安心のサービスと納得の価格で高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し続けています。
2020年8月には、グループ本社のAnker Innovationsが上場を果たしました。

Anker Japan公式サイトより

アンカー・ジャパン株式会社
・社名: アンカー・ジャパン株式会社
(英文会社名:Anker Japan Co., Ltd.)
・本社: 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー9階
・代表者: 代表取締役 井戸 義経
・設立: 2013年1月
・資本金: 1億6,000万円
・事業内容: デジタル製品の開発・製造・販売 (Ankerグループの日本法人)

公式サイト

カスタマーサポート

まとめ

最近のiPhone、iPad、IPodを充電するインターフェイスは、Lightningケーブルと呼ばれるものですが、Apple製品に付属しているそのケーブルは、しばらくすると傷んで、断線してしまいます。

Apple純正製品を買おうとすると1mのもので2,000円(税抜)もします。

そこでサードパーティ製の製品を求めると安かろう悪かろうの粗悪品がいっぱい。

リーズナブルの値段で、質の高い商品はないかといろいろ探して行き着いたのがAnkerのPowerLine II。

値段は純正の半分くらい。

でも、丈夫で長持ち。

これはおすすめ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる